井上広輝(日大三) 彼女や出身中学とシニアは?ドラフト上位指名確実の進路は?

高校野球

日大三高の井上広輝投手の出身シニアは海老名南シニアだそうですが、中学時代はどんな投手だったのでしょうか?そして気になるのが彼女の存在ですが、現在彼女はいるのでしょうか?間違いなくドラフト上位候補となりますが、プロへ進むのか大学へ進むのか気になる所です。本日は日大三高の井上広輝投手について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク






 

井上広輝投手のプロフィール

 

 

名前:井上広輝 (いのうえ ひろき)

生年月日:2001年11月19日生まれ

出身地:神奈川県厚木市

身長:180cm

体重:80㎏

出身中学:厚木市立南毛利中学校

出身シニア:海老名南シニア

ポジション:投手

 

南毛利小学校の1年生からソフトボールを始める。

南毛利中学校では部活動の野球部には所属せずに海老名南シニアで硬式野球を行っている。

井上広輝投手ですが、本格的に野球を始めたのが中学時代からだそうで、このように注目される投手としては、非常に珍しい投手ですね。

大体の野球少年は小学校から野球を始めているのに対して井上広輝投手は中学から野球をスタートしておりますので、珍しいタイプです。

スポンサードリンク


 

井上広輝投手の彼女について

 

これだけ騒がれている投手ですから、女性ファンも非常に多いと思いますし、日大三高での女子生徒からも人気があると思われます。

そして、井上広輝投手の彼女について調べてみましたが、現在そのような女性はいないようでした。

しかし、2019年の選抜高校野球大会に出場が決定しましたので、更に注目度もアップして来るでしょう。

マスコミも井上広輝投手について報道すると思いますので、スポーツニュース等でも取り上げられると思います。

今後も井上広輝投手の彼女についてはアンテナを張っておきたいと思います。

スポンサードリンク


 

井上広輝投手の投球動画

 

井上広輝投手の投球動画を見てみたいと思います。

 

 

上記の動画は2018年の夏の甲子園での投球となります。

ストレートがすっぽ抜けましたが、150キロを計測してましたね!

まあ、速球も凄いんですが、何と言ってもスライダーが半端ない落差がありますので、非常にバッターも打ちづらい投手ではないでしょうか?

まだ2年生の時の投球ですが、非常にマウンド度胸もあって2年生には見えない投球ですし、体も大きいので一冬越えたらどんな投手になっているのか、非常に楽しみです。

 

何かの記事で井上広輝投手はプロを目指していると書いてありましたが、高校を卒業して即プロへ進むのか、大学へ進学してからプロへ進むのか?

まだ気が早いかも知れませんが、井上広輝投手の進路についても気になりますね。

スポンサードリンク


 

井上広輝投手の怪我について

 

2018年の選抜高校野球大会後の春季東京都大会中に右肘に違和感を覚えたが、筋肉の炎症との事で大事には至らなかった。

その後は6月中旬まで投球を中止し、下半身強化のトレーニングに励んだそうです。

 

あれだけの速球を投げる投手ですから、やはり肩や肘に負担はかかると思います。

プロの選手でさえ怪我をしてしまいますから、高校野球の投手であれば連投等をする場合もありますので、怪我のリスクも高くなるでしょうね。

 

2年生投手であれだけのピッチングが出来る投手ですから、将来もありますので上手に育てて欲しいです。

3年生最後の夏などは、連投になりがちですが無理だけはしないで欲しいですね。

スポンサードリンク


 

井上広輝投手のまとめ

 

本日は日大三高の井上広輝投手について記事を更新しました。

2年生ながら甲子園で150キロを計測した投手ですので、3年生では更にストレートも磨きがかかると思います。

どうか、怪我だけは十分注意して投球して欲しいと思います。

井上広輝投手世代の投手は好投手がズラリと揃っていますので、春の選抜や夏の選手権大会は非常に楽しみです。

下記は私が注目している投手です。

 

甲子園での対決も見てみたいですね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも高校野球関連の記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク