加藤慶二監督(長崎海星)の経歴や嫁と子供について!指導方法も調査!

高校野球

長崎・海星高校野球部の加藤慶二監督の経歴や年齢プロフィールも気になりますね!海星高校を甲子園に導いた加藤慶二監督の指導方法は一体どんな指導方法なのかも気になりますので、今回調べて見たいと思います。そして、嫁や子供についても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

加藤慶二監督のプロフィール

 

 

名前:加藤慶二 (かとう けいじ)

生年月日:1974年生まれ

出身地:広島県

出身高校:広島工業高等学校

出身大学:日本体育大学

社会人:JR九州

 

加藤慶二監督は高校時代、広島工業高校野球部で主将を務め、第74回大会でベスト8に進出している。

高校を卒業後、日本体育大学へ進学。

JR九州野球部を経て2001年に海星高校野球部監督に就任する。

2016年の選抜大会ではベスト8入りを果たしている。

 

2019年の夏の甲子園ではベスト4以上を目指していると意気込んでいる。

スポンサードリンク


 

加藤慶二監督の指導方法について

 

甲子園に同校を5度にわたり甲子園に導いている監督ですが、加藤慶二監督の指導方法とはいったいどんな指導方法なんでしょうか?

 

今の時代の子供達は優しい子供が多い、それでも負けず嫌いにならないと無理だと常に選手に話しているそうだ。

確かに、優しい子は野球でもレギュラーになれない事が多いような気がします。

 

元智弁和歌山高校野球部の高嶋仁監督も話していましたが、『気持ちが強い子は苦しい練習もどんどん乗り越えて、目に見えて上手になる。』

気持ちが弱い選手は、肝心な時に活躍しないと仰っていました。

 

普段は優しくて良いと思います。

野球をする時には、スイッチが入るくらいの選手で良いと思うんですよね。

グランド内では、俺がナンバーワンだ!そんな気持ちで野球をする選手じゃないと、ライバルにも抜かれてしまうし、ベンチ入りすらする事は出来ないでしょうね。

 

野球の技術は勿論ですが、野球って気の持ち方でピンチをチャンスに変える事が出来ると思っています。

一打サヨナラの場面で気持ちで打った!

そんな場面って多く無いですか?

 

やっぱり野球は気持ちの持ち方で勝敗が左右するスポーツだと思いますし、毎日の厳しい練習を熟していく中で、強い精神力が養われ、ここぞという時に活躍できる。

サヨナラの場面でヒットが打てる選手って、やっぱり精神的にも強いし集中力も高いです。

それなりに努力してきたからこそ、ヒットが打てるんだと思います。

 

甲子園に出場する監督の指導方法は非常に勉強になると思います。

野球以外でも社会に出て役に立つ事が多いですし、もっと深く掘り下げて落とし込めば、もっと成長する事ができると思います。

やはり、甲子園に出場する監督は運だけで無いのが証明されますね。

 

加藤慶二監督の嫁や子供について

 

加藤慶二監督の嫁や子供について調べて見ましたが、全く情報が無く、分かりませんでした。

海星高校野球部に専用の寮などがあれば、そういった情報も出ているかも知れませんが、調べたところ野球部専用の寮では無いそうですね。

 

野球部の寮がある学校の寮母さんは、監督の奥さんの場合も多いので、加藤慶二監督もそうなのかなと思いましたが、野球部専用の寮では無かったので、奥さんの情報は無かったです。

スポンサードリンク


 

加藤慶二監督のまとめ

 

本日は長崎・海星高校野球部の加藤慶二監督について記事を更新しました。

経歴や指導方法、奥さんやお子さんの情報を調べてみました。

2019年夏の高校野球大会にも出場し、古豪復活を成し遂げた長崎・海星高校です。

 

やはり加藤慶二監督の指導方法は間違っていなかったんですね。

監督としての甲子園最高成績はベスト8が最高ですので、是非ベスト4以上に進めるように頑張って欲しいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク