森下暢仁は高校時代に甲子園ベンチ入り!投球動画や画像で球種を検証!

大学野球

本日は森下暢仁投手について記事を更新したいと思います。出身高校は大分商業高等学校でプレーしていましたが、甲子園も経験しているとの事です。個人的に甲子園で活躍していた記憶が無いのですが、高校時代はどんな投手だったんでしょうか?気になるので調べて見たいと思います。森下暢仁投手の身長体重や球種などもご紹介したいと思います。





スポンサードリンク


 

森下暢仁投手のプロフィール

 

 

名前:森下暢仁 (もりした まさと)

生年月日:1997年8月25日生まれ

出身地:大分県

出身中学校:大分市立大東中学校

出身高校:大分商業高等学校

出身大学:明治大学

スポンサードリンク


 

森下暢仁投手の高校時代について

 

さて、森下暢仁投手の高校時代について調べて見たいと思います。

ストレートの最速が155キロの森下暢仁投手ですが、どんな高校時代だったのだろうか?

甲子園出場経験もあるとの事で、調べて見ました。

 

森下暢仁投手は大分商業高等学校の出身で1年生でベンチ入りし、同年夏の甲子園でもベンチ入りしているが、甲子園での出場はしていない。

1年生からベンチ入りし甲子園でもベンチ入りするという事は、かなり期待された逸材だっただろう。

甲子園で敗退後の新チームでは、2年秋からエースとして活躍し、3年生の夏は大分大会決勝戦で惜しくも敗退し、甲子園出場は出来なかった。

 

森下暢仁投手の高校時代の投球動画

 

ストレートは140キロ中盤くらいの速度が出ていますが、変化球の切れは非常に素晴らしいですね!

更にコントロールも非常に良く、打たせて取るピッチングもできる投手です。

 

そして、高校時代にはU-18高校日本代表にも選出されており、清宮幸太郎選手やオコエ選手らと一緒に日の丸を背負い戦っている。

 

 

高校時代はトップレベルでの試合にも出場し、プロ入りも視野に入れていたそうですが、プロ入りは断念し、大学進学の道を選んだのは、明治大学監督が6回も大分県まで足を運んで、森下暢仁投手と話をしたそうです。

 

明治大学の監督である善波監督が熱心に誘ってくれたから、明治大学へ進学を決意したそうですよ。

 

清宮幸太郎選手らと同級生で、大学進学をした森下暢仁投手ですが、月日が経つのは非常に早いです。

最近清宮幸太郎選手がプロ入りしたと思ったら、もう4年が経過したんですね。

 

清宮世代の選手が2019年のドラフト会議で指名されると思うと、ちょっと楽しみであります。

スポンサードリンク


 

森下暢仁投手の大学時代

 

大分商業高等学校を卒業した森下暢仁投手は先程も書きましたが、プロ入りを断念し明治大学へ進学を決意した。

鳴り物入りで明治大学へ入学した森下暢仁投手は1年生の春から出場し、結果を残して着々と成長していった。

 

大学2年生で大学日本代表入りし、経験と実績も十分ある投手に成長した。

球速も155キロに延び、2019年のドラフト会議では1位指名候補となった。

 

こちらの動画は大学4年生の時の大学日本代表対高校日本代表の壮行試合

 

やはり高校時代と比べると、体も一回りも大きくなっており、下半身もしっかりしていますね。

ストレートも手元でかなり伸びがあるように感じます。

高校日本代表の打者もストレートに対応出来ていませんでしたね。

 

森下暢仁投手の球種はカーブ、スライダー、チェンジアップ、カットボールである。

ストレートだけでは無く、変化球でも三振を取れる投手。

スポンサードリンク


 

森下暢仁投手のまとめ

 

本日は森下暢仁投手について記事を更新しました。

2019年のドラフト会議では恐らく1位指名される投手だと思います。

どの球団が獲得するのか?非常に楽しみですね。

ドラフト会議は2019年10月17日(木)に行われます。

 

プロ入り後も更に体重も増えたら、ストレートの球速もまだまだ伸びそうな投手ですので、この先も非常に楽しみですね!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク