中田久美監督の激やせはストレスか病気か?監督の重圧はやはり半端ないのか。

女子バレー

バレーボール全日本の中田久美監督ですが、現役時代に比べると激やせしてしまいましたが、少し心配です。激やせの原因は日本代表監督の重圧からくるストレスなのか?若しくは、何か病気を患っているのか?しかし、痩せた中田久美監督は凄い綺麗になったと思います。本日はバレーボール全日本監督の中田久美監督について調べてみようと思います。

スポンサードリンク


 

中田久美監督のプロフィール

 


名前:中田久美 (なかたくみ)

生年月日:1965年9月3日生まれ

出身地:東京都練馬区

出身中学:練馬区立練馬東中学校

出身高校:NHK学園高校

身長:176cm

体重:62キロ

血液型:A型

ポジション:セッター

 

中田久美監督は現役時代、1984年に行われたロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得しております。

1986年の世界選手権では主将も務めた。

この主将の経験があったから現在のバレーボール日本代表の監督に抜擢されたのかも知れません。

とにかく人の上に立つ存在ですから、精神的なプレッシャーも半端ないと思いますし、言いにくい事も言わなければならないでしょう。

しかし、バレーボール日本代表が強くなる為には、監督の力も重要だと思います。

実績のある中田久美監督ですので、今後のバレーボール全日本に期待したい所です!

スポンサードリンク


 

中田久美監督の激やせはストレスか病気?

 

2016年にバレーボール日本代表の監督に就任した中田久美監督ですが、以前と比べると明らかに痩せたと思います。

やはりバレーボール日本代表の監督に就任して色々な重圧があるのは間違いないと思います。

勝負の世界ですから、何としても勝たなければいけない。

負けた時には、監督の責任を問われる。

やはり選手時代よりはプレッシャーは思いと思いますね。

 

激やせの原因は病気ではなく、やはり監督としてのプレッシャーが原因だと思われます。

色んな監督としての悩みもあって、食事も喉を通らなくなったりもするでしょう。

しかしそれでも監督として前を向いて選手を引っ張って行かなければなりませんし、監督が下を向いていれば選手達も弱気になってしまいますからね。

選手の事を考えている監督は精神的にも弱くなってしまう人も中にはいるのは現実です。

でも、中田久美監督はその辺の人間とは私は違うと思っております。

現役時代の中田久美監督は15歳という史上最年少での日本代表入りをした選手です。

長年日本代表選手として活躍してきた選手です、メンタル面も強いし、日本のバレーボール界を支えてきた方なので、絶対に結果を出してくれる監督だと思います。

どの競技の監督もなにかしらのストレスは抱えていると思います。

勝負に勝ってストレスを発散して欲しいと思いますね。

スポンサードリンク


 

中田久美監督の体重はどの位減ったのか?

 

日本代表監督就任前の画像と現在の画像を比べてみましょう。

 

こちらが日本代表監督就任前の画像

少しふっくらしていますね。

現役を退いてからテレビ番組に出演したりしていましたが、現役時代に比べて太ったイメージを持っていました。

 

そして、日本代表監督の現在の画像

痩せましたね。

顔も少し老けた感じがしますが、中田久美監督はもう52歳なんですよね!

時間が経つのは早い。

体重も10㎏近く減ったのではないでしょうか?

やはりここまで痩せてしまうと病気なんじゃないかなどと噂が出るのはしょうがないですよ。

私も中田久美監督の激やせぶりを見た時は病気を疑いましたから。

大きな病気にかかっているとかは無いようですね。

日本代表の監督は大変だと思いますが、無理せずに頑張って欲しいと思います。

選手も応援していますが、私は中田久美監督の現役時代を見ていますので、監督も応援したくなってしまいますね。

頑張ってください!中田久美監督!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク