五十嵐カノアの自宅が豪邸で凄い!自宅場所や年収と愛車の車種は何?

スポーツ

イケメンプロサーファーとして注目されている『五十嵐カノア』選手ですが、どんな自宅に住んでいるのだろうか?

アメリカカリフォルニアに拠点を置いているとのことですが、どんな自宅なのか気になるところです。

それから五十嵐カノア選手の年収や愛車についても気になるところですので、色々調べてみたいと思います。

恐らく五十嵐カノア選手には沢山のスポンサーも付いていると思うので、どんなスポンサーが付いているのかも調べてみました。

スポンサードリンク


 

五十嵐カノアのプロフィール

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿

 

名前:五十嵐カノア (いがらし かのあ)

生年月日:1997年10月1日生まれ

出身地:アメリカ

身長:180㎝

体重:78㎏

 

五十嵐カノアの自宅場所はどこ?

 

 

それでは五十嵐カノア選手の自宅場所についてですが、どこに住んでいるのだろうか?

気になるところですが、五十嵐カノア選手の自宅はアメリカのカリフォルニア州にあるそうです。

 

五十嵐カノア選手は両親が日本人ですが、五十嵐カノアさんが生まれる前に両親がカリフォルニアに移住しており、五十嵐カノア選手はカリフォルニアで生まれております。

 

なんとこの自宅は17歳の時に購入したそうです!

17歳で購入ってかなり凄いことですよね。

このカリフォルニアにある自宅は両親のために購入したそうで、五十嵐カノア選手自身はポルトガルにある別荘で主に生活していると言われている。

ポルトガルには別荘を2件も所有しているようですから、凄いですよね!

 

ですので、五十嵐カノア選手は日本では生活しておりません。

日本人ですが日本に自宅が無いというのも、変な感じですが、やはり日本の波よりも海外の波の方が全然良いんでしょうね。

 

五十嵐カノア選手のように世界レベルとなると、求める波のスケールが違うのでしょう。

 

五十嵐カノアの年収は?

 

17歳でカリフォルニアに豪邸を購入した五十嵐カノア選手ですが、一体年収は幾ら位あるのだろうか?

プロのサーファーと言っても、野球選手やサッカー選手と比べると同等の年収とは思えないが、実際にどれくらいの年収なんだろうか?

 

サーフィンの大会で優勝すると賞金もあるようですが、大会によって賞金の額は違いますし、賞金が高い大会ですと5000万円位もらえる大会もあるようですね。

 

スポンサー契約の契約金等もあり、五十嵐カノア選手の年収は5億円以上と言われているようです。

 

東京オリンピックの出場が決まってからは、『資生堂』等のスポンサー契約も決まっているようで、今後は更にスポンサー契約が増えると思われます。

東京オリンピックでメダルを取れば、間違いなくスポンサーも増えると思いますし、CMやテレビ出演も増加するのは間違いないでしょう。

 

ですから五十嵐カノア選手の年俸は倍以上に膨らむ可能性もありますね。

しかも、あのルックスですから、テレビ出演やCMも引っ張りだこでしょう。

 

五十嵐カノアの愛車は何?

 

五十嵐カノアさんの愛車は何に乗っているのでしょうか?

五十嵐カノアさんのインスタグラムには愛車が度々登場しているのですが、アウディに乗っているようです。

 

このアウディですが、スポンサーが付いているようで、車は提供されていると思われますね。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoa Igarashi(@kanoaigarashi)がシェアした投稿

 

いやー、カッコいいですよね!

まだ若い年齢ですが、車に負けていないところが、憎いですね!

気になる愛車の値段は1000万円を超えるそうですよ。

 

普通の一般サラリーマンには手が届かない金額ですね。

でも非常に似合っていると思います。

もし、自分が同じ車に乗っていたら、サーフィンには乗っていかないでしょう。

車の中が汚れるので(笑)

 

五十嵐カノアのまとめ

 

本日はプロサーファーである五十嵐カノア選手について記事を更新しました。

五十嵐カノア選手の自宅や愛車について書きましたが、17歳でカリフォルニアに自宅を購入したのは驚きでした。

 

両親の為に購入したそうですが、凄い親孝行ですね!

非常に五十嵐カノア選手が家族思いだということが伝わってきます。

下記の記事には五十嵐カノア選手のご両親についても書いていますので、是非お読みください!

 

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク