中田久美監督が喋らない理由とは?試合中は選手に自分で考えて行動させる為!

女子バレー

中田久美監督。バレーボール女子日本代表の監督に2016年から就任して今年で2年目を向かえます。ネットで中田久美監督を調べて見ると『中田久美監督 喋らない』このようなキーワードが出ています。喋らないとはどう言う事なのだろうか?気になりましたので、調べてみたいと思います。

スポンサードリンク


 

中田久美監督のプロフィール

 


名前:中田久美 (なかたくみ)

生年月日:1965年9月3日生まれ

出身地:東京都練馬区

出身中学:練馬区立練馬東中学校

出身高校:NHK学園高校

身長:176cm

体重:62キロ

血液型:A型

ポジション:セッター

 

中田久美監督は現役時代、1984年に行われたロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得しております。

1986年の世界選手権では主将も務めた。

この主将の経験があったから現在のバレーボール日本代表の監督に抜擢されたのかも知れません。

とにかく人の上に立つ存在ですから、精神的なプレッシャーも半端ないと思いますし、言いにくい事も言わなければならないでしょう。

しかし、バレーボール日本代表が強くなる為には、監督の力も重要だと思います。

実績のある中田久美監督ですので、今後のバレーボール全日本に期待したい所です!

スポンサードリンク


 

中田久美監督が試合中に喋らない訳とは

 

 

バレーボールの試合を何度かテレビで観戦した事がありますが、日本代表の監督は大声で選手に指示を送っている場面を何度か目にしたことがあります。

中には選手がミスした時に激怒している監督もいますが、中田久美監督はミスをした選手を激怒したりしないのだろうか?

試合中に選手と喋らないのだろうか?

ちょっと気になりますよね?

調べてみましょう。

 

ネットの掲示板で拝見しましたが、喋らない理由の回答が書かれておりました。

 

Q:女子バレーのタイム中に中田久美監督が支持を出さないのは何故でしょうか?

A:指示はトルコ人のコーチが出しているそうです。その指示が的確なので、他に何か言っても選手が混乱するので、黙っているそうです。しかし、肝心なところではしっかりと指示を出しているそうです。

 

このように、指示はトルコ人のコーチが出しているそうですが、全く中田久美監督が支持を出さない訳ではないようですね。

この文章から見ると、中田久美監督はトルコ人のコーチを信頼しているからこのようなスタイルをとれるのだと思います。

 

それから、中田久美監督は試合中椅子から立ち上がる事無く試合を見つめているのだ。常に表情を変えずに試合をみているという。

この理由は、選手にジタバタしている姿を見せるのは良く無い為だとういう。

確かに監督がジタバタしている姿を見ると、選手は不安になるのは確かである。

ドーンと構えている監督の方が安心感はありますもんね。

 

選手に対して『自立』を促し、必要最低限の事だけしか選手とは話さない。

選手を信じて、自主性を重んずる。

これは選手に対して監督の指示で動くのではなく、選手一人一人が考えて行動する事によって成長する事を期待している事だと思います。

この指導方法には恐らく賛否両論あるかとは思いますが、もしも自分が選手の立場だったら、中田久美監督の元でバレーをやりたいと思いますね。

何故か?今まで何も考えずに人生を歩んできたからです。

深く一つの事を考えて行動することにより、新しい気付きが発見できたりすると思いますし、自分で考えて行動する事により頭の回転も良くなるような気がします。

ですので、私は中田久美監督の方針には賛成の意見です。

スポンサードリンク


 

中田久美監督のまとめ

 

私は選手として活躍している頃から中田久美監督をテレビで拝見しておりました。

バレボール日本代表の監督に就任した時は正直大丈夫なのかなと思っておりましたが、今では、中田久美監督に期待している自分がいます。

ご自身もオリンピックに3度出場している選手ですから、経験豊富な監督です。

オリンピックまで日にちはありますが、意外にあっという間にオリンピックの開催になってしまうと思います。

中田久美監督が監督としてオリンピックのメダルを獲得する瞬間を見てみたいですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にもバレーボール関連の記事がありますので、是非お読み下さい。

スポンサードリンク