仲三河優太の出身中学校や怪我について!投手復活で甲子園登板なるか?

高校野球

大阪桐蔭高校野球部の注目選手である仲三河優太選手についてですが、気になる出身中学校や出身ボーイズはどこなのか、調べて見たいと思います。1年生からベンチ入りしていた選手で投手としても活躍が期待されていた選手ですが、どうやら怪我で泣かされたみたいですね。仲三河優太選手の怪我についても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

仲三河優太選手のプロフィール

 

 

名前:仲三河優太

生年月日:2002年10月22日生まれ

出身地:栃木県栃木市

出身小学校:栃木市立大平東小学校

出身中学校:栃木市立大平中学校

出身ボーイズ:小山ボーイズ

身長:180cm

体重:90㎏

投打:右投げ左打ち

 

仲三河優太選手はUー15アジアチャレンジマッチ日本代表選手としてエースナンバーを背負った実績のある選手です。

中学生でもトップクラスの選手ですから大阪桐蔭高校野球部の西谷浩一監督が目を付けない訳がない!

恐らく栃木県まで西谷浩一監督が足を運んだと思われます。

西谷浩一監督は中学生のスカウトを非常に熱心に行う監督です。

有望な選手の場合には自らの足で何度も出向く監督で有名です。大阪桐蔭OBの中田翔選手の場合は広島に40回も足を運んで大阪桐蔭に連れてきた監督です。

仲三河優太選手は何度西谷浩一監督と接触したのかは分かりませんが、栃木から大阪ですから、本人もそうですが仲三河優太選手の両親とも何度も話し合いをしたと思います。

しかし、高校野球界では実績のある監督ですから、どうでしょうか?入学を決める決断も早かったかもしれませんね。

スポンサードリンク


 

仲三河優太選手の中学校時代について

 

それでは仲三河優太選手の中学校時代についてですが、どんな中学校時代だったのでしょうか?

気になったので調べて見たいと思います。

 

仲三河優太選手は栃木県出身で栃木市立大平中学校の出身である。

中学校の野球部には属さず、小山ボーイズでプレー。

小山ボーイズ時代には投手として活躍し、最速139キロを投げてジャイアンツカップ準優勝Uー15侍ジャパンのの経歴がある。

 

 

上記動画は仲三河優太選手の投球動画です。

相手打者は横浜高校へ進んだ度会隆輝選手ですね。

 

度会隆輝選手の他にも東海大相模に進学した西川僚祐選手もいます。

 

流石全国大会となると注目選手がズラリと並びますね。

中学時代で活躍し、高校へ進学しても甲子園に出場する選手は多いです。

こういった中学校時代の動画も見ていると楽しいですね。




 

仲三河優太選手の怪我の状況は?

 

中学時代から投手として注目された仲三河優太選手でしたが、大阪桐蔭高校へ進学し1年生でベンチ入りを果たす。

そしていきなり6奪三振を奪う好投を見せた。

 

 

大阪桐蔭高校野球部の次期エース候補としても名前が挙がっていた選手でしたが、どうやら1年生の秋に肘の怪我をしてしまったようですね。

2年生になっても投げていなかったので、少し気になってはいましたが、怪我をしていたとは。

 

ようやく3年生になり、投手としての練習も再開しているようです。

現在は大阪桐蔭高校の4番打者としてチームを引っ張っているが、投手としての出番も伺っているので、2020年選抜高校野球大会には投手としての起用もあるかも知れませんね。

 

ただ試合では登板していないようですので、試合の感覚が戻るまでは登板機会は無いかも知れません。

照準は高校最後の夏に合わせているかも知れませんね。

スポンサードリンク


仲三河優太選手のまとめ

 

本日は大阪桐蔭高校野球部の仲三河優太選手について記事を更新しました。

高校1年生では期待のピッチャーとしておりましたが、怪我もあって今は完治していると思われます。

 

現在は野手で主軸を任されておりますが、密かに投手での復活も甲子園で観られるかもしれません。

2020年の選抜高校野球大会は非常に楽しみですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク