中村良二監督(天理)経歴や指導方法について!甲子園出場経験等も調査!

高校野球

天理高校野球部監督である中村良二監督について記事を更新します。天理高校野球部は春夏通算3度の優勝を誇る強豪校であり、数々のプロ野球選手を輩出している学校である。2020年の選抜高校野球大会に出場濃厚な天理高校野球部ですが、中村良二監督はどんな人物なのか?経歴や指導方法について調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

中村良二監督のプロフィール

 

 

名前:中村良二 (なかむら りょうじ)

生年月日:1968年6月19日生まれ

出身地:福岡県三井郡北野町(現:久留米市)

身長:180cm

体重:85cm

投打:左投げ右打ち

ポジション:一塁手

出身高校:天理高等学校

プロ:近鉄バファローズ→阪神タイガース

スポンサードリンク


 

中村良二監督の高校時代の成績や甲子園出場経験は?

 

中村良二監督の高校時代は甲子園出場経験はあるのか?無いのか?

気になる方も多いと思うので、調べて見ました。

 

中村良二監督は天理高校の出身であり、高校時代は2年生の春には第57回選抜高等学校野球大会に出場し本塁打1本を放っている。

3年生になると主将に抜擢され、春夏連続で甲子園出場を果たす。

夏の全国高等学校野球選手権大会では2本の本塁打を放ち、天理高校野球部を全国優勝に導いている。

 

このように中村良二監督は高校時代に3度の甲子園の土を踏んでいる。

高校時代は41本の本塁打を放っており、スラッガーとして注目されていた。

 

中村良二監督はスラッガーとしても注目されていましたが、実は小学校1年生の時に父親と死別している。

その影響で家計が非常に苦しく、野球道具を購入する資金が無かった為、中学時代は新聞配達を経験したそうです。

 

そして天理高校には推薦入学では無く、一般入試で入学したそうです。

強豪の天理高校ですから、野球の上手い選手が多い中で、一般入試からレギュラーの座を掴んだのは、非常に素晴らしい事だと思います。

 

恐らく中村良二監督はハングリー精神が非常に強い方であると思われます。

一般入試組からレギュラーを掴み取るのは、並大抵の努力では到底無理だと思いますし、精神的にも強く無ければ成し遂げられないと思います。

 

そして、高校3年生の時に主将に抜擢された訳ですが、中村良二監督は『天理史上最強の主将』と言われている。

当時の天理高校野球部監督であった橋本武徳監督の方針が『練習メニューを選手に決めさせる』方針だったそうです。

そのような方針だった事で、主将であった中村良二監督が先頭に立って、チームを引っ張っていたんでしょうね。

そして夏の選手権では全国制覇を達成するんですから、本当に凄い事だと思います。

スポンサードリンク


 

中村良二監督の指導方法について

 

気になる中村良二監督の指導方法について調べて見たいと思います。

2015年8月25日から、天理高校野球部監督に就任し、2017年の夏には全国高等学校野球選手権奈良大会で優勝し、甲子園出場へ導いた。

甲子園ではベスト4まで進出し、天理高校野球部を27年ぶりに準決勝進出に導いている。

 

中村良二監督の指導方法ですが『生徒に考えさせながら1つ1つ指導することが大事』とコメントしている。

それから、『野球に取り組む意欲が無ければプレーが上達しない。』このような考え方から、普段の練習から選手に対してあえて厳しく接しているそうです。

 

昔の野球部は現在と比べると、非常に厳しい印象を受けるが、今では昔に比べると監督もあまり怒ったりしないし、手を出すと暴力問題となってしまうので、指導も難しいでしょうね。

 

高校野球の指導も中々難しいとは思いますが、やはり勝つためには熱い指導も必要だと思いますし、それなりの練習量も必要となってきます。

選手時代に甲子園で優勝している中村良二監督ですから、今後も天理高校野球部が躍進し、昔のように甲子園常連校になるかも知れませんね。

スポンサードリンク


 

中村良二監督のプロ野球時代

 

1986年に天理高校からドラフト会議で近鉄バファローズから2位指名を受けた中村良二監督です。

ウエスタン・リーグでは1994年と1995年には本塁打王と打点王を獲得し、活躍を見せている。

1996年にはリーグ2位の打率を残している。

 

しかし1996年に戦力外通告を受け、現役続行の道を選び、阪神タイガースの入団テストを受け、見事合格し阪神タイガースに入団した。

 

1997年に残念ながら戦力外通告を受けて現役を引退している。

ウエスタンリーグの公式戦では753試合の出場で110本の本塁打を放ったが、1軍での本塁打は0であった。

 

110本の本塁打を放ち、中々1軍での出場機会がなかったのは、やはり選手層が厚かったからなんでしょうね。

中々プロ野球で活躍するのも簡単にはいきませんね。

 

中村良二監督のプロ野球生活は11年であった。

スポンサードリンク


中村良二監督のまとめ

 

本日は天理高校野球部の中村良二監督について記事を更新しました。

奈良県では天理の他にも強豪の智弁学園も甲子園常連校であり、激戦が予想されます。

今後どのような戦術で奈良県大会を勝ち進むのか、そして甲子園ではどんな采配を見せてくれるのか非常に楽しみであります。

 

2020年の選抜出場が濃厚となった天理高校野球部の活躍からは目が離せませんね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク