向坂優太郎(仙台育英)の出身中学と球速や球種は?背番号8からエースへ!

高校野球

仙台育英の注目のピッチャーとして向坂優太郎投手に注目しておりますが、出身中学校や中学時代はどんな選手だったのか、調べて見ました。そして、気になるのが球速や球種についてですが、ストレートの最速スピードはどれくらい出るのか、この辺りにも注目して見たいと思います。甲子園でのピッチングも注目されている投手である。





スポンサードリンク


 

向坂優太郎投手のプロフィール

 

 

名前:向坂優太郎 (むかいさか ゆうたろう)

生年月日:2002年10月17日生まれ

出身地:宮城県

身長:181cm

体重:78㎏

投打:左投げ左打ち

出身中学校:村田町立村田第二中学校

出身高校:仙台育英高等学校

出身:宮城臨空シニア

スポンサードリンク


 

向坂優太郎投手の中学校時代について

 

それでは向坂優太郎投手の中学校時代について書いていきます。

向坂優太郎投手は宮城県の村田町立村田第二中学校の出身ですが、中学校の野球部には所属しておらず、宮城臨空シニアでプレーしておりました。

 

中学1年生の時に2015年リトルシニア日本選手権大会に出場していますが、中学2年生と中学3年生の時には全国大会に出場したという情報はありませんでした。

中学1年生の時ですから、試合に出場していたかどうかも分かっておりません。

 

それから中学校時代から活躍していた選手はU-15日本代表選手に選出される選手もいますが、向坂優太郎投手はU-15日本代表選手には選出されておりません。

中学時代はそこまで有名な選手では無かったのかも知れません。

スポンサードリンク


 

向坂優太郎投手の高校時代について

 

中学校を卒業後は同じ宮城県にある仙台育英高校へ進学します。

仙台育英高校野球部は2年生の時も夏の甲子園に出場しているが、向坂優太郎投手は背番号を貰っていない。

ベンチ入りできなかった選手の一人であった。

1学年下の選手である笹倉世凪選手や伊藤樹選手らがベンチ入りし、向坂優太郎投手は非常に悔しい思いをしただろう。

 

やっぱり下級生にベンチ入りされる程悔しい事はないと思います。

ここで闘争心に火を付けるのか、直ぐに諦めてしまうのか。

向坂優太郎投手は闘争心に火を付けて、仙台育英高校野球部のエースとなったんでしょうね。

 

向坂優太郎投手は元々背番号は『8』番を背負っていた。

須江航監督も向坂優太郎投手は実質的エースと話している。

明治神宮大会でエースナンバー『1』番を手にした投手で、秋季大会と東北大会で活躍した為、名門校でのエースに成長したんだと思います。

 

仙台育英高校野球部の投手陣は140キロ以上のストレートを投げる投手が6人もいる投手王国であり、秋にエースであっても夏にエースになっているのか分からないので、非常にハイレベルな戦いで、見ている方は楽しみでならない。

 

向坂優太郎投手の最速は141キロであり、安定感のある投手とのことで、投球回数も投手陣の中で一番多い。

これは須江航監督からの信頼も厚い証拠だ。

 

向坂優太郎投手はストレートの他に、スライダーやカーブとチェンジアップを投げて、公式戦では8試合に登板し45個の三振を奪う力投を見せた。

ピンチで三振を奪えるのが向坂優太郎投手の強みだろう。

 

先程も書きましたが、仙台育英高校野球部には好投手が多い。

エース争いもし烈で、春にエースであっても夏にエースと言う保証は無いだろう。

向坂優太郎投手は春の選抜高校野球大会で結果を残して、信頼を更に厚くできれば、夏の甲子園でもエースとしてマウンドに立てるのではないだろうか。

スポンサードリンク


向坂優太郎投手のまとめ

 

本日は仙台育英高校野球部の向坂優太郎投手について記事を更新しました。

出身中学校や中学校時代にについて書きました。

2020年選抜高校野球大会にも出場が決定しておりますので、甲子園でのピッチングに期待したいところですね。

 

甲子園では10個以上の三振も期待できる投手なので、注目度も高い左腕であり、東北勢の初優勝に期待もかかります。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク