星岳(帝京大)の進路はコニカミノルタ!高校時代や中学時代についても!

箱根駅伝

2021年の箱根駅伝が間もなく始まりますが、その中でも注目している選手が帝京大学の星岳選手である。

星岳選手はどんな選手なのか、高校時代や中学時代についても調べてみました。

星岳選手の進路も決まったようで、『コニカミノルタ』に決まったようですので、残るは箱根駅伝でどんな走りを見せてくれるのか、非常に楽しみですね!





スポンサードリンク


 

星岳のプロフィール

 

 

名前:星岳 (ほし がく)

生年月日:1998年9月17日生まれ

出身地:宮城県仙台市

身長:163㎝

体重:47㎏

出身高校:仙台大学附属明成高等学校

出身大学:帝京大学

 

星岳の進路はコニカミノルタに!

 

帝京大学の注目選手である星岳選手ですが、進路が内定したようですね!

進路は『コニカミノルタ』との報道がありました。

各大学の注目選手の進路も新聞で発表されております。

 

 

コニカミノルタに内定しとりあえずは気持ちも楽になったと思います。

今年は新型コロナウイルスの影響もあって、就職も大変厳しい年だったと思います。

他の大学からもコニカミノルタに就職内定している選手もいますので、社会人となって益々切磋琢磨し、オリンピックへ出場等もあるかも知れませんね。

スポンサードリンク


 

星岳の中学時代について

 

それでは星岳選手の中学時代について調べてみたいと思います。

仙台市立桜丘中学校の出身ですが、中学時代は野球部に所属し内野手のポジションだったそうです。

 

陸上選手って中学時代に野球部だった選手が結構多いんですよね。

それでも高校から陸上を始めて、大学ではトップクラスの成績を出せるということは、非常に素晴らしいことだと思いますね。

 

もう少し調べてみると、星岳選手は夏休みから9月の駅伝大会に活動する臨時の駅伝部に所属していたようです。

そんな臨時の駅伝部に所属していた星岳選手は、仙台市中学校駅伝大会では1区を走り3位入賞の走りを見せた。

 

駅伝大会の走りを見た、明成高校の監督から声をかけられて、入学を決めたようです。

スポンサードリンク


 

星岳の高校時代について

 

星岳選手の中学時代に続いて、高校時代についても調べてみました。

星岳選手仙台大学附属明成高等学校の出身であり、高校入学から陸上を始めた。

陸上の高校時代の成績ですが、2017年都道府県駅伝に出場しており、5区を走って区間20位の成績だった。

 

区間20位ですから、良くもなく悪くもなくといった所でしょう。

高校時代は飛び抜けた選手では無かったようですね。

 

高校2年生の時のインターハイ県予選で5000mを走り、予選1組みで20位となり決勝進出を逃したようです。

同校が陸上部を強化してから始めて予選落ちした選手が星岳選手だそうです。

 

かなりの屈辱を味わったようで、それから必死にトレーニングを積んで2017年都道府県駅伝に出場を果たした。

星岳選手は屈辱をバネにして、努力して全国の切符を掴んだのだろう。

 

星岳の2021年箱根駅伝の予想

 

星岳選手は最終学年となり、2021年の箱根駅伝が大学生活最後の駅伝となる。

大学2年の時は10区を走り区間賞、大学3年生の時は2区を走り9位の成績を残している。

大学4年生となった現在は主将としてチームを引っ張る存在となり、昨年の花の2区を希望しているようで、1時間6分台の記録を目標にしている。

 

2021年の箱根駅伝では恐らく2区を任されると思います。

2区といえば各大学のエースが集結する区間ですから、今年も有望なランナーが争うレースが期待されます。

 

星岳選手がどこまで付いていけるのか、若しくは区間賞や区間新記録が出るのか?

星岳選手には注目していきたいと思います。

スポンサードリンク


星岳のまとめ

 

本日は帝京大学の主将である星岳選手についてブログを更新しました。

帝京大学は前年度4位の成績となりましたが、2021年度は4位を上回れる成績となるのだろうか?

 

星岳選手がどこまで差を広げることができるのか、今から非常に楽しみであります。

星岳選手頑張って下さいね!

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、ぜひお読み下さい!





スポンサードリンク