長門俊介監督は結婚している?順天堂大学時代は箱根駅伝で優勝経験も!

箱根駅伝

 

順天堂大学の長門俊介監督について、どの様な経歴があるのか調べてみたいと思いますが、出身中学や出身高校も気になるところですが、大学卒業後はどこに就職したのかも気になるところ。

それから、長門俊介監督のプライベートである結婚についてですが、長門俊介監督は現在結婚しているのだろうか?

素朴な疑問を解消していきたいと思います。





スポンサードリンク


 

長門俊介監督のプロフィール

 

 

名前:長門俊介 (ながと しゅんすけ)

生年月日:1984年5月4日生まれ

出身地:長崎県長崎市

出身高校:長崎県立諫早高等学校

出身大学:順天堂大学

 

長門俊介監督は結婚しているのか?

 

ネットで長門俊介監督を検索すると『結婚』というキーワードが出ていますが、長門俊介監督は結婚しているのだろうか?

恐らく気になっている人がいると思われます。

 

調べてみたところ長門俊介監督が結婚しているという情報は出ていませんでした。

長門俊介監督も30歳中盤ですから、結婚していてもおかしくない年齢です。

結婚や嫁などの情報は一切出ていないところをみると、現在は独身なのかも知れませんね。

 

他の大学の監督は奥さんと写っている画像等がありますが、長門俊介監督はそのような画像が出ていないのが現状です。

 

今後何か情報が入り次第、このブログに追記していきたいと思います。

 

長門俊介監督ですが現役時代に比べるとやはりふっくらしたイメージですが、順天堂大学時代には箱根駅伝を走り、総合優勝も果たしている方です。

選手時代の長門俊介監督についても調べてみました。

スポンサードリンク


 

長門俊介監督の大学時代について

 

長門俊介監督の大学時代について書いてみたいと思います。

長門俊介監督は現在順天堂大学の監督を務めておりますが、大学時代も同じ順天堂大学で選手として活躍しておりました。

 

1年生の時から箱根駅伝を経験し4年連続で箱根駅伝に出場した選手であり、4年生最後の箱根駅伝では9区を走り、第83回箱根駅伝で総合優勝に輝いており、9区では区間賞も獲得している選手。

 

 

大学時代と現在を比べると、やはりふっくらしていますね。

まあ、仕方ないことですが・・・。

箱根駅伝を走った選手らは、やはり歳を取ると太る方は多い印象です。

 

順天堂大学時代に総合優勝した時の動画がありましたので掲載しておきます。

 

順天堂大学を卒業後はJR東日本に就職しており、その後は2011年に順天堂大学のコーチに就任し、2016年から順天堂大学の監督に就任している。

 

長門俊介監督の順天堂大学成績は?

 

長門俊介監督が順天堂大学の監督に就任したのが2016年である。

監督就任後の成績は以下。

2016年 6位

2017年 4位

2018年 11位

2019年 8位

2020年 14位

 

2017年の4位が最高成績で中々ベスト3に食い込むことができていないのが現状ですね。

1986年から4年連続優勝も経験している名門大学ですから、今年こそは優勝を勝ち取りたいところです。

 

2021年の箱根駅伝では1年生の注目選手がいますので、かなり期待できるのではないかと私は予想しております。

 

 

2021年の箱根駅伝は大根戦を予想する方も多い様ですが、中には青山学院大学と東海大学、駒澤大学の3強とみる方も多いです。

 

今年は新型コロナウイルスの影響もあり、中々思う様に練習できていない選手も多いと思うので、選手が100%の力を出せるのか微妙なところですが、コロナの影響がどれくらい出るのか、気になるところですね。

 

と言うことで、順天堂大学にもチャンスがあると言うことで、上手くハマれば上位進出も大いにあると思いますね。

 

2007年の大会から優勝が遠ざかっておりますので、そろそろ順天堂大学の優勝が見たいですね。

長門俊介監督がどのような作戦で箱根駅伝を戦うのか、注目していきたいと思います。

スポンサードリンク


長門俊介監督のまとめ

 

本日は順天堂大学の長門俊介監督について記事を更新しました。

長門俊介監督が順天堂大学の監督に就任し、まだ優勝経験が無いので、2021年の箱根駅伝では胴上げされている長門俊介監督が見たいですね。

 

2021年の箱根駅伝では注目の1年生がいますので、どの区で走らせるのか、長門俊介監督の手腕が試されるところですね。

私の予想では1区に三浦龍司選手を抜擢すると予想します。

 

箱根駅伝のエントリー発表が待ちどうしいです。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!





スポンサードリンク