今泉壮介監督(桐生第一)の経歴や出身地は?グランドや寮についても調査!

高校野球

今泉壮介監督は桐生第一高校野球部の監督であり、桐生第一高校野球部の出身である。今泉壮介監督の経歴や出身地など詳しく調べて見たいと思います。今泉壮介監督の指導方法はどんな指導方法なのか?それから桐生第一高校野球部の寮やグランド設備についても調べて見たいと思います。





スポンサードリンク


 

今泉壮介監督のプロフィール

 

 

名前:今泉壮介 (いまいずみ そうすけ)

生年月日:1979年9月21日生まれ

出身地:群馬県みどり市

出身高校:桐生第一高等学校

出身大学:関東学園大学

職業:事務職員

スポンサードリンク


 

今泉壮介監督の指導方法とは?

 

2012年から母校である桐生第一高校野球部のコーチに就任し、2018年9月から桐生第一高校野球部の監督に就任した今泉壮介監督ですが、どのような指導方法なのでしょうか?

監督就任後約1年と少しで、選抜高校野球大会の切符を掴んだが、指導方法について調べて見たいと思います。

 

前監督である福田治男監督の解任劇があって、桐生第一高校野球部がゴタゴタしていたみたいですが、その中でも選抜の出場を勝ち取ったのは素晴らしい事だと思います。

 

2020年の選抜高校野球に出場するメンバーの経歴を見てみると、殆どの選手が中学校時代にシニアやボーイズでプレーしていた選手がベンチ入りしている。

県外からのメンバーも多数いますので、有望な選手は取っている感じですね。

 

色々調べてみましたが、今泉壮介監督は県大会で『打撃は水物。優勝できたのは点を取られなかったから。』このように守備を評価しており、守備にも力を入れて練習をしている監督だと思われます。

 

今泉壮介監督は監督になり春夏初の甲子園出場となるが、甲子園ではどのような采配で桐生第一高校野球部を指揮するのか、非常に楽しみであります。

 

高校野球は監督の指導方法で8割くらい決まると私は思っております。

選手が野球をする訳ですが、その中でも監督の存在は大きい。

日頃の練習や日常生活においても、監督というのは大きな存在である。

 

桐生第一高校野球部の監督になって、直ぐに甲子園出場できたのも、今泉壮介監督の指導方法が素晴らしかったからであろう。

前監督の解任問題があって、今泉壮介監督も凄いプレッシャーがあったと思いますが、このように選抜高校野球大会の出場を掴み取ったのは、非常に素晴らしい事だと思います。

 

今後も桐生第一高校野球部は強くなって行くのではないかと予想しております。

先ずは、甲子園で1勝欲しいところです。

今泉壮介監督の采配に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

桐生第一高校野球部の寮やグランドについて

 

それでは桐生第一高校野球部の寮やグランドについて調べて見たいと思います。

桐生第一高校野球部は1999年の夏に全国制覇している強豪校であり、選抜はベスト8が最高。

 

で、寮についてですが、流石強豪校だけあり寮は完備しているそうです。

2020年2月現在の情報ですと25人が寮生活をしているそうです。

ベンチ入り選手の出身地を見てみると、『長野県』『新潟県』『東京都』群馬県以外の選手も多いチームです。

 

ただ、野球部員全員が寮に入っている訳ではなさそうですね。

25名が利用しているそうなので、恐らく自宅から通学困難な選手のみが利用していると思われます。

 

それから野球部のグランドについてですが、桐生大学内にある専用グランドで練習をしているそうです。

 

 

ナイター設備も完備しており、夜遅くまで練習する事ができるそうですよ。

それから、雨天時にも利用できる室内練習場も完備しており、流石強豪私学といったところですね。

野球の練習には十分な施設が完備されております。

スポンサードリンク


 

今泉壮介監督のまとめ

 

本日は桐生第一高校野球部の今泉壮介監督について記事を更新しました。

2020年の選抜高校野球大会の出場が決まっており、今泉壮介監督も初の甲子園となり、注目を集めております。

桐生第一高校野球部は夏は全国制覇の経験があるが、春はベスト8が最高成績である。

選抜で初の4強以上となるか?

この辺りにも注目して選抜高校野球大会を見たいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク