高校野球予想2019年夏優勝予想展望!ベスト8やダークホースを予想!

高校野球

2019年8月6日から行われる第101回全国高等学校野球選手権大会ですが、令和初となる優勝校はどこの高校になるのでしょうか?今回は私の独断ですがベスト8から優勝校までを予想してみたいと思います。一体どんな予想になるのでしょうか?





スポンサードリンク


 

第101回全国高等学校野球選手権大会展望

 

2019年8月6日から阪神甲子園球場で行われる第101回全国高等学校野球選手権大会の展望ですが、やはり高校生投手のBIG4と呼ばれている石川・星稜高校のエースである奥川恭伸投手が注目されております。他にも3人の投手がおり、他の高校であればエース級の素材である。星稜の投手力は非常に厚みがある。

 

その他の投手では明石商業の2年生エースの中森俊介投手にも注目しております。恐らく来年はドラフト上位候補間違いないピッチャーでしょう。

2年生ながら、あのマウンドさばきと安定感は全国でも上位に食い込む力は十分ある。

 

前橋育英のエース梶塚彪雅投手にも注目したい。140キロ超の直球と鋭く曲がるスライダーを武器に群馬大会の全5試合に登板し計40イニングで失点4と与四死球5、奪三振41は非常に安定感がある。

 

 

津田学園の前佑囲斗投手も選抜大会で甲子園のマウンドに上がっており、龍谷大平安相手に延長11回を被安打4に抑えたがチームは敗退。最速148キロのストレートと変化球でもカウントが取れる投手ですので、調子次第では上位進出もあるだろう。

 

筑陽学園の西舘昂汰投手にも注目である。選抜では二桁の背番号を背負っていたが、夏の甲子園ではエースナンバーを背負う。ストレートは最速145キロを投げ、ピンチに三振が取れるのは大きい。プロ注目の投手である。

 

近江の林優樹投手にも注目したい。昨夏も2年生エースとして甲子園のマウンドを経験し、金足農との準々決勝で逆転サヨナラ2ランスクイズで劇的な敗戦を経験している。

滋賀大会では4試合に登板し26回を投げて奪三振30、失点0という抜群の安定感を誇る。林優樹投手の出来次第では上位進出も多いにある。

 

ここまでは注目の投手をピックアップしましたが、2019年夏の甲子園大会ですが地方大会から有力校が敗退する波乱が起き、選抜優勝校である愛知・東邦高校も2回戦コールド負けをしている。

 

正直2018年の大阪桐蔭のように優勝候補筆頭のチームがいない。

どのチームが優勝してもおかしくない状況だと思います。

やはり投手が複数いるチームが有利で、打撃も重要ですが今回は投手力の高いチームが上位進出すると思っております。

スポンサードリンク


 

2019年夏ベスト8と優勝校は?

 

優勝校とベスト8の予想ですが、正直非常に難しいです。

甲子園では実力以上の力が出る場所であり、何が起こるか分からない場所。

私なりの予想をしてみました。

 

ベスト8予想

高松商業

星稜

明石商業

前橋育英

津田学園

筑陽学園

智弁学園

東海大相模

 

このように予想しました。

この中で優勝候補を絞るのも非常に難しい・・・。

東海大相模も6人の投手がいるので、優勝の可能性も非常に高いし、打撃も破壊力抜群である。

本命は東海大相模と言いたいのだが、今回はあえて明石商業を優勝候補に選びます。

 

明石商業の監督である、狭間善徳監督の手腕に期待している。

選抜ではベスト4に進んでいるチームで、夏は1勝もしていないが2019年夏は明石商業が頂点に立つのではないかと予想します。

スポンサードリンク


 

2019年夏の高校野球まとめ

 

2019年夏の高校野球のベスト8から優勝候補について更新しました。

優勝候補は兵庫県代表の明石商業と予想しました。

投手力と監督である狭間善徳監督の手腕に注目している。

 

狭間善徳監督は明徳義塾中学校時代に4度の全国大会優勝に導いた名将だ!

甲子園でも名将ぶりを発揮できれば頂点に立つのもあるだろう。

 

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク