イチローが臨時コーチする甲子園優勝経験高校はどこ?神戸か和歌山か?

高校野球

メジャーリーグで活躍したイチロー選手が、高校野球で甲子園優勝経験のある学校を臨時コーチとして指導することが明らかになったが、一体どこの学校なんだろうか?

野球界のスーパースターですから、高校野球ファンには気になる話ですね!

甲子園優勝経験のある学校と言っても、沢山あるのですが、イチロー選手と繋がりのある学校が有力ではないかと予想しますが、私なりの予想を書いてみました。





スポンサードリンク


 

イチローがコーチをする甲子園優勝経験のある高校はどこ?

 

それではイチロー選手が臨時コーチをする、甲子園優勝経験のある高校とはどこなのか、非常に気になるので調べてみたいと思います。

Twitterを見ていると、下記の情報が出ていますね!

 

 

関西の高校で指導するとの情報です!

関西と言えば、イチロー選手がプロ野球時代に在籍していたオリックスですね。

神戸を拠点として活動していましたので、神戸の高校で指導をするのだろうか?

 

それからもう一つ思い浮かぶのが、イチロー選手が親しくしている和歌山の智辯和歌山高校がある。

この智弁和歌山高校は甲子園でも過去に優勝経験がある高校だ。

 

春の選抜で優勝1回、夏の甲子園では2回の優勝を誇る、全国でも有数の強豪校と言われる学校である。

春夏甲子園には毎回出場している常連校である。

 

勝手に予想してしまいましたが、イチロー選手が臨時コーチをする甲子園優勝経験のある高校は智辯和歌山高校ではないかと予想しております。

スポンサードリンク


 

イチローと智辯和歌山の繋がりとは?

 

そもそも、イチロー選手と智辯和歌山高校とはどんな繋がりがあるのだろうか?

イチロー選手は愛知県の愛工大名電高校の出身である。

最初は母校である愛工大名電で臨時コーチをすると思っておりましたが、ニュースで関西の高校と情報が出たので、愛工大名電では無くなりました。

 

イチロー選手と智辯和歌山高校の繋がりは、イチロー選手が近畿大会の試合を見た時に智辯和歌山対明石商業の試合だったそうだ。

その時にイチロー選手が感銘を受けたのが、『ブラスバンドとチアと応援団』だったそうで、三位一体という印象だったそうです。

 

その感動した話を神戸の友人達に話をしたそうで、友人の一人が智辯和歌山の関係者と繋がっていたそうで、直ぐに智辯和歌山高校の学校側に伝わったようです。

智弁和歌山高校のブラスバンド部からは『ジョックロック・イチローバージョン』をイチロー選手にプレゼントした。

 

智辯和歌山高校のジョックロックは、甲子園でも有名な曲であり、高校野球ファンであれば知らない人はいないだろう。

そのジョックロックはこちら。

 

 

その後はイチロー選手の草野球チームである『KOBE CHIBEN』と智弁和歌山高校の教職員チームである『和歌山智辯』と試合を行った経緯がある。

 

 

このようにイチロー選手と智辯和歌山高校は繋がりがあるのである。

イチロー選手が日本学生野球協会から資格回復を認定され、大学野球と高校野球を直接指導することが可能となったのをきっかけに、智辯和歌山高校の理事長は『智弁和歌山高校の野球部を指導したいという話は本人からあった』このように話している。

 

この話は2020年2月の話であるが、恐らくこの話が現実になると思っている。

智辯和歌山高校野球部の監督も元プロ野球選手ですからね!

何か繋がりがあるのかも知れませんね。

 

こちらが智辯和歌山高校野球部監督である。

スポンサードリンク


イチローの臨時コーチのまとめ

 

本日はイチロー選手が臨時コーチを務める関西の学校はどこ?

について記事を更新しました。

現在のところ、臨時コーチを務める高校名は明らかになっておりませんが、新し情報が入り次第このブログに追記していきたいと思います。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク