菊池雄人監督(札幌第一)の経歴や指導方法は?3年春には北海道大会V投手

高校野球

札幌第一高校野球部監督の菊池雄人監督はどんな人物なんだろうか?甲子園では春夏通算5度の出場を果たしているが、菊池雄人監督の経歴や性格が気になりますね!菊池雄人監督の高校時代も中々の成績だったそうですが、高校時代の菊池雄人監督についても調べて行きたいと思います。





スポンサードリンク


 

菊池雄人監督のプロフィール

 

 

名前:菊池雄人 (きくち たけひと)

生年月日:1972年6月21日生まれ

出身地:愛知県豊橋市

出身高校:札幌第一高等学校

出身大学:北海道教育大札幌校

職業:英語科教諭

スポンサードリンク


 

菊池雄人監督の経歴

 

気になる菊池雄人監督の経歴について調べて見たいと思います。

菊池雄人監督は札幌第一高校野球部の出身です。

高校現役時代は3年生の春に北海道大会で優勝し、夏は南北海道大会で準優勝で投手として活躍していた。

甲子園まであと一歩のところでしたが、高校3年間で甲子園出場経験は無い。

 

北海道教育大札幌校の3年生の春には札幌6大学リーグで優秀賞を獲得。

4年生の時には主将を務めた。

 

大学卒業後は1995年に石狩南高校野球部監督に就任し1998年には北海道大会でベスト8に導いた。

1999年に札幌第一高校野球部の部長に就任。

2001年から札幌第一高校野球部監督に就任している。

 

2019年現在は春の選抜に2回出場、夏の選手権大会に3度出場し甲子園出の采配は1勝5敗

そして、2019年の春の選抜大会に出場が決定している。

スポンサードリンク


 

菊池雄人監督の指導方法は?

 

菊池雄人監督の経歴は先程書いたが、気になるのは指導方法。

どのような指導方法で甲子園に導いたのか調べて見る事にしました。

 

北海道なので冬場は雪が積もり、グランドでの練習は殆どできない環境である。

そう考えると関東や関西の高校と比べたら、練習量に差がでるのでは無いかと思ってしまいますが・・・。

札幌第一高校野球部は専用グランドの他に、室内練習場が完備されている(35メートル×20メートル)

雪の影響を全く受けない環境があるのは頼もしいですね。

 

そして、大相撲の精神を手本としたメンタル強化にも注目したい。

菊池雄人監督はみんなが横綱になれる訳では無い。

それを支える人がいて伝統を守ってきたと話す。

 

本当に強い人は見られる事を受け止めて、『威厳・風格・配慮』このようなチームになれるように選手に伝えているそうです。

 

ふと思い浮かんだのが2018年の夏を制した大阪桐蔭高校野球部を思い出しました。

あの当時の大阪桐蔭高校は根尾昂選手や藤原恭大選手がいたスター軍団でしたが、あのチームこそが横綱に相応しいと思った次第です。

 

そして菊池雄人監督が掲げる信条に、『1点差を守る野球』がある。

これは菊池雄人監督が高校時代の3年の夏に南北海道大会決勝のマウンドに上がった。

勝利すれば甲子園出場決定という大事な試合である。

しかし、函館大有斗高校に1-2で敗れて惜しくも甲子園出場を逃した。

 

このような自身の経験から1点差を守る野球を選手達に指導しているのだ。

やはり接戦をモノにできるチームは強い!

接戦になる程、集中力が必要になるし、メンタルの部分も大きく関わってくる。

 

接戦で勝ったチームは次の試合にも波に乗る傾向がある。

札幌第一高校野球部が2019年選抜高校野球大会に出場するが、1点差で勝ち上がって行けば、甲子園で優勝もあるかも知れない。

甲子園での菊池雄人監督の采配に注目していきたいと思いますね。

スポンサードリンク


 

菊池雄人監督のまとめ

 

本日は札幌第一高校野球部の菊池雄人監督について記事を更新しました。

2019年の選抜高校野球大会ではどこまで勝ち進む事が出来るのか?

2018年の明治神宮大会で優勝した札幌大谷高校との試合では6-9で敗れているが点差を見る限りでは、そこまで力の差が無いのではないかと思っております。

ですので、2019年の選抜高校野球大会では優勝する確率もあるのではないかと思っております。

期待しております!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク