松田瑞生の腹筋メニューやトレーニング方法が凄い!腹筋女王から世界女王へ

マラソン

女子マラソンの松田瑞生選手の腹筋が凄いと話題になっているようですが、どんなトレーニング方法なのか気になる人も多いようです。松田瑞生選手の腹筋を画像で見てみたのですが、ボディビルダーみたいな腹筋でバキバキに割れている!かなり鍛え上げられている感じがします。本日は松田瑞生選手について記事を更新したいと思います。





スポンサードリンク


 

松田瑞生選手のプロフィール

 

 

名前:松田瑞生 (まつだ みずき)

生年月日:1995年5月31日生まれ

出身地:大阪市住吉区

身長:158cm

体重:46㎏

出身中学:大阪市立大和川中学校

出身高校:大阪薫英女学院高等学校

所属:ダイハツ

 

【主な記録】

2018年1月28日 大阪国際女子マラソン 2時間22分44秒で優勝

2018年9月16日 ベルリンマラソン 2時間22分23秒 自己ベスト

スポンサードリンク


 

松田瑞生の腹筋トレーニング方法とは

 

松田瑞生選手をネットで検索すると『腹筋』とキーワードが出てきますが、かなり話題になっているようです。

実際に松田瑞生選手は『なにわの腹筋女王』とも言われているそうです。

女子マラソン選手の腹筋を気にした事がないので、今まで何とも思っていませんでしたが、松田瑞生選手の腹筋はどんな感じなのか?

気になったので調べて見たいと思います。

 

 

画像を見てもすぐ分かりますが、凄い腹筋であります!

無駄な脂肪が無く、体脂肪も非常に低そうな感じを受けますが、一桁台の体脂肪かも知れない。

 

 

詳しい松田瑞生選手の腹筋メニューは明らかになっていませんが、ネットの情報によりますと、1日1000回の腹筋をこなしているそうです。

10種類のメニューで鍛えている。

 

1日1000回って・・・。

1日1000回毎日継続してやり続けた結果が、あのバキバキに割れた腹筋になったんだと思います。

継続する事は非常に難しい事。

普通の人間なら三日坊主で止めてしまうところを、松田瑞生選手は休まず腹筋をやり続けたんでしょうね。

一流のランナーになる為には、ストイックにコツコツ継続することが大事なんですね。

 

それだけやり続ける選手ですから、精神力も半端ないくらいの持ち主だと思いますし、2020年の東京オリンピックにも選出される可能性は非常に高いと思いますね。

やはり何事にも継続し行う事で、良い結果も付いてくるんだと思います。

スポンサードリンク


 

松田瑞生選手の高校時代

 

 

松田瑞生選手の高校時代についてですが、名門の大阪薫英女学院高等学校の出身でありますが、1年生から期待され全国高校駅伝には全ての学年で出場している。

 

駅伝で全国で走りたいならここしかないという事で、大阪薫英女学院高等学校へ進学したのだが、部活動以外でも自主練習を積極的に行い、実家近くのジムに『練習量が足りなかったから、監督に内緒で通った。』こんなエピソードもあるくらいです。

 

結局、睡眠不足で学校に通学していた為、監督にバレてしまったそうです。

やはり、高校時代から凄い選手だったんですね!

人と同じ事をしていても、強くはならないですし良い結果も出ない。

凄い行動力のある選手だと思いますね。

 

松田瑞生選手からは陸上だけでなく、私生活でも学ぶ事が沢山ありますね。

やれば出来ると思わせてくれる選手ですし、尊敬しますね。

スポンサードリンク


 

松田瑞生選手のまとめ

 

本日は女子マラソンの松田瑞生選手について記事を更新しました。

2020年東京オリンピックのフルマラソンの代表選手に近いと言われているランナーです。

やはりそれなりの練習量をこなしているからこそ、大舞台に立てるんだと思いますし、東京オリンピックでもメダル獲得に期待がかかる選手となるんでしょう。

 

こんごも松田瑞生選手から目が離せませんね。

期待しております!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク