宮下遥のエックス線画像流出はなぜ?怪我が完治し2019年は代表復帰に!

女子バレー

バレーボール日本代表のセッターである宮下遥選手ですが、何とエックス線画像が流出しているのだが、宮下遥選手本人の物なんであろうか?怪我等もあり代表落ちを経験した宮下遥選手ですが現在の状況はどうなんでしょうか?気になりますね!他にも中学校時代や高校時代の宮下遥選手について調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

宮下遥のプロフィール

 

 

名前:宮下遥 (みやした はるか)

生年月日:1994年9月1日生まれ

出身地:三重県桑名市

身長:177cm

体重:58㎏

血液型:B型

出身中学:大阪国際大和田中学校

出身高校:大阪国際滝井高校

所属:岡山シーガルズ

スポンサードリンク


 

宮下遥のエックス線画像は本人の物?

 

宮下遥選手をネットで検索すると『エックス線画像』というキーワードが出現するのだが、いったい何故そのような画像が流出してしまうのだろうか?

気になったので調べて見たいと思います。

 

 

こちらが問題のエックス線画像らしいのですが、赤い丸で囲われた場所に異常があったようで、何故このようになってしまったのかと言うと、ジャンプと着地を繰り返し行う事で、膝に負担がかかってしまう怪我だそうです。

 

因みにこの画像は宮下遥選手の物では無く、似たような事例のエックス線画像だそうです。

 

バレーボール選手はかなりの回数のジャンプや着地を繰り返していますので、膝に負担がかかってしまうのは仕方ないのかも知れません。

宮下遥選手のポジションはセッターですので、かなり膝に負担がかかっていると思われます。

 

この怪我の影響で2018年の代表からは離脱していました。

怪我の傷みをこらえて強行出場した場合には選手生命を脅かすくらいの、酷い状況になってしまい、今後の試合にも出場出来なくなり引退も考えなくてはならなくなってしまいます。

ですから、しっかりと怪我を治していた為、代表からは離脱していたのである。

 

宮下遥選手本人もバレーボールが出来ない期間は非常に辛い思いだったと思いますし、日本代表にも選ばれなかった事で、多少の焦りもあったでしょう。

 

スポーツ選手に怪我は付き物ですが、やはり小さな怪我なら良いですが、大きな怪我となると数か月はバレーボールが出来ない状況が続きますので、悔しい思いは人一倍経験している事でしょう。

この怪我をプラスに考えて、更にパワーアップした宮下遥選手が楽しみですね。

 

2019年のワールドカップのメンバーにはしっかりと宮下遥選手の名前が出ておりましたので、恐らく膝の怪我は完治したのでしょう。

どれくらい試合で活躍出来るのか?

この辺りにも注目ですし、他にも佐藤美弥選手というセッターのライバルもいますので、どちらが起用されるのか、中田久美監督の起用方法にも注目したいところですね!

 

どうでしょうか、宮下遥選手の怪我が治ったばかりなので、セッターは佐藤美弥選手と交代で出場させるのでしょうか?

宮下遥選手の様子を見ながらってとこでしょうかね。

スポンサードリンク


 

宮下遥の中学校時代や高校時代について

 

小学1年生からバレーボールを始めた宮下遥選手ですが、大阪国際大和田中学校時代にアタッカーからセッターへ変更している。

 

2009年5月にはVプレミアリーグの岡山シーガルズに選手登録され、黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会に出場した。

14歳8ヵ月の出場は史上最年少であった。

 

2009年11月28日には、Vプレミアリーグの開幕戦で途中出場を果たした。

15歳2ヵ月での出場も史上最年少の記録である。

 

2010年3月23日には、2010年度全日本女子チーム登録メンバーの33名に選出された。

なんと15歳での日本代表選手となった。

 

高校は、大阪国際滝井高等学校へ進学。

高校卒業後の8月にはタイ戦でA代表デビューし、白星を飾った。

 

宮下遥選手のまとめ

 

本日はバレーボール日本代表のセッター、宮下遥選手について記事を更新しました。

怪我からの復帰し日本代表にも戻ってきたセッターは、どんなプレーを見せてくれるのか?

非常に楽しみです。

 

中田久美監督も現役時代はセッターでしたので、どのような起用方法をするのか、この辺りにも注目しながら試合を観戦するのも楽しみの一つになりそうです!

 

2020年には東京オリンピックの開催も控えていますので、2019年のワールドカップでどこまで体が動くのか、そして正セッターの座を射止める事ができるのか、今後の宮下遥選手には大注目です!

怪我だけは気を付けてプレーして欲しいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク