門馬敬治監督(東海大相模)の経歴や娘や息子について。寮やグランドも調査!

高校野球

東海大相模高校野球部の門馬敬治監督の経歴やプロフィールと娘や息子について調べて見たいと思います。2019年の夏の甲子園に出場する東海大相模高校野球部ですが、優勝候補とも言われており、甲子園での試合も非常に楽しみであります。そんな東海大相模高校野球部の寮やグランドについても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

門馬敬治監督のプロフィール

 

 

名前:門馬敬治 (もんま けいじ)

生年月日:1969年生まれ

出身地:神奈川県

出身高校:東海大相模高等学校

出身大学:東海大学

ポジション:内野手

 

門馬敬治監督は東海大相模高校野球部の出身であり、高校3年時には主将を務めている。

高校時代は甲子園出場経験は無い。

 

高校卒業後は東海大学へ進学したが、ケガの影響でマネージャーへ転向し、当時監督の原貢監督の運転手などを務めた。

 

大学卒業後は同大学のコーチや東海大相模のコーチを務めた。

1999年に東海大相模高校野球部の監督に就任し、2000年春、2011年春、2015年夏に全国優勝を果たしている。

スポンサードリンク


 

門馬敬治監督の娘や息子について

 

門馬敬治監督には3人のお子さんがいらっしゃるようです。

長男の門馬大(もんま ひろ)さんは東海大相模高校野球部の出身で、2017年夏の高校野球神奈川大会決勝で横浜高校に3-9で敗れて、惜しくも甲子園出場はできなかった。

 

母親の七美枝さんは『1、2年生の頃は父から話しかけられる事はなかった。』このように話している。

東海大相模高校野球部に入部し親子の関係では無く、選手と監督の関係になったということでしょうね。

現在は東海大学の野球部に所属しているそうです。

 

そして、門馬敬治監督の長女である門馬花さんも東海大相模高校野球部のマネージャーとして活躍しております。2019年夏の甲子園ではベンチ入りも期待されております。

門馬花さんの最後の夏に甲子園出場という兄が成し遂げられなかった甲子園にマネージャーとして一緒に戦います。

もしかしたら、テレビでも取り上げられるかも知れませんね!

 

 

もう一人次男の門馬功さんも東海大相模高校野球部に所属しています。

2019年4月に入学していますから、現在1年生ですね。

画像はありませんが、お兄さんがたどり着けなかった甲子園に是非とも行って欲しいですね!

親子で甲子園出場の夢を叶えて欲しいと思います。

 

このように門馬敬治監督のお子さん3人共が東海大相模高校野球部に所属しております。

門馬敬治監督も自分の子供ですが、親子の関係を断ち切って、他の選手と同様の扱いをしていると思います。

まあ、それを承知で父の元で野球をしていると思いますが、実際にどんな感じなんでしょう。

他の選手もいますので、やはり一人の野球部員として見ている事でしょうね。

スポンサードリンク


 

東海大相模野球部の寮やグランドについて

 

東海大相模高校野球部の寮やグランドはどんな感じなんでしょうか?

全国でも強豪校として有名な学校ですから、寮やグランドの設備も整っているのでしょう。

 

 

しっかりとした専用グランドですね!

この他にも室内練習場も完備しているそうです、3年間の高校野球人生の中で練習に打ち込める環境は整っており、甲子園を目指すには十分過ぎる環境だと思います。

 

それから寮についてですが、野球部全員が寮生活している訳ではないようです。

遠方から入学した選手やベンチ入りするメンバーなどは寮生活しているようですね。

ベンチ入りできない選手は寮生活出来ないと言っても良いでしょう。

 

全国でも名門と言われている東海大相模高校野球部ですし、プロ野球選手も数多く輩出している学校です。

このような素晴らしい環境で3年間の高校生活を送るなんて、贅沢すぎます。

 

まあ、野球環境だけではないですが、門馬敬治監督の指導方法にも素晴らしい物があるからこそ、甲子園出場も成し遂げているんだと思います。

 

スポンサードリンク


 

門馬敬治監督のまとめ

 

本日は神奈川県の東海大相模高校野球部について記事を更新しました。

全国屈指の強豪校となった東海大相模高校ですが、今後も甲子園で圧倒的な強さで優勝する可能性も秘めています。

今後も門馬敬治監督率いる東海大相模高校野球部に注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク