松島幸太朗の出身中学校や高校時代は?100mトライをもう一度見たい!

ラグビー日本代表

ラグビー日本代表の松島幸太朗選手ですが出身中学や出身高校について調べて見たいと思います。出身高校は神奈川県の桐蔭学園高等学校なんですが、花園でのプレーが非常に印象に残っている。高校時代から足を使ったプレーで、高校生離れしていた選手でした。本日は松島幸太朗選手について調べて行きたいと思います。





スポンサードリンク


 

松島幸太朗選手のプロフィール

 

 

名前:松島幸太朗 (まつしま こうたろう)

生年月日:1993年2月26日生まれ

出身地:プレトリア

出身高校:桐蔭学園高等学校

所属:サントリー

身長:178cm

体重:88㎏

血液型:A型

ポジション:センター、ウイング、フルバック

スポンサードリンク


 

松島幸太朗選手の出身中学校

 

松島幸太朗選手は中学1年生の時は南アフリカで生活し、中学2年生の時に日本へ戻ってきました。

出身中学校ですが、文京区立文林中学校の出身です。

 

日本に戻って来た時に本格的にラグビーを始めた松島幸太朗選手ですが、『ワセダクラブ』に入りプレーしていた。

このワセダクラブはラグビー以外にも、サッカーやゴルフ、柔道などもあり様々なスポーツの指導を行っている団体である。

スポンサードリンク


 

松島幸太朗選手の出身高校

 

中学校を卒業した松島幸太朗選手は神奈川県の桐蔭学園高等学校へ進学しラグビー部に入部する。

入学し1年生の時から主力として活躍し、高校時代は3年連続で花園出場を果たしている。

 

第89回全国高等学校ラグビーフットボール大会では決勝戦まで進出したが、東福岡高校に5-31で敗れて惜しくも優勝を逃した。

最終学年となり第90回全国高等学校ラグビーフットボール大会では前年度と同じ東福岡高校との決勝戦となり31-31の同点となり、両校優勝となった。

 

2年連続で全国大会決勝まで進むのは中々出来る事では無いですし、素晴らしい成績だと思います。

松島幸太朗選手はその中でも中心選手で活躍していました。

 

高校時代の活躍ぶりを動画でご覧ください!

 

私はラグビーの事はど素人ですので、詳しい事は分かりませんが、上の動画の様に敵陣から走って抜けていくプレーは見ごたえがあるプレーだなって思いますね。

高校時代の松島幸太朗選手はテレビで何度か拝見しましてましたが、高校生離れしていて、日本代表になるんじゃないかなって当時は思っておりましたが、本当に日本代表になっているので、ちょっと嬉しいですね。

 

高校日本代表にも選出されており、高校時代から魅力のある選手でしたね。

高校を卒業後は数々の大学から誘いがあったそうです。

あれだけのプレーをする選手ですから、どこの大学も喉から手が出る程欲しかったでしょうね。

 

しかし、松島幸太朗選手は大学には進学せず、出身地である南アフリカのラグビーチーム『シャークス』の育成組織に2年間在籍し、U-20の代表候補に選ばれたのですが、『日本代表で強いチームに勝ちたい』との理由で辞退しているんです。

 

日本人としては非常に嬉しい事ですね。

もともと松島幸太朗選手はジンバブエ出身の父親と日本人の母親との間に生まれた。

詳しい内容は書きに書きました。

 

2年後に再び日本へ戻り、サントリーサンゴリアスに加入している。

2014年5月3日に行われたフィリピン戦が、日本代表として初キャップとなった。

スポンサードリンク


 

松島幸太朗選手のまとめ

 

本日はラグビー日本代表選手である松島幸太朗選手について記事を更新しました。

高校時代から非常にレベルの高い選手でした。

あれから8年も経ち、現在26歳となりました。

2019年のワールドカップにも選出されているので、どんなプレーを見せてくれるのか非常に楽しみな選手です!

 

2019年のワールドカップでは、桐蔭高校時代に見せた100mトライを是非再現して欲しいと思います。

ワールドカップ楽しみです!

松島幸太朗選手応援しております!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク