片山楽生(白樺学園)の読み方や出身中学は?イケメンで女性からも人気!

高校野球

白樺学園高校野球部の注目選手である片山楽生投手について記事を更新したいと思います。片山楽生投手の名前は(かたやま らいく)と読みます。出身中学や中学校時代の片山楽生投手はどんな選手だったのか調べて行きたいと思います。2020年の選抜高校野球大会にも出場が決定しておりますが、甲子園ではどんな投球を見せるのか楽しみな投手の一人です。





スポンサードリンク


 

片山楽生投手のプロフィール

 

 

名前:片山楽生 (かたやま らいく)

生年月日:2002年10月7日生まれ

出身地:北海道

身長:175cm

体重:74㎏

投打:右投げ左打ち

出身中学校:音更町立共栄中学校

出身高校:白樺学園高等学校

スポンサードリンク


 

片山楽生投手の中学校時代について

 

それでは片山楽生投手の中学校時代について調べて見たいと思います。

片山楽生投手は北海道にある音更町立共栄中学校の野球部出身で、軟式野球の出身者で硬式野球の経験は無い。

 

中学3年生の時には、全日本少年夏季軟式野球大会でベスト4迄進出している。

中学時代はエースで4番を打っており、投打で活躍した選手であった。

全日本少年夏季軟式野球大会では130キロを超えるストレートを投げていたそうで、中学時代から注目される投手だったそうです。

 

 

あの高知高校へ進学した森木大智投手もこの大会に出場していました。

 

しかし、軟式で130キロ越えは凄いですよね!

年々レベルが上がってきている感じで、数年後には140キロ台が当たり前の時代がくるのでしょうか?

 

甲子園に出場してくる選手は硬式野球経験者が多い中、片山楽生投手のように軟式野球経験者は少ない印象を受けますが、軟式野球経験の投手でも好投手は多い。

2019年の夏の甲子園を沸かせた、星稜高校野球部の奥川恭伸投手も軟式経験者。

 

それから片山楽生投手は十勝予選決勝でノーヒットノーランを達成したそうで、全国大会の切符を手に入れている。

決勝戦でノーヒットノーランですから、メンタル面も強い投手であろう。

 

そして片山楽生投手はピッチング以外にもバッティングにも注目されており、中学時代も4番を任されており、投打の柱と言っても良いだろう。

中学時代の全国大会でベスト4まで勝ち進んだ片山楽生投手ですが、中学生離れしたスイングをしていたそうで、当時から注目されていたそうです!

 

 

ピッチングにも注目が集まっているが、バッティングにも注目して甲子園を見るのも非常に楽しみな選手です。

スポンサードリンク


 

片山楽生投手がイケメンと話題に!

 

投打で話題の片山楽生投手ですが、野球以外にもイケメン選手として人気も高い!

2020年選抜高校野球大会にも出場が決定しており、甲子園ではファンも増えるのではないでしょうか?

Twitterでも片山楽生投手がかっこいい!とツイートしている女性もいますね!

 

 

甲子園では毎年イケメン選手がピックアップされており、片山楽生選手もランクイン間違いないと思います。

更に甲子園で勝ち進み、活躍すれば注目度もアップする事でしょう!

スポンサードリンク


 

片山楽生投手のまとめ

 

本日は白樺学園高校野球部の片山楽生投手について記事を更新しました。

白樺学園高校野球部は2019年明治神宮大会ではベスト4という成績で、2020年の選抜高校野球大会でも、優勝争いに食い込んでくると私は予想しております。

 

それには片山楽生投手のデキが鍵となるでしょう。

明治神宮大会では僅差でのゲームでしたので、甲子園でも僅差でのゲームで勝ち上がって行けば、ベスト4以上もあると思います。

甲子園ではどんなピッチングをするのか楽しみです!

 

片山楽生投手のピッチングとバッティングに注目していきたいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク