井上愛里沙の引退理由は結婚や怪我だった?現役復帰した理由が気になる

当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

女子バレー

 

バレーボール女子日本代表の井上愛里沙選手に注目しています!

Vリーグでは日本人最多特典記録(木村沙織さんの566点)を12シーズンぶりに更新し(584点)活躍が期待される選手。

そんな活躍を見せていた井上愛里沙選手ですが、引退を決意していたとのことですが、引退理由が気になりますね。

引退理由は結婚や出産、怪我なのか、詳しく調べていきたいと思います。

スポンサードリンク


 

井上愛里沙のプロフィール

 

 

名前:井上愛里沙 (いのうえ ありさ)

生年月日:1995年5月8日生まれ

出身地:京都府舞鶴市

身長:178㎝

体重:67kg

血液型:O型

出身中学校:就実中学校

出身高校:京都府立西舞鶴高等学校

出身大学:筑波大学

 

井上愛里沙の引退理由とは?結婚出産や怪我の影響?

 

井上愛里沙選手ですが、過去に引退を決意した時期があったようですね。

現在も現役でプレーしていますが、何故引退を決意したのだろうか?

真相に迫ってみたいと思います。

 

東京五輪に出場するというのが自分の中のMAXのゴールだったので。東京五輪には出場できなかったですけど、自分の中ではやり切ったという気持ちが強かったので引退しようと…。

 

上記のように井上愛里沙選手がインタビューに答えており、自分の中で目標を決めて日々の練習や試合を真剣に向き合ってきたのだろう。

周囲からはまだまだできるのに・・・。

そんな声も聞こえていたと思います。

 

結局は自分の意思で引退するかは決めるところですが、井上愛里沙選手の引退への思いは強かったようです。

東京五輪に出場しプレーすることを日々の目標にしてきて、目標が叶わなかったが、ここまで全てを出し切ってやったことで、決心がついていたんでしょうね。

 

ですから、引退理由は結婚や出産、怪我等ではなく、井上愛里沙選手自身がバレーボールと向き合い、全力でプレーしてやり切った思いが強かったから、引退をしようと決めていたということですね。

 

目標を達成した後には、恐らく何もバレーボールに関してはやる気になれない時期もあったのかも知れない。

自分が同じ立場であれば、少しゆっくりしたいという気持ちが強くなると思います。

スポンサードリンク


 

井上愛里沙が引退を撤回した理由とは?

 

バレーボールを引退しようと決めていた井上愛里沙選手ですが、何故現役でプレーすることを決断したのだろうか?

何か自身の心が動かされたことがあったのだろうか?

 

現在のバレーボール女子日本代表の監督である眞鍋政義監督から『パリオリンピックに挑戦してほしい』このようにオファーを受けたようです。

色々眞鍋政義監督と話をし、自分の中でもう少しバレーボールをしようかなと心が動いたようです。

 

年齢的にもまだオリンピックを目指せる年齢ですから、個人的には引退は勿体無いと思いますし、あれだけの実績を残している選手ですから、まだまだ高い目標を持ってプレーできる選手だと思います。

 

遅咲きの選手と言われており、2023年ワールドカップにも現在出場しているが、非常に活躍している選手の一人。

日本代表のピンチも何度も井上愛里沙選手が救っており、日本代表には無くてはならない存在ですし、日本のエースと言っても良いのではないだろうか。

 

スポーツ選手には引退は必ずあると思います。

バレーボールの選手生命は短い競技だと思いますが、まだまだ28歳であれば日本代表でもプレーできる年齢でありますし、若い選手を引っ張って行く為にも必要な選手。

 

井上愛里沙選手の背中を見て、今後の日本代表の若い選手たちが活躍してくれることを願っている。

個人的には引退を撤回してくれて良かったと思うし、眞鍋政義監督ではなかったら、今の井上愛里沙選手はいないかも知れない。

 

 

井上愛里沙の高校時代

 

井上愛里沙選手の高校時代についてですが、気になるので調べてみました。

井上愛里沙選手はプロフィール欄にも書きましたが、京都府立西舞鶴高等学校の出身であり、バレーボール部に所属しておりました。

 

高校時代に全国大会への出場経験はあるのか?

調べてみたところ、高校時代に全国大会への出場経験は無かったようですね。

 

そもそも、中学時代にバレーボールをやり尽くした感があり、医療の道へ進みたかったと話しているので、高校では本格的にバレーボールをやるつもりは無かったのかも知れませんね。

 

しかし、2013年の全日本ジュニア代表にただ一人高校生として選出され、第17回世界ジュニア選手権に出場し銀メダルを獲得している。

全試合に出場して87得点を挙げる活躍をみせた。

 

高校生でただ一人だけ選出されたことが凄いですし、全試合に出場という監督からの信頼も熱かったことでしょう。

もっと強豪校へ進んでいたら、どうなっていたのだろうか?

 

高校卒業後は筑波大学へ進学しているが、恐らく社会人からのオファーも沢山来ていたと思います。

あれだけ世界大会で活躍した選手ですから、実業団のスカウトも欲しかったと思います。

 

井上愛里沙のまとめ

 

本日はバレーボール女子日本代表の井上愛里沙選手について記事を更新しました。

井上愛里沙選手の引退理由や引退撤回については、眞鍋政義監督が井上愛里沙選手を説得したということですね。

 

眞鍋政義監督が日本代表の監督でなかったら、すでに井上愛里沙選手は引退していたかも知れない。

眞鍋政義監督が日本代表の監督に復帰して良かったと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!

スポンサードリンク