岩井隆(花咲徳栄)の経歴や指導方法について!甲子園通算成績も調査!

高校野球

花咲徳栄高校野球部の岩井隆監督について調べて見たいと思います。岩井隆監督の経歴や指導方法と性格についてや、甲子園通算成績等も調べて見たいと思います。岩井隆監督の家族についても気になっている人が多いようですので、この辺りも調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

岩井隆監督のプロフィール

 

 

名前:岩井隆 (いわい たかし)

生年月日:1970年1月29日生まれ

出身地:埼玉県川口市

出身高校:桐光学園高等学校

出身大学:東北福祉大学

職業:社会科教諭

スポンサードリンク


 

岩井隆監督の指導方法について

 

さて、気になる岩井隆監督の指導方法について調べて見たいと思います。

花咲徳栄高校では社会科教諭であり、授業も教えている岩井隆監督ですが、授業も野球も『自分を疑いながらやっている』そうです。

これは毎日繰り返して行っているそうですが、常識を疑うことや自分を疑うことで、自らが成長していけるそうです。

 

選手の指導方法については、選手に合わせていかなければならない所もあるみたいですが、全てでは無い。

『選手に合わせる』ということですが、高校野球の指導については、かなり変わりましたね。

昔であれば選手が監督に合わせていましたが、今では反対になりつつありますね。

 

とは言え、昔ながらの高校野球で育った私ですが、厳しい指導があったからこそ、社会人となった今、凄い役に立っているので、個人的には昔の高校野球の指導方法で良かったと思っております。

 

ただ、現在の指導方法が間違っているとは思っておりません。

現在は現在なりの指導方法があるので、それも間違っていないと思います。

どの指導方法が一番良いのか分かりませんが、どの指導方法にも100%は無いと思っております。

まあ、どれだけ選手が成長できるか?

監督の指導方法に選手の成長は左右されるのではないでしょうか?

 

それから花咲徳栄高校野球部の練習方法についてですが、部員数も2019年夏の時点では156名という非常に多い部員数を持つチームであり、チームはAとBの2チームに分かれて練習が行われるそうです。

 

しかし、物凄い部員の数ですね!

1学年平均で50名前後の部員がいるんですから、高校3年間で練習試合にも殆ど出場出来ない選手も中にはいるのではないでしょうか?

 

AとBのチームは完全に別行動となり、レギュラーを掴むためにはAチームに残らないといけない。

かなりレギュラー争いは厳しいと思いますね。

スポンサードリンク


 

岩井隆監督の甲子園通算成績は?

 

気になる岩井隆監督の甲子園通算成績ですが、春夏合わせて15勝1分け10敗であり、2017年の夏には全国制覇し、春の選抜大会はベスト8が最高成績である。

どちらかと言えば、春より夏に強いイメージがある。

 

2020年の選抜高校野球大会に出場が決定した花咲徳栄高校野球部ですが、春の選抜は4年ぶりなんですね。

毎年出ているイメージだったんで、チョット意外でした。

 

春の選抜はベスト8が最高成績ですので、ベスト8の壁を破れるか?

この辺りにも注目して見たいと思います。

スポンサードリンク


 

岩井隆監督の家族構成について

 

岩井隆監督は結婚しているのか?

気になっている人も多いみたいですね。

調べて見たところ、結婚しております。

それから、お子さんも3人いるそうです。

 

お子さんは長女・長男・次男の順番だそうです。

お子さんが野球をやっている等の情報はありませんでした。

男のお子さんが二人いらっしゃるので、どちらか一人でも野球をやっているかもしれませんね。

将来は甲子園に出場なんてこともあるかも知れません。

スポンサードリンク


 

岩井隆監督のまとめ

 

本日は花咲徳栄高校野球部の岩井隆監督について記事を更新しました。

岩井隆監督の指導方法や家族について記事を書きましたが、他にも何か情報があれば、このブログに追記していきたいと思います。

 

夏の甲子園では優勝経験があるが、春の甲子園はベスト8が最高ですので、2020年の選抜高校野球大会に注目したいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク