森田歩希 中学時代や高校時代の成績を調査!箱根駅伝で区間賞なるか!

箱根駅伝

 

青山学院大学の森田歩希選手ですが箱根駅伝ではどんな走りをしてくれるのか非常に楽しみであります。森田歩希選手の中学時代や高校時代はどんな選手だったのでしょうか?中学と高校の経歴などをご紹介していきたいと思います。2019年の箱根駅伝は注目の選手として期待されている選手ですので、活躍が非常に楽しみです!

スポンサードリンク


 

森田歩希選手のプロフィール

 

 

名前:森田歩希 (もりた ほまれ)

生年月日:1996年6月29日生まれ

出身地:茨城県守谷市

身長:169cm

体重:69㎏

血液型:O型

出身中学校:守谷市立御所ヶ丘中学校

出身高校:竜ケ崎第一高等学校

出身大学:青山学院大学社会情報学部在学中

スポンサードリンク


 

森田歩希選手の中学時代を振り返る

 

守谷市立御所ヶ丘中学校時代の3年生の時には全日本中学校陸上の全国大会に出場経験があるが、予選敗退している。

5000mでは14分38秒99の中学日本記録(当時)を樹立している。

森田歩希選手は中学時代から、陸上のセンスがあったんでしょうね。

 

私も結構長距離は好きで自身があったんですが、中学校の体育の授業で隣の工場を1周するという恒例行事があったんですが、やっぱり上には上がいますね・・・。どんなけ頑張ってもその生徒に勝つことはできませんでした。

スピードがワンランク上だったんですよね。

その生徒は、全力疾走に近い走りでも涼しい顔をしているんですね。当時は本当に衝撃を受けた記憶があります。

ですので、森田歩希選手の中学時代も私が勝てなかった生徒みたいな感じで、ワンランク上の走りをしていたのでしょうね。

スポンサードリンク


 

森田歩希選手の高校時代を振り返る

 

先程は、森田歩希選手の中学時代を振り返ってみましたが、次は高校時代を振り返ってみたいと思います。

森田歩希選手は竜ケ崎第一高等学校に進学しましたが、全国高等学校駅伝競走大会の出場はしていないようです。

高校時代の森田歩希選手は2012年の国体に出場経験がある。

3000mでは予選を1位通過し、決勝では8分33秒19で5位入賞の成績。

 

竜ケ崎第一高等学校ってどこかで聞いた事あるなって思っていましたら、高校野球の名門高校なんですね。

甲子園に春夏通算10回の出場をしている高校です。

最近は甲子園から遠ざかっているような気がしますが。

 

偏差値も茨城県内では中の上の位置でそこそこ頭が良い学校らしいですが、県内トップレベルまではいかないようです。

スポンサードリンク


 

森田歩希選手の青山学院大学時代

 

 

竜ケ崎第一高等学校を卒業して青山学院大学に進学しました。

2016年の全日本大学駅伝でデビューし、6区で区間賞を獲得しMVPに輝いた。

2017年の第93回箱根駅伝では4区を区間2位で走り、箱根3連覇に貢献する走りをみせた。

2018年の第94回箱根駅伝では前年度の4区ではなく2区を走り、日本人歴代6位となる1時間7分15秒のタイムで区間賞を獲得した。

この年は往路優勝は逃したが、復路で逆転し史上6校目の箱根4連覇を達成している。

現在最終学年となり青山学院大学の主将を務めている。

大学生活最後の箱根駅伝ではどんな走りを見せてくれるのでしょうか?

主将としてチームをまとめる存在になり、心身共にレベルアップしている森田歩希選手は箱根駅伝の出場選手の中で注目選手の一人として期待されている選手です。

第95回箱根駅伝では全ての力を出し切って走って欲しいと思います。

スポンサードリンク


 

森田歩希選手のまとめ

 

青山学院大学の森田歩希選手はチームの主将としてチームを牽引しております。

第95回箱根駅伝では主将の走りでチームが勢いづく可能性は十分にあります。

優勝候補の1角である青山学院大学はどんなレースを見せてくれるのか、いまからワクワクが止まりませんね。

区間新記録を塗り替える走りを期待しております。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも森田歩希選手の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク