岩下修一の現在や高校時代は?白血病から復活し開幕投手を務める凄い選手!

プロ野球

岩下修一さんは元プロ野球選手であり、オリックスや日本ハムで活躍した。そんな岩下修一さんは現在どこで何をしているのでしょうか?オリックス時代には急性骨髄性白血病となり、入院し治療に励んだ。2002年には復帰後の開幕戦に先発出場を果たしている。白血病から復活した岩下修一さんの高校時代等について調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

岩下修一のプロフィール

 

 

名前:岩下修一 (いわした しゅういち)

生年月日:1973年6月2日生まれ

出身地:静岡県浜松市天竜区

身長:177cm

体重:87㎏

投打:左投げ左打ち

出身高校:静岡県立浜松工業高等学校

社会人:三菱重工自工名古屋→三菱自動車岡崎

スポンサードリンク


 

岩下修一の高校時代について

 

岩下修一さんの高校時代について、気になったので調べてみました。

岩下修一さんは静岡県の出身で、高校は静岡県立浜松工業高等学校へ進学している。

 

高校時代に甲子園に出場した経験は無いようですね。

ただ、浜松工業高校野球部は春の選抜に3回、夏の選手権に2回の甲子園出場経験がある学校である。

 

静岡県の甲子園常連校と言えば、最近では県立静岡高等学校が甲子園でも活躍しているが、最近の浜松工業高校野球部は甲子園から遠ざかっているようです。

 

そんな岩下修一さんですが、高校時代にはイチロー選手と同級生であり、当時愛工大名電のイチローさんとも対戦したそうです。

プロ野球でもイチローさんと同じオリックスに入っている岩下修一さん、イチロー選手とも仲が良いそうです。

スポンサードリンク


 

岩下修一のプロ野球時代について

 

岩下修一さんは社会人野球の三菱自動車岡崎から1999年のドラフト会議で4位指名を受けてオリックス・バファローズに入団した。

2000年には主に中継ぎ投手として活躍し44試合に登板している。

 

しかし、2001年7月に急性骨髄性白血病と診断され入院。

プロ野球選手としては絶望的だと思われていましたが、当時監督の仰木彬監督が翌年も選手として契約続行してくれたそうで、プロ野球選手として続行できることができ、岩下修一さんは入院中でもトレーニングを続けたそうです。

 

救ってくれた監督に恩返ししなければ。

抗がん剤の影響で、髪の毛も抜けて、体も弱った状態でしたが、入院中でもトレーニングを続けた結果、一軍へ再び戻って来たそうです。

 

恐らく岩下修一さんは入院中に桁外れの努力をしたんだと思いますし、精神的にも一回りも二回りも大きくなって帰ってきたんだと思います。

 

そして2002年の開幕戦で何と開幕投手に抜擢された。

これは恐らく仰木彬監督が復帰した岩下修一さんへのプレゼントだったんでしょう。

 

岩下修一さんは2003年には20試合に登板し、2勝を挙げる活躍をみせた。

そんな活躍にドカベンの作者である水島新司さんが、岩下修一さんの活躍に感動し、ドカベンの漫画に実名で登場させたそうです。

 

あのドカベンに登場できるなんて凄い事ですし、やはり岩下修一さん自身がどん底から這い上がったからこそだと思います。

 

そんな岩下修一さんですが、2005年に戦力外通告を受け、オリックスを退団。

その後、北海道日本ハムファイターズにテスト入団したが、1年で戦力外通告を受けた。

スポンサードリンク


 

岩下修一の現在は?

 

現役を引退した岩下修一さんですが、気になる現在何をしているのか?

現在は日本ハムファイターズで打撃投手を務めている。

 

 

現役は引退しましたが、まだまだボールを投げられるところは、流石ですね。

打撃投手という裏方の仕事ですが、自分の経験を後輩たちに伝える事もできるので、チーム内でも存在感は大きいだろう。

 

打撃投手と言っても、コントロールが良くなければ打者も練習になりませんからね。

打者の打ちやすい所に投げなければならないので、スタミナも必要なポジションであり、『打たれない投球から打たれる投球を投げなければならない。』

球数も200球位を毎日投げ込むそうです。

 

毎日ですから、かなり体の疲労も溜まると思います。

裏方も大変なんですね。

 

過去には70歳まで打撃投手を務めた人物もいるし、中には打撃投手から現役投手に復帰した例も何例かある。

 

気になる年俸は500万円から800万円位だそうですが、中には1000万円クラスの打撃投手もいるそうです。

高額の打撃投手は、用具係やスコアラーを兼ねている場合が多いそうです。

スポンサードリンク


 

岩下修一のまとめ

 

本日は元プロ野球選手であり白血病から復活した偉大な投手である岩下修一さんについて記事を更新しました。

 

高校時代は甲子園出場はしていませんでしたね。

 

岩下修一さんの現在は、日本ハムファイターズで打撃投手として第二の人生を歩んでおりました。

打撃投手を務める事ができるという事は、白血病も再発していないという事でしょう。

 

まだまだ現役で投げて欲しいですね。

何歳まで投げる事ができるのか?

今後の岩下修一さんには注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク