キムラ緑子の学歴と結婚や子供は?旦那とは離婚し再び再婚している!

芸能

女優のキムラ緑子さんについてブログを更新したいと思います。キムラ緑子さんの出身高校や出身大学について気になるので調べて見たいと思います。元塾講師もしていたそうですが、頭の良い方かもしれませんね。そして旦那さんや子供についても気になるので調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

キムラ緑子のプロフィール

 

 

名前:キムラ緑子 (きむら みどりこ)

生年月日:1961年10月15日生まれ

出身地:兵庫県洲本市

血液型:O型

特技:ピアノ・華道・剣道

出身中学校:洲本市立青雲中学校

出身高校:兵庫県立洲本高等学校

出身大学:同志社女子大学学芸学部英文学科

所属:シス・カンパニー

スポンサードリンク


 

キムラ緑子の学歴(中学~大学)

 

気になるキムラ緑子さんの学歴について調べて見ました。

プロフィール欄にも書きましたが、キムラ緑子さんは兵庫県洲本市出身であり、中学校は洲本市立青雲中学校の出身である。

洲本市は淡路島にあり、自然豊かな島で育った。

 

そんなキムラ緑子さんは中学校時代、テニス部に所属していたそうです。

 

高校は進学校である、兵庫県立洲本高等学校の出身で高校時代は剣道部に所属していた。

中学でテニス部、高校では剣道部と体育会系の部活に入って活発な女の子だったキムラ緑子さんですが、テニス、剣道とどちらも似合っていると思います。

 

高校卒業後は同志社女子大学に進学した。

この大学を選んだ理由が、ファストフード店に行きたいという理由で島から出たかったからだそうです。

淡路島ってファストフード店が無かったんでしょうか?

でも、随分昔ですから本当に無かったのかも知れませんね。

 

同志社女子大学に進学すると、家賃2万4000円の学生限定マンションに住み、中華料理屋でアルバイトをしていたそうです。

しかし、数々のキャッチセールスに引っかかってしまい、磁器マットレスと羽毛布団に約30万円、英会話の教材に約20万円、エステに約45万円、印鑑に約25万円支払ったそうですが、印鑑は今でも使用しているそうです。

 

ここまで高額な物を買うという事は、頼まれたら断れない性格なんでしょうね。

キャッチセールスだけで100万円以上もお金を使うなんて、普通はあり得ませんよね。

 

同志社女子大学に入学した時に友人となった女性が、演劇少女だったようで、『サークルの演劇を見に行くからついてきて』と言われ、後に同志社大学の演劇部に入部した。

スポンサードリンク


 

キムラ緑子は結婚して離婚して再婚した!

 

キムラ緑子さんは、俳優であり、劇作家、脚本家、演出家の『マキノノゾミ』さんと1992年に結婚している。

しかし、2005年に円満離婚した。

そんなキムラ緑子さんとマキノノゾミさんは、その5年後に再び再婚している。

 

 

同じ相手と再婚する人は中々聞いたことが無いですよね。

やはりこれこそ運命の人だったのかも知れませんね。

最初に離婚したのも円満離婚したのもあったのかも知れませんが離婚理由は一体何だったのか、気になるところですが、少し調べて見ました。

 

キムラ緑子さんが女優として順調に仕事をしていた頃、『旦那さんが演出家だから良い仕事が来るのよ』このように陰口を叩かれていたそうです。

このように陰口を言われるのが嫌だった為、離婚を決意したそうです。

 

ですから、本当は離婚はしたくなかったんですね。

女優魂というか、負けたくない気持ちが非常に強かったんでしょう。

スポンサードリンク


 

キムラ緑子に子供はいるのか?

 

結婚し離婚し再び再婚したキムラ緑子さんとマキノノゾミさんとの間には子供はいないようですね。

雰囲気的に男の子がいそうな感じでしたが、調べてみると、お子さんはいないようです。

子供がいない理由は色々あるかと思いますが、詳しくは分かっておりません。

スポンサードリンク


 

キムラ緑子のまとめ

 

本日はキムラ緑子さんについて記事を更新しました。

2度も同じ男性と結婚をしたという、非常に珍しい方ですが、その理由には色々あったんですね・・・。

それだけ愛し合っていたという事でしょう。

 

年齢を重ねて、更に味のある演技に注目しております。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク