小深田大地のパンチルーティーン動画!高校通算本塁打の更新なるか?

高校野球

大阪の履正社高校野球部にプロ注目のバッターがいる。

小深田大地選手ですが、打席に入る際に行うルーティーンが少し変わっている。

最初初めてテレビで見た時は、相手投手に向かってパンチしている様に見えて、相手投手を威嚇しているのかと思ってしまいました。

どんなルーティーンなのか動画で見てみたいと思いますが、その他にも高校通算本塁打数が34本という素晴らしい打者で、甲子園の交流試合では本塁打も期待されます。





スポンサードリンク


 

小深田大地のプロフィール

 

 

名前:小深田大地 (こぶかた だいち)

生年月日:2002年生まれ

出身地:兵庫県姫路市

身長:176cm

体重:85㎏

投打:右投げ左打ち

出身中学校:姫路市立飾磨中部中学校

出身高校:履正社高等学校

所属:姫路アイアンズ

 

小深田大地のルーティーン動画!

 

小深田大地選手は打席に入る際に毎回同じ動作で打席に入る。

そのルーティーンが相手投手にパンチをしているように見えるので、『パンチルーティーン』と私は名付けました。

 

なぜあのようなルーティーンにしたのか?

先日行われた大阪府の独自大会である大阪桐蔭戦で、解説の方が何か説明していましたが、私もハッキリと覚えていないのですが、左手がスムーズに出やすくしているとか話していたような気がします。

 

どんなパンチルーティーンなのか動画で見てみましょう。

 

相手投手の方向に拳を付き出すポーズで、打席に入ります。

2年生の夏の甲子園では違うルーティーンで打席に入っていましたが、2020年になってから、少し変更したようですね。

 

因みに下記の動画は2年生の夏の甲子園の時のルーティーンです。

 

どちらにしろ、威圧感ありますよね。

ピッチャーも非常に投げづらいのではないでしょうか?

2020年の甲子園交流試合では、小深田大地選手のルーティーンが見られるのか?

当日の試合が非常に楽しみですね!

スポンサードリンク


 

小深田大地の高校通算本塁打数は?

 

現在の小深田大地選手の高校通算本塁打数は34本を放っている。

プロ注目のバッターとしても注目されている小深田大地選手ですが、甲子園で注目したいのが、やはり本塁打ですね!

 

甲子園交流試合は1試合しか行われませんので、小深田大地選手としても1打席集中して打席に入らなければいけませんが、相手投手も厳しいところへ投げてくると思うので、中々打つのは厳しいかもしれませんね。

 

しかも相手が、2019年夏の甲子園決勝戦の相手である星稜高校。

星稜高校も昨年度のリベンジに燃えていると思うので、かなり厳しい試合になるような気がします。

 

相手の星稜高校も昨年の甲子園経験者が多く残っているので、中々見ごたえのある試合になりそうです。

 

しかし、そういった厳しい環境の中でも小深田大地選手は何かやってくれそうな予感がします。

プロのスカウトへアピールする場は、やはり甲子園だと思うので、本塁打を打って欲しいですね!

スポンサードリンク


小深田大地のパンチルーティーンのまとめ

 

本日は履正社高校野球部の小深田大地選手についてブログを更新しました。

小深田大地選手のバッティングは非常に打球が速いですし、スイングスピードも桁外れですから、甲子園でも注目しております。

 

高校生活最後の試合が甲子園の交流試合となりますが、一発大きな本塁打を期待しております。

頑張って下さい!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク