小池祐貴の経歴や筋肉が凄い!野球から陸上へ転向しANAで金メダルを目指す!

陸上

陸上短距離走の小池祐貴選手に注目して記事を更新したいと思います。元々小学校から中学校迄は陸上競技をしていなかった小池祐貴選手ですが、何をしていたかというと野球をしていたそうです。しかも中学3年生の時にはエースで4番を務めていたというので驚ききです。そんな小池祐貴選手の経歴や筋肉も凄いと話題になっているので、調査してみたいと思います。





スポンサードリンク


 

小池祐貴のプロフィール

 

 

名前:小池祐貴 (こいけ ゆうき)

生年月日:1995年5月13日生まれ

出身地:北海道小樽市

身長:173cm

体重:73㎏

出身小学校:小樽市立桜小学校

出身中学:立命館慶祥中学校

出身高校:立命館慶祥高等学校

出身大学:慶應義塾大学総合政策学部

所属:ANA

スポンサードリンク


 

小池祐貴の学生時代

 

小池祐貴選手は小学校から中学校卒業まで野球をしていたそうで、中学3年生の時にはエースで4番を務めていたそうです。

中学生まで野球をしていて、陸上選手に転向するとは中々いないような気がしますが、陸上競技に転向した理由が『個人競技をやってみたい』という理由だったそうです。

確かに野球は団体競技ですし、一人の力では試合に勝つ事はできませんし、同じチームメイトとも協力していかなければ、試合に勝つ事はできませんからね。

 

中学3年生の時に100mの大会に出場した小池祐貴選手ですが、12秒21の記録を出したそうです。

やはり野球をしていても、運動神経が良い選手は何をしても結果を残すんですね。

 

野球から陸上へ転向した高校時代では、本格的に陸上競技をスタートさせ、1年生でいきなりインターハイに出場(2011)し100mでは準決勝まで進出している。国体でも100mに出場し1位と0秒05差に迫るタイムを出した。

高校から本格的に陸上をスタートさせたとは思えない活躍ぶりですね。

いきなり全国大会に出場するなんて普通では考えられないですよ・・・。

小池祐貴選手の身体能力の高さは素晴らしい物があると思います。

 

因みに陸上の短距離選手である桐生祥秀選手と同級生であり、全国大会では何度も戦っているが、全ての直接対決で勝つことができなかった為2位となっている。

桐生祥秀選手が欠場した日本ジュニア選手権大会では100mを10秒43のタイムで1位を獲得し、初の全国大会のタイトルを獲得した。

 

高校を卒業後は慶應義塾大学へ進学し陸上競技を更に磨きをかけた。

慶應義塾体育会競争部では100代目主将となって、チームのまとめ役となった。

2017年9月の日本インカレ200m決勝では自己ベストとなる20秒58の記録を出し優勝に輝いた。

 

このように小池祐貴選手は高校から本格的に陸上競技をスタートし学生時代にはトップクラスのタイムを叩き出している。

今後も注目される選手になることは間違い無いだろう。

スポンサードリンク


 

 

小池祐貴の筋肉が凄いと話題になっている

 

ネットで小池祐貴選手を検索すると『小池祐貴 筋肉』というキーワードが出来ている。

小池祐貴選手の筋肉について興味を持っている方が多数いるという事だ!

それでは、小池祐貴選手の筋肉がどんな感じなのか調べて見ました。

 

 

女性にも人気があるようですね!

前からめっちゃタイプって投稿されていますが、リレーだけじゃなくもっこりにも期待?と投稿されておりますが、もっこりって何だ?(笑)

 

 

それから上記の画像ですが、小池祐貴選手の太ももの筋肉がヤバイ!

凄い太ももですよね!何センチあるのでしょうか?

日々のトレーニングの成果が太ももに表れているのでしょう。

ボルト選手でもあそこまでの太ももはしていなかった記憶があります。

スポンサードリンク


 

小池祐貴のまとめ

 

本日は陸上選手である小池祐貴選手について記事を更新しました。

野球から陸上に転向し世界でも活躍中の小池祐貴選手です。

2020年の東京オリンピックではどんな成績を掴むことができるのか?

今後の小池祐貴選手には注目ですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク