金沢成奉監督(明秀日立)の経歴や指導方法とは?韓国やケンカ別れの真相は?

高校野球

明秀日立高校野球部の監督である金沢成奉監督について書いていきたいと思いますが、金沢成奉監督は青森の光星学院で監督を勤めた経歴があり、甲子園にも出場経験がある名将だ。

そんな金沢成奉監督は現在、明秀日立高校野球部の監督を務めている。

どんな指導方法なのか、色々気になることがあるが、ネットで金沢成奉監督を調べていると、キーワードに『韓国』や『ケンカ別れ』というキーワードが出てくる。

気になるので色々調べてみました。

スポンサードリンク


 

金沢成奉監督のプロフィール

 

 

名前:金沢成奉 (かなざわ せいほう)

生年月日:1966年11月13日生まれ

出身地:大阪府吹田市

出身高校:太成学院大学高等学校

出身大学:東北福祉大学

 

金沢成奉監督の光星学院時代について

 

金沢成奉監督は1995年に青森県にある光星学院高校(現:八戸学院光星)の監督に就任し、春夏通算8回の甲子園出場に導いた。

巨人の坂本勇人選手は教え子で有名ですね。

 

2010年からは総監督として指揮しており、2011年夏からは3季連続で準優勝を成し遂げている。

 

しかし、監督としても結果を残している金沢成奉監督だったが、2012年8月末で光星学院野球部総監督を退任し、9月1日付けで明秀日立高校野球部監督に就任するという報道があった。

 

しかし、あれだけ結果を残していた金沢成奉監督がなぜ、他の高校へ移動することになったのだろうか?

ネットで金沢成奉監督を調べてみると、『ケンカ別れ』というキーワードが出てくるのだが、光星学院側と何かあったのだろうか?

 

金沢成奉監督のケンカ別れの真相とは?

 

金沢成奉監督の『ケンカ別れ』の真相についてですが、過去に週刊誌FRIDAYにも掲載されていたようですが、現在その内容を見ることができない。

どのような記事だったのかは分からないが、週刊誌に載るくらいですから、何かあったのだろう。

 

ただ、明秀日立高校からは監督として打診があったと書かれているので、同校から誘いがあったのは間違いない。

 

しかし、あれだけの功績を作った監督ですから、光星学院側も手放したく無かったと思いますが、金沢成奉監督が元々自分の中で決めていたことがあったようですね。

 

光星学院の田村龍弘選手が卒業するまで面倒を見ると、選手たちには話をしていたようです。

辞任する迷いもあったようですが、野球人としてチームを率いて日本一を目指す好機を物にしたかったと話していた。

 

ケンカ別れについては、辞める際に何かあったかもしれませんが、悪い方向へ週刊誌が書いたのか分からないが、そこまで大きな揉め事にはなっていないのでは無いかと思われますが、真相は明らかにはなっておりません。

 

金沢成奉監督は韓国人なのか?

 

こちらも気になる件ですが、金沢成奉監督について調べてみると、『韓国』というキーワードが出てくるのですが、金沢成奉監督は韓国人なんだろうか?

気になるので調べてみました。

 

調べてみると金沢成奉監督は在日韓国人だそうです。

韓国名は金成奉という名前だそうです。

在日韓国人は50万人ぐらいいるそうですね。

 

特に在日韓国人だからといって、高校野球に何も問題は無いと思いますし、現に指導者としても活躍している監督ですので、大きな問題は無さそうです。

 

金沢成奉監督のまとめ

 

本日は明秀日立高校野球部の金沢成奉監督について記事を更新しました。

金沢成奉監督は光星学院時代と明秀日立でも甲子園に導いている名将であり、今後も活躍が期待できる監督であります。

 

先日行われた関東大会でも初優勝を決めて、春の選抜高校野球大会出場もほぼ確定と言っても良いだろう。

関東大会1位で通過ということで、明治神宮大会にも出場することが決定した。

 

明治神宮大会と選抜高校野球大会での金沢成奉監督の手腕に注目したい。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!

スポンサードリンク