菊池涼介のパンチパーマはなぜあのようになったのか?噂から真実までを調査

プロ野球

広島東洋カープの菊池涼介選手ですが、パンチパーマになっておりますが、一体何が起こったのでしょうか?何かの罰ゲームなのか?それとも自分の好みでパンチパーマにしたのでしょうか?本日は菊池涼介選手のパンチパーマについて色々調べて見たいと思います。

スポンサードリンク


 

菊池涼介選手のプロフィール

 

 

名前:菊池涼介 (きくち りょうすけ)

生年月日:1990年3月11日生まれ

出身地:東京都東大和市

出身高校:武蔵工業大学第二高等学校

出身大学:中京学院大学

身長:171cm

体重:72㎏

 

菊池涼介選手の高校時代は、武蔵工業大学第二高等学校で甲子園を目指していた。

しかし、春夏両方共に甲子園出場はできなかった。

高校時代のポジションは三塁手。

 

高校卒業後は岐阜県の中京学院大学へ進学し、1年生の春からリーグ戦に出場しベストナインに5回選出されるなどし、遊撃手として大活躍した。

そして、2年生の時には三冠王も獲得し、チームがリードしている場面では投手としても活躍した。

そして、2011年のドラフト会議では広島東洋カープから2巡目の指名を受けて契約となった。

当時の契約金は7000万円、年俸は1000万円で契約。(金額は推定)

一軍での初出場は2012年。

 

ベストナイン1回

ゴールデングラブ賞5回

月間MVP2回

数々の賞を受賞している選手である。

スポンサードリンク


 

菊池涼介選手のパンチパーマについて

 

さて、菊池涼介選手の髪型のパンチパーマについてですが意外に似合っていると評判の様です。

パンチパーマって聞くと『昭和』を思い出してしまいます。

私も昭和生まれですので、パンチパーマと聞くとチンピラやヤクザの怖い人達がしている髪型という印象が強いです。

昭和から平成に時代が変わり、パンチパーマの人口も減少していきました。

そんな時代の流れに乗れなかったパンチパーマを菊池涼介選手がやってくれました。

 

下記は菊池涼介選手のパンチパーマ画像です。

 

 

写真を見ると、めっちゃイカツイですね!

プロ野球選手でパンチパーマをかけていた選手と言えば、この方。

パンチ佐藤選手を思い浮かべます(笑)

 

 

今の若い方は知らないかも知れませんが、オリックスで活躍した選手です。

勿論、ヘアスタイルはパンチパーマでした。

現在パンチ佐藤さんは何をしているのでしょうか?

後日調べてみたいと思います。

 

菊池涼介選手がパンチパーマにした理由ですが、色々調べて見た結果は山本浩二さんに憧れていたそうです。

山本浩二さんと言えば、ミスター赤ヘルで有名な選手でした。

 

山本浩二さんの現役時代は写真の通り、パンチパーマでした。

しかし、恐らくですが気合いを入れる為にパンチパーマにしたと個人的には思っております。

ヘアースタイルは個人の自由ですから茶髪でも全然良いと私は思っておりますが、茶髪よりもパンチパーマの方が気合いの入り具合が違うように感じます。

菊池涼介選手も思い切った事しますよね!

中々できない事だと思いますよ。

何か尊敬してしまいます。

自分にはできないので(笑)

 

昭和のプロ野球選手は結構パンチパーマ率が高かったと思います。

やはり時代の流行りもあったと思います。

時代は繰り返すと言う事ですね。

 

スポンサードリンク


パンチパーマもメリットがあるらしく、髪型が崩れにくいと言うメリットもあるらしいですね!

菊池涼介選手のまとめ

 

本日は菊池涼介選手のパンチパーマについて記事を更新しました。

山本浩二さんに憧れてパンチパーマにしたと言う事でした。

お二人のプレースタイルは違いますが、広島東洋カープを思う気持ちはお二人に共通していることではないでしょうか?

もっと活躍してもらい、2代目ミスター赤ヘルの称号を掴み取って欲しいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク