中村楓大(広陵)出身中学や高校通算本塁打数は?ドラフトにも注目だ!

高校野球

本日は高校野球の名門である広島・広陵高校の中村楓大選手について記事を更新したいと思います。中村楓大選手の出身中学や身長体重などを調査し、高校通算本塁打数も調べて見たいと思います。1年生の秋から4番を打っている選手ですので、ドラフト候補になる可能性も非常に高い選手ですので、注目していきたいと思います。





スポンサードリンク


 

中村楓大選手のプロフィール

 

 

名前:中村楓大 (なかむら ふうだい)

生年月日:2001年11月28日生まれ

出身地:山口県岩国市

身長:176cm

体重:76㎏

投打:右投げ右打ち

出身中学:岩国市立灘中学校

出身ボーイズ:広島安佐ボーイズ

 

中村楓大選手のお父さんは広陵高校の大ファンだそうです。

もしかしてOBの方なのかと思ったりもしましたが、全く関係ないとの事です。

でも、全国には高校野球ファンは沢山存在しますし、昔から甲子園に出ている古豪を応援しているファンも数多くいます。

私も中京大中京の昔のユニフォームが好きでしたし、今でも中京大中京が甲子園に出場すると気になってしまいますからね。

 

お父さんも、息子の楓大選手が憧れの広陵のユニフォームを着て甲子園でプレーするのを楽しみにしている事でしょうね!

どんなお父さんなのか少し気になりますが、どんなお父さんなんでしょうか?

甲子園の試合ではインタビューなどで登場するかも知れませんね。

スポンサードリンク


 

中村楓大選手の中学時代

 

プロフィール欄にも書きましたが、中村楓大選手は中学時代に安佐ボーイズでプレーしておりました。

毎週末に山口県岩国市の自宅から広島へ通っていました。

当時監督だった元プロ野球選手の山本翔監督の指導を受けた打撃指導が良く、バッティング技術が向上したそうです。

山本翔監督は現在、島根県立矢上高校野球部の監督を務めている。

 

安佐ボーイズ時代には2016世界少年野球大会のメンバーに選出されており、中学時代から非常に注目される選手だった。

因みに2019年の選抜高校野球大会に出場する東邦高校の熊田任洋選手も同じ世界大会のチームメイトでしたね!

 

山本翔監督も自分の教え子が甲子園に出場するのは嬉しいでしょうね。

2年生の夏の甲子園にもベンチ入りしており、最終回に代打で起用されましたが三振に倒れました。

2019年の選抜高校野球大会ではリベンジを果たして欲しいですね!

スポンサードリンク


 

中村楓大選手の高校通算本塁打数は?

 

1年生の秋から4番を任されてきた中村楓大選手ですが、高校通算本塁打数は2018年12月迄で、20本の本塁打を放っている。

2019年の選抜高校野球大会でもクリーンナップを打つと予想しておりますので、甲子園での本塁打も期待しております。

同じく同大会に出場する注目のバッターである東邦の石川昂弥選手の高校通算本塁打数は39本である。

 

現時点で倍の本塁打数が差になっているが、高校3年生の最後の夏までに、どれくらいの差が縮まるのかも楽しみですね!

 

中村楓大選手は本塁打だけでは無く、三塁打や二塁打も非常に多い選手ですから相手投手も非常に警戒するでしょう。

勝負強いバッティングを甲子園でも期待しております!

スポンサードリンク


 

中村楓大選手のドラフト指名は?

 

進学かプロか?

高校卒業後の進路も気になりますが、今後活躍を重ねていくとドラフト注目選手としてメディアにも取り上げられる選手だと思います。

数多くのプロ野球選手を輩出している広陵高校野球部ですから、期待できそうですね。

 

最後の夏までに大きく結果を残す事が出来れば、プロの道も開かれると思います。

スポンサードリンク


 

中村楓大選手のまとめ

 

本日は広陵高校野球部の注目バッター中村楓大選手について記事を更新しました。

広陵の主軸として甲子園でも大暴れを期待しておりますし、チーム自体もレベルが高く甲子園でも優勝を狙えるチームだと思っております。

是非、甲子園では劇的な一打を期待しております!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク