森田泰弘監督(東邦)の経歴や選手時代の成績は?逆転の東邦は現在も継続中!

高校野球

東邦高校野球部と言えば全国でも有数の名門校である。東邦高校野球部を率いる森田泰弘監督とはどんな方なのだろうか?東邦高校野球部と言えば甲子園でも大逆転劇を演じたのは記憶に新しいだろう。東邦高校野球部は地方大会でも大逆転劇を演じるゲームが非常に多い!これは森田泰弘監督の指導方法に何かがあるのだろう。本日は東邦高校野球部監督の森田泰弘監督について調べて見たいと思います。

スポンサードリンク






 

森田泰弘監督のプロフィール

 

名前:森田泰弘 (もりた やすひろ)

生年月日:1959年4月4日生まれ

出身地:愛知県知多市

出身高校:東邦高等学校

出身大学:駒澤大学

社会人:本田技研鈴鹿

スポンサードリンク


 

森田泰弘監督の選手時代について

 

東邦高校野球部監督の森田泰弘監督はご自身も東邦高校野球部の出身で甲子園出場経験がある。

1977年の夏の甲子園で準優勝をしている。

当時は主将で4番打者であった。

森田泰弘監督が3年生の時に1年生である『バンビ坂本』選手がいたのは記憶にある方もいるだろう。

夏の甲子園で準優勝という成績を残したのは素晴らしい事ですね。

決勝戦まで勝ち進むことは、非常に難しい事であるし、主将としてチームをまとめる事も大変だったと思います。

守備位置は三塁手だったそうですが、高校を卒業後は駒澤大学へ進学し大型三塁手として活躍が期待されていましたが肉離れの怪我で苦労したそうです。

その後、社会人野球へ進み本田技研鈴鹿でプレーした。

スポンサードリンク


 

森田泰弘監督の指導者としての経歴

 

本田技研鈴鹿の3年目に怪我の影響で思うようにプレーできなかった森田泰弘監督をマネージャーとしてチームに残る事を進められたそうです。

同時期に前監督の阪口慶三監督から声が掛かり、『学校がコーチを職員として採用してくれるとのことなので、一緒にやらないか?』これがきっかけで、東邦高校野球部コーチとして1984年に就任した。

東邦高校野球部のコーチとして20年間指導し、阪口慶三監督の元で指導方法などを学んだ。

 

阪口慶三監督は春13回、夏11回の甲子園出場を果たしている名将である。

現在は岐阜・大垣日大高校野球部で監督をしている。

阪口慶三監督の詳細は下記からご覧ください。

 

森田泰弘監督は2004年の秋から東邦高校野球部監督に就任しているが、監督としての実績は下記の通り。

 

2005年の選抜高校野球で8強、2016年にも出場している。

夏の甲子園には2008年・2014年・2016年に出場している。

スポンサードリンク


 

何故東邦高校野球部は大逆転劇が多いのか?

 

2016年夏の甲子園での試合。

東邦対八戸学院光星の試合は高校野球史上に残る名勝負となったのは覚えているでしょうか?

9回裏の東邦の攻撃でしたが、既に点差は4点差。

誰もが八戸学院光星の勝利を確信していたと思う。

当時私もテレビでこの試合を観戦していたのだが、東邦高校を応援していました。

一応愛知県在住なので(笑)

 

しかし、あの状況で勝利をモノにした東邦高校野球部の粘りは一体どこから生まれたのだろうか?

あれだけの連打が続くという事は、やはり毎日のトレーニングがあっての事ですが、やはり私が一番注目したのは、選手達の集中力の高さである。

絶対に勝つんだ!という気持ちがテレビで見ている私にも伝わってくる試合でした。

 

東邦高校対八戸学院光星の試合

 

何回見ても鳥肌が立つ試合でした。

他にも東邦高校は地方大会でもこのような大逆転をしております。

 

こちらの動画をご覧ください!

まさに逆転の東邦です!

野球は9回2アウトまで何が起きるか分からないスポーツですね。

ここまで集中できる選手達はやはり凄いと思います。

スポンサードリンク


 

森田泰弘監督のまとめ

 

本日は東邦高校野球部の森田泰弘監督について記事を更新しました。

愛知県の私学四強と言われる東邦高校ですが、全国でも名門中の名門です。

森田泰弘監督の年齢も60歳に近づいておりますが、今後何歳まで監督を続けるのか気になる所です。

やはり、全国制覇を達成していないので、是非目指して欲しいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク