甲斐野央投手のドラフト1位指名は何処に?根尾昂に投げた動画も凄い!

ドラフト情報

東洋大学の甲斐野央投手。ドラフト会議で何処の球団が指名するか非常に楽しみになってきました。最速159キロのストレートはどの球団もとても魅力だと思います。Uー18高校日本代表と大学日本代表との壮行試合で、大阪桐蔭の根尾昂選手に投げたストレートは158キロを計測した。本日は東洋大学の甲斐野央投手について色々調べて行きたいと思います。

スポンサードリンク


 

甲斐野央投手のプロフィール

 

 

名前:甲斐野央 (かいの ひろし)

出身地:兵庫県西脇市

生年月日:1996年11月16日生まれ

出身中学校:黒田圧中学校

出身高校:東洋大姫路高等学校

身長:186cm

体重83㎏

投打:右投げ左打ち

守備位置:投手

 

甲斐野央選手は小学校3年生から野球を始める。

黒田圧中では軟式野球部に所属しており、ボーイズリーグやシニアリーグには所属していませんでした。

最近は小学校や中学校から硬式野球を始めている選手も多い中、甲斐野央選手は軟式野球で中学校時代を過ごした。

兵庫県選抜の選手として選出されKB全国優勝の経験もある選手である。

 

中学校卒業後は名門東洋大姫路高等学校へ進学し1年生の秋からベンチ入り。

中学校卒業後すぐにベンチ入りしている選手ですから、非常に有望な選手だったのでしょうね。

中々名門高校で1年生の秋からベンチ入りする選手は少ないと思います。

 

高校2年生の時には『背番号3番』を付けて兵庫県大会の3試合に登板し、決勝戦まで進むが惜しくも準優勝となった。

高校3年生の時には、春の県大会では3位となる成績を収めている。

最後の夏には兵庫県大会で三田松聖4安打10三振を奪う力投を見せるが、チームの打線が振るわず0-1の完封負けをしてしまう。

16強で高校最後の夏は終わった。

 

高校時代の甲斐野央投手の最速スピードは143キロでした。

現在の高校野球の投手は150キロを超える投手が沢山いますが、意外にも甲斐野央投手の高校時代の最速は150キロには到達していなかったようです。

高校時代からプロのスカウトに注目されていましたが、プロ志望届は出さずに東洋大学へ進学を決めている。

 

東洋大学へ進学後は1年生の秋からリーグ戦に出場し2年生の時に150キロを計測した。

その後は3年生になりエースの座を掴み東都2連覇を達成!

大学4年時には最速159キロのストレートを投げた!

 

甲斐野央投手は大学で一気に球速が伸びた投手であります。

結果論ですが、高校からプロに進まず大学に進んで良かったんではないでしょうか?

スポンサードリンク


 

甲斐野央投手に対するスカウト陣の評価

 

下記内容はスカウト陣のコメントです。

 

・あのスプリットはプロでも打てない。今でも直ぐにプロでも抑えができる投手。

・体が強いし、エンジンが大きい。

・スピードもあって、フォークも腕が振れている。大学でこういう投手はいない。佐々木主浩のフォークに近い球を投げている。凄いフォーク。

・メジャーでもやれるポテンシャルはある。

 

このようにプロのスカウトも甲斐野央投手を絶賛している。

間違いなく1位指名される投手であるし、複数の球団が1位で狙っているでしょう。

プロのスカウトも即戦力として評価しているので、プロに入って1年目から活躍する期待も大きい選手です。

新人王なんかも狙えるのではないでしょうか?

 

間違いなく2018年のドラフト1位で消える存在だと思います。

2018年10月25日に運命のドラフト会議が開催されます。

甲斐野央投手の入団先は何処の球団になるのでしょうか?

今から非常に楽しみですね!

スポンサードリンク


 

甲斐野央投手のピッチング動画

 

さて、ドラフト1位指名確実と言われている甲斐野央投手ですが、どんな投球フォームをしているのでしょうか?

初めて甲斐野央投手の存在を知る人は是非見てみましょう。

 

この動画は高校日本代表対大学日本代表の壮行試合でのピッチングです。

大阪桐蔭高校の根尾昂選手へ投げたストレートが158キロをマークしておりました。

動画でも分かりますが、根尾昂選手も苦笑いする程の球だったようです。

お互い2018年のドラフト上位候補ですから、力が入っていたと思われます。

プロでの対戦も今後見られるかも知れません。

スポンサードリンク


 

甲斐野央投手のまとめ

 

今回は2018年のドラフト上位候補である甲斐野央投手について記事を更新しました。

魅力のある剛速球としてプロ注目の選手ですし、即戦力と呼び名も高い甲斐野央投手です。

何処の球団が指名するのか非常に楽しみですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク