小園海斗(報徳学園)中学時代は枚方ボーイズで日本代表に!動画や画像で検証

高校野球

報徳学園高校野球部の小園海斗選手は中学時代はボーイズリーグの枚方ボーイズに所属し硬式野球を行っていた。そして枚方ボーイズ時代にはU-15侍ジャパン代表にも選出された逸材である。因みに大阪桐蔭高校の藤原恭大選手とは同じ枚方ボーイズのチームメイトである。本日は小園海斗選手の中学時代について調べてみます。

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)のプロフィール

 


 

 

名前:小園海斗

生年月日:2000年6月7日生まれ

出身地:兵庫県宝塚市

出身中学:兵庫県宝塚市立光が丘中学校

出身ボーイズ:枚方ボーイズ

身長:178cm

体重:73キロ

投打:右投げ左打ち

ポジション:遊撃手

 

小園海斗選手は報徳学園に入学後すぐにレギュラーになり、2年生の春の選抜大会ではベスト4に進出、2年生の夏にはU-18日本代表選手として世界大会に出場した経歴がある。

2年生でU-18の日本代表に選ばれる事は非常に凄い事であるし、野球センスと技術が高いレベルにあったからだろう。

走攻守3拍子揃った選手としてプロからも注目されており、2018年のドラフト上位候補と言われている逸材である。

小園海斗選手の母親は元なでしこジャパンのメンバーだったと言われています。小園海斗選手の高い身体能力は母親譲りなのかも知れません。

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)の中学時代の動画や画像

 

報徳学園の小園海斗選手と大阪桐蔭の藤原恭大選手は先程も書きましたが、枚方ボーイズのチームメイトであります。

U-15、Uー18には二人共選出されている野球エリートコンビである。

そんな二人はプライベートでも仲が良いと言われており、同じメーカーのグローブとスパイクを揃えたと話題にもなっている。

 

その画像がコチラです。


グローブの色は同じ色ですね!

小園海斗選手は遊撃手用のグローブで藤原恭大選手は外野手用のグローブですから、形は違います。

でも、この二人が甲子園の決勝戦で戦うとなると、グローブとスパイクの話題が取り上げられるかも知れません。あっ、決勝戦でなくても取り上げられそうですね!

 

他にも枚方ボーイズ時代の動画をご覧ください!

 

 

最後の動画はまだ線が細かったですね、中学1年生の頃の小園海斗選手の動画です。

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)高校時代の守備とバッティング動画

 

1年生の春からレギュラーとして活躍している小園海斗選手ですが、日本一の遊撃手として話題になっている。

中学時代と高校時代に日本代表選手に選出されている小園海斗選手ですから、プロ野球のスカウトからも熱い視線を送られており、2018年のドラフト会議では上位指名が濃厚との事です。

 

それでは小園海斗選手の華麗な守備とバッティングを見てみましょう。

守備範囲は非常に広いですね!

守備に安定感があるので、守っている他の選手も安心して見れるのではないでしょうか?

打球を取ってから投げるまでが非常に早いと思います。

1塁への送球もコントロール良く投げているので、非常に安定感がある選手ですね!

 

小園海斗選手のバッティング動画も見てみましょう!

小園海斗選手いやースゴイ打球ですね。

ホームランも打てるし、足も速い!

1番バッターであのバッティングをされたら、相手投手は投げづらいでしょう。

自分がピッチャーだったら、非常に投げづらいと思います。

 

甲子園ではどんなバッティングを見せてくれるのか、非常に楽しみな選手です!

スポンサードリンク


 

小園海斗(報徳学園)まとめ

 

高校3年生となる最後の夏に甲子園に戻ってきた報徳学園高校野球部の小園海斗選手ですが、恐らく他の学校からもマークされるであろう。

他の学校も小園海斗選手のデーターを分析して試合に臨んでくると思います。

しかし、それでもヒットやホームランを打ってくれると思っております。

小園海斗選手の活躍に期待していたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下には高校野球関連の記事がありますので是非お読みください!

スポンサードリンク