香川卓摩(高松商業)出身中学や球種や動画!父も春夏甲子園出場メンバー!

高校野球

2019選抜高校野球大会に出場する高松商業高校野球部の香川卓摩投手について記事を更新したいと思います。1回戦の春日部共栄戦では4安打13奪三振を奪う好投を見せた!テレビで観戦しておりましたが、小柄ですが非常に良い投手だなと思いましたので今回は色々調べて見たいと思いました。





スポンサードリンク


 

香川卓摩投手のプロフィール

 

名前:香川卓摩 (かがわ たくま)

生年月日:2001年7月3日生まれ

出身地:香川県

出身中学:さぬき市立志度中学校

出身シニア:東かがわシニア

身長:166cm

体重:60㎏

投打:左投げ左打ち

スポンサードリンク


 

香川卓摩投手の中学時代

 

プロフィール欄にも書きましたが、香川卓摩投手は中学時代に東かがわシニアでプレーしておりました。

中学時代の動画を探してみましたが、見つける事ができませんでした。

2016年リトルシニア全国選抜野球大会に出場経験のある投手ですから、多数の強豪校からの誘いもあった事でしょう。

しかも左投手ですからね!

 

しかし、2016年の選抜高校野球大会で高松商業が準優勝したのを見て、高松商業へ進学する事を決めたそうです!

当時の高松商業野球部は明治神宮大会でも優勝しており、注目されていたのを覚えております。

 

県立高校で全国でも上位に食い込んでくるチームですから、やはり監督である長尾健司監督の指導方法が良いんでしょうね。

高校野球は監督でガラッと変わると私は思っております。

どれだけ上手い選手を集めても、チームのまとまりが無ければ勝つことはできないし、選手のやる気を引き出すのは監督の指導方法で良くも悪くもなる。

 

高松商業高校野球部の長尾健司監督の記事はこちら

スポンサードリンク


 

香川卓摩投手の球種や動画

 

四国の小さな巨人として高松商業高校野球部を牽引する、エース香川卓摩投手の球種ですが、ストレートは最速141キロとそれ程早くはないが、スライダーの切れは非常に良い。

特に左バッターの外角に逃げるスライダーは三振も取れる。

 


 

 

2019年選抜高校野球大会での春日部共栄戦では4安打13奪三振を奪う力投を見せているが、ストレートも見た目以上に伸びがあるように感じましたね。

ストレートも低めに決まっておりましたので、打者も中々打つのは難しいかも知れません。

後はコントロールも非常に良く、大崩れする印象は無い印象を受けました。

 

香川卓摩投手は甲子園での初戦でありながら、あれだけのピッチングが出来たのはかなりの収穫だったのではないでしょうか?

やはり、初戦だと体も堅くなりがちですが、香川卓摩投手は良く腕も振れており次の試合の投球も非常に楽しみです!

スポンサードリンク


 

香川卓摩投手の父親も甲子園出場経験がある

 

香川卓摩投手の父親も高松商業のOBで1996年の春夏と甲子園に出場している。

春は1回戦で敗退。

夏は2回戦敗退。

1番センターで出場し、親子2代での甲子園となる。

 

香川卓摩投手は小学校2年生の時から毎年甲子園球場へ家族旅行で訪れており、観客席から見ていた甲子園のマウンドでしたが、今回は自分が甲子園のマウンドで投げるという、何とも言えない気持ちだろう。

 

父親の甲子園での記録は2回戦進出が最高ですので、2019年の選抜高校野球大会でどこまで進出できるかも楽しみですね。

 

2018年の明治神宮大会ではベスト4という好成績を残しておりますので、甲子園でも上位進出が期待されております。

香川卓摩投手の投球のデキがカギになってくるでしょう。

スポンサードリンク


 

香川卓摩投手のまとめ

 

本日は高松商業野球部のエース、香川卓摩投手について記事を更新しました。

2019年の選抜高校野球大会の1回戦で春日部共栄高校から4安打13奪三振を奪った小さな左腕は、次の試合でどんなピッチングを見せてくれるのか、非常に楽しみであります。

今回の2019年選抜高校野球大会は好投手が沢山いますが、間違いなく香川卓摩投手は好投手と言っても良いでしょう!

今後の活躍に期待します!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク