池江璃花子 現在と過去のかわいい画像!私服などのプライベート画像も

水泳

水泳の池江璃花子選手ですが、水泳の画像や動画が多いですが気になるのが、私服やプライベートの画像です。どんな私服姿なのか調べて見たいと思います。水着姿もかわいいですが、私服はもっとかわいいと思います!気になる白血病の事にも触れていきたいと思います。





スポンサードリンク


 

池江璃花子選手のプロフィール

 

 

View this post on Instagram

 

* 一歩ずつ🔥🔥 たくさんの応援ありがとうございました! 100FLY 55.31🥇NR #SWC #fifaworldcup2018

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –


名前:池江璃花子 (いけえ りかこ)

生年月日:2000年7月4日生まれ

出身地:東京都江戸川区

身長:171cm

体重:57㎏

所属:ルネサンス

出身高校:淑徳巣鴨高等学校

出身大学:日本大学

 

池江璃花子選手は2000年7月4日に誕生したが、生まれたのは病院ではなくて、自宅の風呂場で水中出産だったそうです。

やはり、これも何かの縁なんでしょうね。

水泳選手として生まれてきたって感じがします。

 

水泳は3歳10ヵ月から始めており、5歳の時には自由形、背泳ぎ、平泳ぎ、バタフライの4泳法で50mを泳げるようになっていたそうです。

やはり世界で活躍するアスリートになる為には、幼少期からトレーニングを積んでいた方が良いのでしょうね。

5歳でバタフライ50mは凄いですね!

 

私も幼少期にスイミングスクールに通っていましたが、5歳でバタフライ50mを泳いだ記憶はありません。

凄いとしか言いようがありません。

スポンサードリンク


 

池江璃花子選手のかわいい私服画像

 

池江璃花子選手の水着姿はもうみなさん見慣れていると思いますが、水着以外のプライベートな池江璃花子選手の私服画像なども気になりますよね!

今回は池江璃花子選手の私服画像に迫ってみたいと思います。

 

 

View this post on Instagram

 

* DAY OFF🇺🇸 I went to Grand Canyon this weekend where got a lot power from there. Keep going to one more week 🔥 #america #grandcanyon

Ikee.Rikakoさん(@ikee.rikako)がシェアした投稿 –

 

池江璃花子選手のインスタグラムから画像を拝見しましたが、いつもの水着の画像とは少し違った感じで、何となくほんわかしますね。

それに、水着の時は鍛え上げられた肉体が印象強いですが、私服の画像は凄い着痩せして見えます。

 

後、気になるのが彼氏の存在ですね!

池江璃花子選手のインスタグラムを全て見て確認してみましたが、彼氏と思われる男性との2ショット画像は一切ありませんでした。

男性と写っている画像は水泳関係の方との画像や芸能界関係の方との画像しかありませんでしたので、恐らく彼氏はいないのではないでしょうか?

 

今は、彼氏を作る余裕も無いかも知れませんし、目指す東京オリンピックも迫っておりますので、今は頭に恋愛の文字が無いかも知れません。

この件については、今後も新たな情報が入り次第、このブログに追記していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

池江璃花子選手の白血病について思う事

 

2019年2月12日に池江璃花子選手が自身のTwitterで『白血病』を告白した。

2019年に入り、体調がすぐれなかったらしいですが、まさか自分が白血病になるとは思ってもいなかったでしょう。

私は白血病の事は詳しく分かりませんので、何か言える立場では御座いませんが、池江璃花子選手は病気に負けないように、早く治して元気な姿を見せて欲しいです。

東京オリンピックの出場も期待されていましたが、このまま病気の治療が長引くと東京オリンピック出場も出来なくなる可能性が高い・・・。

私はやっぱり、体の病気を一日でも早く治してから、もう一度再スタートして欲しいですし、東京オリンピックがダメでも、次のオリンピックも狙える年齢ですので、病気治療を優先して欲しいです。

本人が一番悔しいと思いますが、絶対に復活してもう一度カッコいい泳ぎを見せて欲しい。

スポンサードリンク


 

池江璃花子選手のまとめ

 

本日は水泳の池江璃花子選手について記事を更新しました。

池江璃花子選手の私服画像も非常にかわいかったですね!

今後のインスタグラムの更新も楽しみですが、病気治療を先ずは優先して頑張って欲しいと思います。

早く良くなって欲しいですし、気持ちで負けないで欲しいと思う。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも池江璃花子選手の記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク