石川祐希 妹の高校や中学は?兄弟で日本代表選出される可能性は?

男子バレー

 

バレーボール男子日本代表の石川祐希選手にはバレーボールをしている妹が存在します。東京・下北沢成徳高校3年生でエースとして活躍している石川真佑さんです。石川祐希選手の妹ですから、バレーボールの腕前は凄いのか?今回は石川祐希選手の妹である石川真佑さんについて調べて行きたいと思います。

スポンサードリンク


 

石川祐希選手のプロフィール

 


名前:石川祐希

生年月日:1995年12月11日生まれ

出身地:愛知県岡崎市

出身高校:星城高等学校

出身大学:中央大学在学中 (法学部政治学科)

身長:192cm

体重:84㎏

 

石川祐希選手がバレーボールを始めたきっかけは、姉がバレーボールをしていたのがきっかけで、小学校4年生からバレーボールを始めました。

その後、愛知・星城高等学校へ進学し2012年・2013年の二年連続高校三冠の原動力として活躍した。

その後は中央大学へ進学し、全日本代表候補入りを果たした。

2020年に行われる東京オリンピックの強化指定選手に指定されている。

東京オリンピックでの活躍が期待されている選手である。

スポンサードリンク


 

石川真佑選手のプロフィール

 


名前:石川真佑 (いしかわ まゆ)

生年月日:2000年5月14日生まれ

出身地:愛知県岡崎市

血液型:AB型

出身小学校:岡崎市立矢作南小学校

出身中学校:長野市立裾花中学校

出身高校:下北沢成徳高等学校在学中

身長:172cm

体重:68㎏

血液型:AB型

ポジション:ウイングスパイカー

 

石川真佑選手は愛知県岡崎市の出身で、小学校も地元の小学校へ通っていました。しかし、中学校は長野県の中学校へ進学しています。

これはどうゆう事なのか、調べて見たところバレーボール留学を中学校から親元を離れて頑張っていたと言う事です。

凄く無いですか?

小学校を卒業してすぐに親元を離れて運動や勉強をするんですよ?

もし私がヤレと言われたら、間違いなく途中で挫折すると思います。

だって、寂しくないですか?親とも会えないし、友人とも遊べない。

そしてさらに、異国の地ですから・・・。

1ヵ月持つか分からないレベルですよ。

そんな事で無事に中学校を卒業して、東京にある下北沢成徳高等学校へ進学しております。

スポンサードリンク


 

石川真佑の中学校時代が凄い

 

裾花中学校時代の成績は全国中学校大会優勝2回、準優勝1回という素晴らしい成績を収めております。

JOC杯全国都道府県対抗大会では中学3年生の時に長野県代表で優勝し、最優秀選手として表彰されている。

石川真佑選手は中学ナンバーワンスパイカーと言われておりました。

バレーボールの為に生まれてきたと言っても良いくらいの成績ですね!

しかし、中学入学から親元を離れて暮らすという覚悟は半端ない覚悟ではないと続けることは出来ないと思います。

非常に精神力も強い人間なんだと思いますし、しっかりと目標を持って毎日を過ごしているのだと思います。

兄の石川祐希選手と一緒にオリンピックに出場したいと言っておりますので、兄弟でのオリンピック出場となれば、珍しい事になると思いますね。

スポンサードリンク


 

石川真佑の下北沢成徳高校での試合動画など

 

大活躍中の石川真佑選手ですが、どんなスパイクを打つのでしょうか?

動画を使って見て行きましょう。

 

石川真佑選手ですが、凄い強烈なスパイクを打ちますね!

スパイクも凄いですが、観客の声も凄い!

石川真佑選手がスパイクを打った時の観客の『ウォー』っていう声が非常に印象に残ります。

やっぱり試合会場で見るのとは全然違うんでしょうね。

スポンサードリンク


 

石川真佑選手のまとめ

 

石川真佑選手ですがお兄さんの石川祐希選手の背中を見て成長していると思います。

兄は日本代表選手ですが、石川真佑選手も日本代表選手になれる素質は十分にあると思います。

今後の石川兄弟には要注目ですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下にもバレーボール関連の記事がありますので、是非お読み下さい。 

スポンサードリンク