岩本大地(石岡一)彼女や両親の情報と出身中学も調査!ドラフトにも注目

高校野球

茨城県の石岡第一高校野球部のエースである岩本大地投手に注目が集まっていますね!147キロのストレートを投げる投手としてメディア等でも注目の投手として紹介されているが、2019年の選抜高校野球大会に出場する投手の中でも5本の指に入る速球を投げる投手である。岩本大地と検索すると事件と出てくるが何があったのだろうか?





スポンサードリンク


 

岩本大地投手のプロフィール

 

 

名前:岩本大地(いわもと だいち)

生年月日:2001年10月16日生まれ

出身地:茨城県

身長:175cm

体重:80㎏

出身中学:石岡市立八郷中学校

スポンサードリンク


 

岩本大地投手の彼女について

 

これだけメディアに騒がれている投手ですから、彼女もいるのではないかと思い、調べて見ましたが、彼女の情報は見つける事ができませんでした。

毎日野球の練習で彼女を作る暇も無いかも知れませんし、SNS等も一通り調べて見ましたが見つける事はできませんでした。

 

しかし、2019年の選抜高校野球大会に出場する事が決まり、県立高校として甲子園に出場するので注目度も高い。

石岡第一高校野球部のエースナンバーを背負う岩本大地投手ですから、女性からの注目度も選抜高校野球が始まるにつれて高くなるでしょう。

学校の中でも去年に比べて、間違いなく人気は上がっていると思います。

 

そして、岩本大地投手はポスト吉田輝星(日本ハム)とも呼ばれており、甲子園でも大化けする可能性を秘めている投手である。

2018年夏の甲子園で大活躍した吉田輝星投手のようになれば、更に女性ファンも増える事は間違いないだろう。

 

今後も岩本大地投手の彼女については調査していきます。

スポンサードリンク


 

岩本大地投手の両親について

 

甲子園に出場する選手の記事をブログに書いていると、父親が元甲子園球児という選手や元プロ野球選手という選手が現れるのだが、岩本大地投手のご両親を調べて見ましたが、特に上記のような甲子園出場した等の情報はありませんでした。

 

ですので、普通のサラリーマンなのかも知れません。

しかし、ここまで育ててくれた父親や母親ですから、甲子園で勝利する事が先ずは親孝行になると思います。

甲子園のマウンドでは感謝の気持ちを持って投げて欲しいと思います。

スポンサードリンク


 

岩本大地投手の中学時代

 

岩本大地投手の中学時代はボーイズリーグ等の硬式野球には属しておらず、石岡市立八郷中学校の軟式野球部で中学時代を過ごした。

 

中学3年生の時には全国大会ベスト4という実績もあり、中学時代から投手としての実績もある選手である。

中学3年生の時には130キロ後半のストレートを投げていたそうです。

 

 

中学3年生の時点では完成度が高いと評価されていましたね。

しかし、これだけの実績がある投手ですから強豪私学からの誘いも多数あったと思いますが、石岡第一高校野球部に入って、二十一世紀枠で甲子園出場する事ができたので結果的に強豪私学へ進まなくても良かったって事ですね。

 

強豪私学へ進学しても甲子園に出場出来ない時はできないし、今回の様に県立高校へ進学して春夏通じて初出場する場合もあるので、高校野球で甲子園に出場する事は非常に難しい事なんだなって思いましたね。

スポンサードリンク


 

岩本大地投手のドラフト指名はあるのか?

 

甲子園出場しプロにも注目されるだろう。

甲子園での投球次第ではドラフト会議で指名もあるかも知れない。

先ずは選抜高校野球大会でどんな投球をするのか、楽しみですね!

 

岩本大地投手の動画

 

ストレートの最速は147キロで、変化球はスライダー・カーブ・チェンジアップ・スプリットと多彩な変化球で三振も取れるピッチャー。

秋の県大会、準々決勝の土浦日大戦では9回を投げて12奪三振を奪う力投を見せた。

 

少し気になるのが、四死球が多い所ですね。

まあ、ランナーを出しても三振を取れる投手なので、ピンチになった時の投球にも注目したいと思います。

スポンサードリンク


 

岩本大地投手のまとめ

 

本日は茨城県の県立石岡第一高校野球部の岩本大地投手について記事を更新しました。

2019年の選抜高校大会に出場する注目の投手ですから、どんな投球を見せてくれるのか?非常に楽しみです!

どこまで勝ち進むのか、強豪私学相手にどんな試合をするのか?

テレビで観戦しようと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク