中村友哉(青学)出身高校や中学とベストタイム記録は?進路も気になる!

箱根駅伝

青山学院大学の注目のランナーである、中村友哉選手についてですが、出身中学校や出身高校、ベストタイム記録についても気になりますね!2020年の箱根駅伝では大学最後のレースとなりますが、どんな走りを見せるのか楽しみです。卒業後の進路については『大阪ガス』に進むそうです!





スポンサードリンク


 

中村友哉選手のプロフィール

 

 

名前:中村友哉 (なかむら ともや)

生年月日:1997年12月27日生まれ

出身地:大阪府東大阪市

身長:171cm

体重:54㎏

血液型:A型

出身小学校:東大阪市立石切東小学校

出身中学校:東大阪市立石切中学校

出身高校:大阪桐蔭高等学校

出身大学:青山学院大学

スポンサードリンク


 

中村友哉選手の中学校時代について

 

中村友哉選手は大阪府東大阪市の出身で、東大阪市立石切中学校の出身である。

中学時代はどんな選手だったのか、陸上の実績等を調べて見たいと思います。

 

中村友哉選手の中学校時代の陸上成績を調べて見ましたが、全国大会等の大きな大会への出場経験は無いようですね。

全国都道府県対抗男子駅伝大会等の出場歴も調べて見ましたが、エントリーされていませんでした。

 

恐らく中学時代は注目される選手では無かったようですね。

中学時代から陸上部に所属していたそうですが、陸上を始めたきっかけは、『兄の影響』で始めたそうです。

兄の影響や両親の影響で始める選手は結構多い印象を受けます。

 

中村友哉選手のお兄さんは2歳年上で、高校も大阪桐蔭高校で大学も青山学院大学の出身だそうですよ。

第92回箱根駅伝の9区を走り、箱根駅伝の2連覇に貢献している。

現在は住友電工に所属している。

スポンサードリンク


 

中村友哉選手の高校時代について

 

 

中村友哉選手は中学を卒業後は大阪桐蔭高等学校へ進学している。

高校時代の陸上成績を調べて見たいと思います。

 

第64回大阪府高等学校駅伝大会     2区  区間1位

第64回全国高等学校駅伝大会      7区  区間5位

第20回全国都道府県対抗男子駅伝大会  4区  区間3位

第21回全国都道府県対抗男子駅伝大会  4区  区間22位

 

上記は高校時代の駅伝成績です。

最後に走った駅伝大会では、調子が今一つだったようですが、他の駅伝大会では上位に食い込む活躍で非常に安定した走りを見せている。

 

全国高等学校駅伝大会にも出場していますが、大阪桐蔭高校は初出場だったそうです。

ちょっと意外ですね、大阪桐蔭高校ってスポーツがさかんですから、駅伝も強いと思っていました。

野球部は甲子園でも有名ですよね!

スポンサードリンク


 

中村友哉選手のベストタイム記録について

 

それでは中村友哉選手のベストタイム記録を見ていきたいと思います。

 

2019年出雲駅伝      6区  区間5位

2019年全日本大学駅伝   6区  区間2位

5000m          13分56秒81

10000m         28分31秒68

ハーフ            1時間06秒37

 

このように駅伝の成績を見てみると2019年の出走しかない。

大学4年生になりようやく、調子が上がって来たのだろう。

大学1年から3年生までは、怪我やスランプに悩まされていたようです。

 

しかし、大学生活最後にきて、このような結果を出せるのは、やはり何か持っている証拠だと思います。

2020年の箱根駅伝では7区にエントリーされていますので、当日エントリー変更が無ければ、大学生活最初で最後の箱根駅伝となる。

どんな走りをみせるのか?

もしかして区間賞や区間新記録がでるのか?

当日の箱根駅伝が楽しみですね!

スポンサードリンク


 

中村友哉選手のまとめ

 

本日は青山学院大学の中村友哉選手について記事を更新しました。

大学生活の大半は悔しい思いをしてきた、中村友哉選手です。

4年生になり覚醒し、今大舞台に臨もうとしている。

 

2020年箱根駅伝では記憶に残る走りに期待したいですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク