栗林良吏のドラフト1位指名は確実か!名城大学での成績や動画も紹介!

ドラフト情報

 

さて、2018年のドラフト会議が近づいてきました!今回は名城大学の栗林良吏投手についてブログを更新したいと思いますが、栗林良吏投手は大学日本代表にも選出されている期待の投手でもあります。高校時代などもご紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

栗林良吏投手のプロフィール

 

 

名前:栗林良吏 (くりばやし りょうじ)

出身地:愛知県愛西市

生年月日:1996年7月9日生まれ

出身中学:愛西市立佐織中学校

出身高校:愛知黎明高等学校

身長:177cm

体重:77㎏

投打:右投げ右打ち

ポジション:投手

 

栗林良吏投手は小学校2年生から野球を始め、佐織中学時代は軟式野球の藤華クラブに所属している。

佐織中学校には軟式野球部が無かったのでしょうか?

軟式チームの藤華クラブに所属していたそうですが、少し変わった経歴ですね。

硬式野球のボーイズリーグやシニアリーグ等に所属するのなら分かりますが・・・。

 

高校時代には愛知黎明高等学校へ進学。

愛知黎明高等学校は旧弥富高等学校として甲子園出場の経験もある。

しかし、栗林良吏投手の高校時代には甲子園出場は叶わなかった。

 

高校2年生の時には3番・遊撃手でレギュラーを獲得し愛知県大会決勝まで勝ち進んだが惜しくも敗れ準優勝となった。

このように高校2年生までは遊撃手として活躍しておりましたが、高校2年の秋から投手へ転向し本格的に投手として活躍する。

遊撃手から投手への転向ですから、コントロールは良いと思いますし、愛知黎明時代の監督も投手としての素質を見抜いていたのかも知れませんね。

愛知黎明高校3年の夏には5回戦まで勝ち進んだが甲子園出場は叶わなかった。

3年の夏にはエースで4番を任されている。

 

愛知黎明高校を卒業後は名城大学へ進学し1年生の春からリーグ戦に出場しており、期待の新人として活躍し9試合に出場し5勝をマーク、防御率も1.69という好成績で新人王を獲得している。

大学2年生夏の代表選考合宿では151キロを計測し、同年秋の愛知学院戦では153キロをマークしている。

大学3年生の中京大学戦でリーグ史上12人目となるノーノーを達成した。

2年秋、3年秋には明治神宮大会に出場。

3年時には日本代表選手に選出され、海外を経験している。

スポンサードリンク


 

栗林良吏投手に対するスカウト陣の評価

 

2018年のドラフト会議で1位指名も予想される栗林良吏投手ですが、気になるプロのスカウトはどんな評価をしているのでしょうか?

気になるスカウトの情報を掲載しました。

 

・140キロ、141キロの球でもそれ以上に感じるキレがある。上位候補でしょう。

・ストレートの質が凄く高い。タテの回転が効いている。

・腕が振れていて、変化球もコースに投げられる。

 

プロのスカウトも上位指名確実との情報も出ております。

大崩れしないピッチングは安定感があり、将来楽しみな投手だと思います。

 

地元である、中日ドラゴンズが栗林良吏投手を指名するのではないかと噂されていますが、ドラフト会議当日にならないと分からないですね。

スポンサードリンク


 

栗林良吏投手のピッチング動画

 

それでは栗林良吏投手のピッチング動画を見てみましょう。

 

 

栗林良吏投手の動画を見ていると、元巨人のピッチャー川原純一投手に似ていませんか?

少し似ていると思います。

巨人のユニフォームも似合うような気がしますが、ドラフト会議当日は一体何処の球団から指名されるのでしょうか?

今から非常に楽しみですね!

スポンサードリンク


 

栗林良吏投手のまとめ

 

今回のブログでは名城大学の栗林良吏投手に注目して記事を更新しました。

2018年10月25日にドラフト会議が開催されますが、どの球団が獲得するのか非常に楽しみです。

恐らく栗林良吏投手は上位指名されると思います。

地元中日ドラゴンズへ入団して欲しい気持ちもありますが、私もドラフト会議当日は注目しておきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下にも野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク