小園海斗(報徳学園)生い立ちや守備位置の謎!U-18代表の選出の可能性は?

高校野球

報徳学園高校野球部の小園海斗選手と言えば守備も日本一のショートと言われている逸材です。大阪桐蔭の藤原恭大選手とはどんな関係なのか?気になる小園海斗選手の生い立ちや守備位置、彼女なのどのプライベートな情報を調べてみました。

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)のプロフィール

 


 

名前:小園海斗

生年月日:2000年6月7日生まれ

出身地:兵庫県宝塚市

出身中学:兵庫県宝塚市光が丘中学校

出身ボーイズ:枚方ボーイズ

身長:178cm

体重:73キロ

 

小園海斗選手は中学校時代には野球部に所属せず、ボーイズリーグの枚方ボーイズに所属しております。

甲子園出場選手を見ても、ボーイズリーグやシニアリーグの出身選手が非常に多いですね。小学校、中学校から硬式野球で練習している選手は高校に入っても、ボールに慣れているのでスムーズに打球の処理ができると思います。

報徳学園2年生の時にはU-18ベースボールワールドカップのメンバーに選ばれております。2年生で世界大会のメンバー入りは非常に素晴らしい事だと思います。

同じ2年生でメンバー入りした大阪桐蔭高校の藤原恭大選手も素晴らしい選手です。

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)と藤原恭大(大阪桐蔭)との関係は?

 

報徳学園高校野球部の小園海斗選手と大阪桐蔭高校野球部の藤原恭大選手の関係ですが、中学時代に所属していたボーイズリーグ(枚方ボーイズ)にお互い所属していたのです。

中学時代にお互いライバルとして切磋琢磨してきた相手ですから、高校へ行っても連絡が途切れる事は無いと思います。

お互いが進んだ高校は違いますが、目指す場所は同じ甲子園球場ですから、色々連絡をしたりする事もあるでしょう。

中学時代の小園海斗選手と藤原恭大選手の貴重な画像がありましたので、掲載しておきます。

 

この写真では左下の二人が小園海斗選手と藤原恭大選手だと思います。

 

こちらの画像を見ると、今の顔とさほど変わりは無いようです。

 

私もボーイズリーグで硬式野球を小学校と中学校で経験させていただきましたが、今でも球友には会いたいなって思います。

もう25年以上も前なので、もし再開したとしても、顔と名前が一致しない人物もいるかもしれませんね。(笑)

 

小園海斗選手と藤原恭大選手は第100回全国高校野球選手権記念大会にお互いが出場しております。

そして話題になっているのがお互い同じグローブとスパイクを買い揃えたと言う話です。

その記事をこちらの記事にまとめてありますので是非ご覧ください!

 

報徳学園と大阪桐蔭が勝ち進んだ場合、二人の対戦が実現する可能性もあります、お互い野手なので、二人が至近距離になれる場所と言えば、2塁ベース上です。

大阪桐蔭高校の藤原恭大選手が塁に出て2塁ベース上に進んだ時がちょっと楽しみです!NHKのカメラが二人を映してくれると良いのですが、実現した時は楽しみにしておきます。

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)の守備位置の謎

 

第100回全国高校野球選手権記念大会の聖光学院戦をテレビで観戦していたのですが、小園海斗選手の守備位置がかなり深かったんですよね!

テレビの解説者の方も、守備位置の事を触れておりました。

 

「外野の芝生エリア付近の深い守備位置は、強靱な脚力と強肩の証し。最近のメジャーは、肩と脚力のある選手を重視する傾向がある。今大会いちばんメジャーに近い選手」

 

ネットの記事でも上記のように書かれておりました。

外野の芝生付近で守っている小園海斗選手は守備に自信があるからこそ、あの深い位置で守る事ができると思います。

やはり、超高校級の選手はスケールが違いますね!

 

その守備位置の画像がありましたので掲載しておきます。

 

小園海斗選手は俊足で長打力もあり、守備では強肩と堅実な守備を誇ります。

流石2年生でU-18日本代表に選出されただけありますね!

3年生でもU-18日本代表に選出される可能性が高い選手です。

U-18の選手発表も非常に楽しみです!

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)のまとめ

 

俊足強打の遊撃手としてプロも注目している小園海斗選手は、ドラフト1位指名確実ではないかと言われております。

第100回全国高校野球選手権記念大会では勝ち進んでおりますので、日本一のショートになる為には全国制覇もしなければならないと思います。

今後の小園海斗選手に大注目ですね!

それから、彼女の情報を調べてみましたが、全く情報がありませんでした。

やはり、甲子園を目標に日々努力してきた選手ですから、彼女を作る暇などは無いと思います。

彼女を作るなら、高校野球生活が終わってからかも知れませんね。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました!

下には高校野球関連の記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク