楠城徹監督(九州国際大付属)の経歴や指導方法。野球部の寮やグランドは?

高校野球

福岡県北九州市にある九州国際大学附属高校野球部は甲子園でも準優勝の経験のある名門高校である。

そんな九州国際大学附属高校野球部の監督を勤めるのは楠城徹監督であるが、楠城徹監督はどんな経歴があるのか気になるところ。

そして、楠城徹監督はどのような指導方法で甲子園に導いているのか、日々の練習方法など調べてみました。

九州国際大学附属高校野球部の寮やグランドについても調べてみた。

スポンサードリンク


 

楠城徹監督のプロフィール

 

 

名前:楠城徹 (くすき とおる)

生年月日:1950年12月22日生まれ

出身地:福岡県北九州市

出身高校:福岡県立小倉高等学校

出身大学:早稲田大学

球歴:西武ライオンズ

 

楠城徹監督の高校時代について

 

楠城徹監督の高校時代はどんな選手だったのだろうか?

プロフィール欄にも書きましたが、楠城徹監督は福岡県立小倉高等学校の出身であり、野球部では捕手としてプレーしている。

 

高校2年生の時には、明治維新百年記念明治神宮野球大会に出場し、決勝戦まで進出したが、惜しくも日体荏原高校に5−6で敗れ準優勝となった。

 

高校3年生の時には1969年の春の選抜高校野球大会に出場。

1回戦で三沢高校と対戦し、2−4で敗退している。

 

その後のドラフト会議では読売ジャイアンツから7位指名を受けたが、入団を拒否して早稲田大学へ進学した。

なぜ、読売ジャイアンツの指名を拒否したのかは明らかになっておりませんが、まだプロでは通用しないと考えたのか、下位での指名だったので、大学進学に切り替えたのかも知れませんね。

 

楠城徹監督の大学時代について

 

福岡県立小倉高等学校を卒業後は早稲田大学に進学した楠城徹監督は、大学4年生の春季大会で優勝を果たし、打率2位の成績もありベストナイン(捕手)に選出された。

 

第二回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、6試合先発マスクを被った。

早稲田大学の同期には県立岐阜商業高等学校野球部監督である、鍛治舎巧監督がいる。

甲子園では同級生対決を見てみたいが、中々甲子園で両校が出場する機会が無い。

 

2022年の選抜高校野球大会には九州国際大学付属が出場濃厚ですが、県立岐阜商業は岐阜県大会で敗退している為、選抜大会への出場はかなり厳しい状況である。

 

早稲田大学卒業後は、ドラフト会議で2位指名を受けた太平洋クラブライオンズ(西武ライオンズ)に入団して、1年目から1軍に定着した。

 

楠城徹監督の指導方法について

 

九州国際大学付属高校野球部の監督に就任したのが、2014年6月。

翌年の2015年には第97回全国高等学校野球選手権大会に出場し、準々決勝まで進出した。

 

プロ野球経験者である楠城徹監督は高校野球の指導者になるために、学生野球資格の回復の認定を受けて、監督に就任しているが、元プロ野球選手の指導者で甲子園で勝利したのは楠城徹監督が春夏合わせて初の勝利だった。

 

就任後1年で甲子園に導いた楠城徹監督ですが、どのような指導方法で甲子園に導いたのだろうか?

何か特別な練習方法があるのだろうか?きになりますね。

 

一個人として、選手を尊敬すること。何でも言いやすい環境を作ることを心がけている。部員は70人いるけど、よそ見をせず、(選手にとっては)大事な2年半を接していきたい

 

上記の楠城徹監督のコメントは監督就任後のコメントですが、文を読む限りでは、選手思いの監督といった印象を受けますね。

 

打撃練習や守備練習は当たり前のことですが、技術練習以外のところも高校野球には必要だと思います。

レギュラーだけではなく、野球部全員をしっかり面倒を見るという指導方法。

 

選手一人一人で技量や成長度合いも違いますので、型にハマった練習はしないようです。

選手達も楠城徹監督の指導方法だったら、練習し易いのでは無いだろうか。

練習に付いていけない選手も中にはいるだろう、しかし個人個人の練習方法であれば、そのような事は無いですからね。

 

九州国際大学付属高校野球部の寮やグランドについて

 

楠城徹監督率いる九州国際大学付属高校野球部には寮はあるのだろうか?

そして、グランドはどのような環境が揃っているのか、気になるところですね!

 

九州国際大学付属高校野球部は寮も完備されているようです。

ベンチ入りメンバーの出身地を見てみると、地元福岡県の選手が多いようですが、県外の選手もいるようですね。

九州地区の県外選手もいますが、愛知県出身の選手もいます。

 

そして野球部のグランドについてですが、学校の敷地内ではなく、別の場所に専用グランドが完備されているようですね。

授業が終わったら、スクールバスで移動して練習をしているようですね。

 

屋内練習場があるのかは分かっておりません。

その他どのような施設があるのかは、もう少し調べてみますね。

 

楠城徹監督のまとめ

 

楠城徹監督について書きましたが、元プロ野球選手である監督ですから、野球については他の監督よりも良く知っている監督だと思います。

現役時代は捕手を務めていましたので、捕手に対する指導方法もやはり少し熱が入るのだろうか?

 

2022年の選抜高校野球大会への出場も当確しておりますので、甲子園での活躍も期待したいところです。

どのような作戦で勝負してくるのか、非常に楽しみです。

楠城徹監督の初優勝なるか、甲子園からは目が離せませんね。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク