井上広大(履正社)の中学時代やドラフト1位指名は?身長体重もプロ注目!

高校野球

履正社高校野球部の注目選手である井上広大選手ですが、プロ注目のスラッガーとしてドラフト上位候補に注目されております。井上広大選手の出身中学や身長体重について調べて見たいと思います。高校通算本塁打数も調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

井上広大のプロフィール

 

 

名前:井上広大 (いのうえ こうた)

生年月日:2001年8月12日生まれ

出身地:大阪府

身長:187cm

体重:94㎏

出身中学:大東市立南郷中学校

出身高校:履正社高等学校

出身シニア:東大阪シニア

スポンサードリンク


 

井上広大の中学時代

 

井上広大選手の中学時代はどんな選手だったんでしょうか?

調べて見たいと思います。

中学時代は東大阪シニアに所属し、キャッチャーとして活躍していました。

 

 

上記に井上広大選手の中学時代の情報が書いてありますが、中学3年生ですが非常に恵まれた体格をしていますね!

本塁打も13本と素晴らしい成績です。

中学生で遠投100mはチョット凄すぎです。

 

中学時代に日本代表等に選出されたなどの情報は無いですね。

チームも全国大会に出場したなどの情報も無いので、恐らくそこまで強いチームでは無かったのかも知れません。

 

中学卒業後は履正社高校に進学しましたが、恐らく数多くの高校からの誘いがあったと思われます。

大阪出身ですから大阪桐蔭からも恐らく誘いはあったのではないでしょうか?

履正社高校野球部を選んだ理由は色々あると思いますが、自宅から通える距離で寮生活しなくても良い、というのもあったのかも知れませんが、大阪桐蔭高校だとレベルの高い選手が全国から集まる学校なので、その辺りも考慮して履正社高校に決めたのだと思われます。

 

履正社に入学後にキャッチャーから外野手へ転向しておりますが、少しだけキャッチャーの井上広大選手の肩を見てみたい気もしますが、外野手へ転向したからこそ、あのバッティングが花開いたのかも知れませんね。

スポンサードリンク


 

井上広大のドラフト1位指名は?

 

高校通算47本目の本塁打を第101回全国高校野球選手権大会で放った。

井上広大選手は1年生からベンチ入りし、高校生活最後の夏に甲子園への切符を掴んだ。

 

2019年の高校生ドラフト候補は2018年と比べると少し劣る気がするのですが、井上広大選手は別格であると思う。

 

身長187cm、体重94㎏という恵まれた体格で、高校通算本塁打数47本の本塁打を放っている。

因みに昨年、大阪桐蔭高校で投打に活躍した、根尾昂選手の高校通算本塁打数は32本である。

長打力は明らかに井上広大選手の方が上である。

 

プロのスカウトも1位指名で欲しい選手ではないでしょうか?

恐らく複数球団が1位指名する可能性が高いですので、どの球団に行くのか、非常に楽しみであります。

スポンサードリンク


 

井上広大のバッティング動画

 

それでは井上広大選手のバッティングについて見てみたいと思います。

 

 

2019年夏の甲子園で、津田学園の前佑囲斗投手から強烈なヒットを放った打席です。

打球も非常に強烈なんですが、あっという間にレフトのフェンスまで打球が到達しております。

津田学園の三塁手も強烈な打球に対応できておりませんでした。

 

津田学園の前佑囲斗投手も非常に注目の投手でしたが、ストレートを打ち返す井上広大選手も非常に素晴らしいバッターだと思いましたね。

 

こちらは津田学園の前囲斗投手の詳細です。

 

こちらの動画は本塁打を放ったシーンです。

打った瞬間ホームランと分かる打席でした。

 

 

井上広大のまとめ

 

本日は履正社高校野球部の井上広大選手について記事を更新しました。

2019年のドラフト会議では上位指名間違いない選手だと思いますが、どのチームに進むのか非常に楽しみであります。

2019年の夏の甲子園では、履正社高校は勝ち進んでおりますので、井上広大選手の本塁打がまだまだ見れる可能性もありますので、注目していきたいと思います!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク