井岡一翔の処分はどうなるのか?ルール違反でライセンス剥奪やベルトは?

ボクシング

 

プロボクサーである井岡一翔選手ですが、2020年の大晦日に田中恒成選手と戦い、見事勝利で飾ったが、この試合について色々な問題が出ている。

その問題というのは井岡一翔選手の腕に入っている『タトゥー』について、JBC(日本ボクシングコミッション)が処分を下す方針だと噂になっているのである。

 

ルール違反と捉えられた井岡一翔選手の処分はどうなるのだろうか?

今後のボクシング人生に大きく左右する処分となるのだろうか?

井岡一翔選手の処分について調べてみました。





スポンサードリンク


 

井岡一翔のプロフィール

 

 

名前:井岡一翔 (いおか かずと)

生年月日:1989年3月24日生まれ

出身地:大阪府堺市

身長:166cm

出身高校:興國高等学校

出身大学:東京農業大学

 

井岡一翔が田中恒成戦で見せてしまったタトゥー

 

2020年12月31日の大晦日決戦。

井岡一翔選手と田中恒成選手のWBO世界スーパーフライ級タイトルマッチで、同級1位の田中恒成選手を8ラウンドTKOで破って2度目の防衛に成功した井岡一翔選手ですが、腕に入っているタトゥーが見えてしまった。

 

こちらが井岡一翔選手の腕に入っているタトゥーである。

 

井岡一翔選手の腕にタトゥーが入っているのは以前から知っておりましたが、以前に行われた試合では、ファンデーションでタトゥーを消していました。

 

ただファンデーションでタトゥーを塗っているだけなので、試合の途中でファンデーションが取れてしまい、タトゥーが見えてしまっていましたが、その試合では今回のような問題にはなっていませんでした。

 

 

2019年12月31日に行われた試合では、肩までタトゥーが入っていませんでしたね。

2020年12月31日に行われた試合では、肩までタトゥーが入っています。

 

井岡一翔選手が入れているタトゥーですが、どんな意味があるのか調べてみましたので、こちらの記事もご覧ください!

 

井岡一翔の処分はどうなるのだろうか?

 

それでは気になる井岡一翔選手の処分についてですが、どうのような処分となるのだろうか?

ルール違反ということですので、非常に処分の内容が気になる所ですが、どんな処分内容になるのだろうか?

 

JBC(日本ボクシングコミッション)のルールによると、『入れ墨など観客に不快の念を与える風体の物』は試合には出場できないことになっている。

ですので、今回の井岡一翔選手の試合ではこのルールに抵触したのですが、前回の試合では手首周辺のタトゥーは試合中から見えてきたが、ここまで問題にならなかった。

 

やはり今回の田中恒成選手とのしあいでは、肩までタトゥーが入っていたので、(新たにタトゥーの箇所が増えた?)前回の試合よりも目立ってしまったのが、原因なのかも知れません。

 

試合前には井岡一翔選手陣営はファンデーションでタトゥーを消していたようですが、やはり試合中に取れれきてしまったようです。

汗等でファンデーションも取れてしまいますからね。

 

今回の試合でもタトゥーを隠す措置はしていた井岡一翔選手ですので、意図的な問題では無さそうですので、『ライセンス剥奪』という思い処分にはならないだろうと言われているが、どうなるのか?

 

1月11日辺りに井岡一翔選手に処分が下されるようですが、最も思い処分にはならないような感じですが、さてどうなるのだろうか?

制裁金位で済むのか?今後の動きには注目ですね!

スポンサードリンク


 

井岡一翔のタトゥー問題に賛否両論

 

今回の井岡一翔選手のタトゥー問題には色々な意見が飛び交っているが、海外の選手はタトゥーを入れている選手も多く、いまではタトゥーはファッション感覚の部分も多いのが現状です。

 

しかし、ルールはルールなんだから守らなければならないといった意見もあれば、JBCのルールが古臭い、といった意見も聞こえる。

 

 

やはり色々な意見が出ているが、個人的な意見だと、やはりルールはルールで守らなければならないと思うので、上記にもあるように武井壮さんの意見に近い考えですね。

 

確かにルールが古いのは私も感じます。

これを気に、JBCのルール改訂があっても良いとは思いますが、やっぱり難しいのかな?

タトゥーや入れ墨を嫌う方もやはりいますので、色々難しい面もあるかも知れませんね。

 

井岡一翔のタトゥーまとめ

 

本日は井岡一翔選手のタトゥー問題について書いてみましたが、1月11日辺りで何かしらの処分が発表されるようですので、今後の処分内容に注目です。

 

次また井岡一翔選手が試合を行う際にも、再びタトゥーの問題が出る可能性が十分あると思うので、細かいルール改訂があるのかどうかも注目していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読みください!





スポンサードリンク