桐敷拓馬の高校時代や中学時代は?ドラフト注目の甲子園出場経験は?

ドラフト情報

プロ注目の投手である桐敷拓馬投手(新潟医療福祉大学)がドラフト上位候補と言われており、どんな投手なのか気になる人も多いだろう。

ドラフトでは上位指名濃厚との話ですが、どの球団が指名するのか楽しみですね!

ストレートの最速スピードや球種など桐敷拓馬投手の詳細も調べてみました。

中学時代や高校時代の桐敷拓馬投手はどんな投手だったのだろうか、高校時代に甲子園出場経験はあるのだろうか?

過去から現在の桐敷拓馬投手について記事を更新しましたので、是非ご覧ください!

スポンサードリンク


 

桐敷拓馬のプロフィール

 

 

名前:桐敷拓馬 (きりしき たくま)

生年月日:1999年6月20日生まれ

出身地:埼玉県

身長:178㎝

体重:90㎏

投打:左投げ左打ち

出身中学校:鴻巣市立川里中学校

出身高校:本庄東高等学校

出身大学:新潟医療福祉大学

 

桐敷拓馬の中学時代について

 

それでは桐敷拓馬投手の中学校時代について書いていきたいと思います。

どんな中学時代だったのか気になるところですね!

 

桐敷拓馬投手は『行田シニア』に所属して硬式野球でプレーしていました。

シニアやボーイズといった硬式野球チームでプレーする選手は非常に多いですね。

やはり中学校から硬式野球に慣れていると、高校野球ですぐにプレーできるところは良いと思います。

 

特に行田シニア時代に全国大会に出場した等の情報は出ておりませんし、中学時代から注目されていた投手だった等の情報も出ておりませんでした。

 

桐敷拓馬の高校時代について

 

中学時代は『行田シニア』でプレーしていた桐敷拓馬投手ですが、高校は埼玉県にある本庄東高等学校に進学しました。

埼玉県の強豪校と言えば、浦和学院や花咲徳栄高校が有名ですが、名門校には進学せずに本庄東高校へ桐敷拓馬投手は進学しました。

 

高校入学後すぐにベンチ入りを果たす。

高校1年生の夏もベンチ入りしているので、監督からの信頼も厚かったのでしょう。

 

高校1年の秋には背番号1番を付けエースとして活躍。

高校3年生の最後の夏は5回戦で敗退している。

 

本庄東高校野球部の戦歴を調べてみると、埼玉県ではベスト8が最高成績であり、中々ベスト4の壁が破れない感じですね。

しかし、高校野球は試合をやってみないと分かりませんし、強豪校を倒す時もありますので、今後の本庄東高校野球部には注目ですね。

 

ですから、桐敷拓馬投手の高校時代は甲子園には出場経験はありません。

 

桐敷拓馬の大学時代について

 

桐敷拓馬投手は本庄東高校を卒業後、新潟医療福祉大学へ進学し、1年生の秋から登板しており、2年生の秋から主戦として活躍している。

大学4年生になり最速150キロを投げる投手となり、プロからも注目される投手となり、2021年のドラフト候補としても名前が挙がるようになった。

 

こちらが大学時代の桐敷拓馬投手の投球フォームです。

 

桐敷拓馬投手はストレートは150キロを投げ、変化球はスライダー、ツーシーム、チェンジアップ、フォークを投げる。

関甲新学生リーグ通算で21試合登板し4勝5敗の成績で防御率2.82

 

桐敷拓馬のドラフト指名は?

 

桐敷拓馬投手のドラフト指名についてですが、現在のところプロ10球団が視察に来るほど注目されており、ドラフト上位で指名されると予想されております。

貴重な左投手だけあって、球速も150キロを超える投球が魅力ですから、どの球団が指名するのか楽しみであります。

 

恐らく上位で指名されると予想されておりますが、2021年10月11日のドラフト会議が楽しみです。

何球団が指名するのか注目しております。

 

桐敷拓馬のまとめ

 

本日は新潟医療福祉大学の桐敷拓馬投手について記事を更新しました。

中学から高校まで無名投手でしたが、大学に入り急成長した投手であり、プロも注目する投手に成長した桐敷拓馬投手。

 

ドラフト会議で指名されればプロ入り後、更に成長する可能性もあるので、今後の桐敷拓馬投手には注目していきたいと思いますね。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので是非お読みください!

スポンサードリンク