松川虎生(市和歌山)の出身中学やヤングは?高校通算本塁打は何本?

高校野球

和歌山市立和歌山高等学校野球部が2021年選抜高校野球大会に出場する。

エースである小園健太投手に注目が集まっているが、私は捕手である松川虎生選手にも注目しております。

松川虎生選手はどのような選手なのか、出身中学やどこのチームに所属していたのか気になるところですね。

それから高校通算本塁打数についても調べてみました。

スポンサードリンク


 

松川虎生のプロフィール

 

名前:松川虎生 (まつかわ こう)

 

生年月日:2003年10月20日生まれ

 

出身地:大阪府

 

身長:178㎝

 

体重:98キロ

 

出身中学校:阪南市立鳥取東中学校

 

出身高校:和歌山市立和歌山高等学校」

 

松川虎生の出身中学について

 

松川虎生選手の出身中学についてですが、プロフィール欄にも書きましたが、大阪府阪南市にある阪南市立鳥取東中学校の出身です。

鳥取県の中学校かと最初は思いましたが、大阪にある中学校なんですね。

 

松川虎生の中学時代について

 

松川虎生選手は中学校の野球部には所属しておらず、ヤングリーグの貝塚ヤングに所属しておりました。

貝塚ヤング時代の松川虎生選手はどんな選手だったのでしょうか?

 

中学時代には全国優勝を経験しており、同じ市和歌山高校のエースである小園健太投手も貝塚ヤング出身で、バッテリーを組み全国優勝を成し遂げている。

全国優勝ですから、全国の強豪校からの誘いがあったと思いますが、なぜ市立の高校を選んだのだろうか?

 

 

貝塚ヤングの監督が、市和歌山高校野球部OBでヤクルトの川端慎吾選手の父だそうで、身近なところで甲子園に行きたいという気持ちがあり、市和歌山高校への進学を決めたそうです。

 

やはり複数の強豪校から誘いはあったようです。

大阪出身ですから恐らく大阪桐蔭などの強豪校から声はかかったでしょうね。

でも、和歌山県の市和歌山高校を選んだわけですが、和歌山県には智弁和歌山という強豪校がいますので、なかなか夏の甲子園に出場するのは難しいと思いますが、それでも市和歌山高校を選んだのはかなり勇気のいることだと思います。

 

下記のSNSでは全国優勝を決めたサヨナラのシーンです。

チャンスで一本打てるところは流石ですね!

 

 

松川虎生の高校通算本塁打数は何本?

 

それでは気になる松川虎生選手の高校通算本塁打数は何本なんだろうか?

非常に気になるので調べてみました。

2021年2月現在の本塁打数は『31本』でありますが、コロナの影響が無ければもっと本塁打数は伸びていると思われます。

 

チームの4番バッターとして安打、打点、本塁打のチーム三冠王でもあり、主将としてもチームをまとめる選手である。

市和歌山高校のキーマンとして注目される存在である。

 

2021年の選抜高校野球大会にも出場が決定しており、甲子園でも本塁打が期待できるが、甲子園で何本の本塁打が出るのか、非常に楽しみである。

スポンサードリンク


松川虎生の二塁送球も凄い!

 

バッティングだけではなく、松川虎生選手は二塁送球も凄いんです!

松川キャノンと言って良いでしょう。

あの送球を見せられると、中々ランナーも走ることができないでしょうね。

 

 

体重もかなりあるが、機敏な動きにも注目しております。

甲子園ではどれだけ盗塁阻止をするのか、楽しみであります。

 

松川虎生のまとめ

 

本日は市和歌山高校野球部の松川虎生選手について記事を更新しました。

2021年の選抜高校野球大会にも出場が決定しているので、甲子園での本塁打が何本出るのか非常に楽しみである。

 

松川虎生選手のバッティングだけではなく強肩も見応えがあるので、盗塁阻止を何度するのかも楽しみですね!

 

公立高校の甲子園優勝が久しぶりにみることができるのか?

楽しみです。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので是非お読みください!

スポンサードリンク