中山礼都(中京大中京)の出身中学校や経歴は?本塁打も狙えるショートに注目!

高校野球

中京大中京高校野球部で注目の遊撃手である中山礼都選手ですが、読み方は(なかやまらいと)と読みます。中山礼都選手の出身中学校や経歴について調べて見たいと思いますが、中学校時代はどんな選手だったのか、気になりますね!中京大中京高校ではチームの要として活躍しておりますが、プロからも注目される選手だそうで、ドラフト指名もあるかも知れません。本日は注目の中山礼都選手について調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

中山礼都選手のプロフィール

 

 

名前:中山礼都 (なかやま らいと)

生年月日:2002年4月12日生まれ

出身地:愛知県名古屋市

身長:180cm

体重:75cm

出身中学校:名古屋市立沢上中学校

出身高校:中京大中京高等学校

所属:東海ボーイズ

スポンサードリンク


 

中山礼都選手の中学校時代について

 

それでは中山礼都選手の中学校時代について調べて見たいと思います。

中山礼都選手は愛知県名古屋市の出身で、名古屋市立沢上中学校出身。

中学校の野球部には所属しておらず、東海ボーイズでプレーしていた。

 

東海ボーイズ時代の成績について調べて見ました。

2015年ボーイズ春季全国大会 ベスト4

2015年ボーイズ選手権大会  3回戦

2016年ボーイズ選手権大会  1回戦

 

上記の様に3度の全国大会に出場経験がある選手です。

中学1年、中学2年と全国大会に出場しているようですが、中学3年時には全国大会には出場していないようですね。

その他、U-15等の日本代表選手に選ばれた実績もありません。

 

 

東海ボーイズでプレーしていた中山礼都選手ですが、中京大中京高校へ進学するのを決めたのは、8歳からだそうです。

中京大中京高校野球部が2009年夏の甲子園で優勝した時に『進路はずっと一本で決めていた。』そうです。

ちなみに、祖父と父親も中京大中京高校の出身だそうですよ!

 

東海ボーイズ出身と言えばこの選手ですね!

大阪桐蔭高校で春夏連覇を達成した山田健太選手ですね!

現在は立教大学でプレーしており、プロ入りも期待されております。

山田健太選手本人もプロ入りを希望しているそうですので、4年後が楽しみですね!

スポンサードリンク


 

中山礼都選手の打撃と守備に注目!

 

 

中学校卒業後は中京大中京高校へ進学した中山礼都選手。

1年生の夏からベンチ入り(背番号14)しているのは凄い!

名門中京大中京高校野球部で1年生の夏からベンチ入りするのは、よほど高橋源一郎監督から期待されていたのでしょう。

 

 

1年生の秋にはレギュラーを獲る活躍で愛知県大会の決勝戦(東邦戦)では左中間へのソロ本塁打を放った。

1年生の秋はセカンドやサードを守っていたが、2年生の春からは遊撃手を守っている。

 

中山礼都選手は好打者であり、左右に打ち分けられる打者で長打力もある選手。

チャンス時には非常に勝負強いバッティングをする選手で、ランナーに出してしまうと、足も速いので機動力で次の塁を積極的に狙われてしまうので、相手チームからすれば非常に投げ辛い打者である。

50mを6秒1で走る俊足で高校通算15本の本塁打を放っている。

スポンサードリンク


中山礼都選手のまとめ

 

本日は中京大中京高校野球部の中山礼都選手について記事を更新しました。

2019年の明治神宮大会では中京大中京を優勝へ導き、2020年選抜高校野球大会の出場も決定しました。

甲子園では恐らく注目のバッターとして全国でも注目される選手になるでしょう。

 

中京大中京のメンバーもタレント揃いですので、選抜優勝も非常に高い確率であるかもしれませんね!

バッテリーもプロ注目でセンターラインは昨年からメンバーで出場している選手ですので、かなり注目です!

 

 

選抜高校野球大会ではどんなプレーを見せてくれるのか、いまから非常に楽しみにしております。

チームも4度の選抜優勝回数を誇るが、2020年選抜高校野球大会で優勝すれば東邦高校に並ぶ歴代トップタイの5度目の優勝となる。

甲子園では間違いなくキーマンとなる選手ですので、要注目です!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク