本田圭佑の子供の頃はどんな性格?大人になった現在も少年の心を持っている

スポーツ

サッカー日本代表の本田圭佑選手ですが、子供の頃はどんな子供だったのか?私が想像する子供の頃の本田圭佑選手は頭が切れて、リーダーシップが取れる子供ではないかと想像しています。ロシアワールドカップで本田圭佑選手はいらない等、メディアに騒がれていますが、私は絶対日本代表には必要な選手だと思いますよ。

スポンサードリンク


 

本田圭佑の子供の頃はどんな性格?

 

 

本田圭佑選手は大阪府摂津市の出身で小学校2年生の時に両親が離婚している。

そして本田圭佑選手は母親では無く、父親の方についた。

両親が離婚した場合はほとんどが母親の方について行くのに、父親と暮らすとはなかなか珍しいパターンだと思います。

両親の離婚の原因が明らかになっていないが、3歳上の兄も父親と暮らしていることから、母親に何か問題があったのだろうか?

詳細は明らかになっていない。

 

このように本田圭佑選手の子供の頃は非常に辛い時期だったに違いない。

私は両親の離婚等はしていないので、本田圭佑選手の気持ちが分かりませんが、恐らく非常に辛い毎日だったと思います。

ただ、3歳年上のお兄さんも一緒だったのが救いだったかも知れません。

 

そんな本田圭佑選手ですが、遊び仲間は同世代の友達では無く、3歳年上の兄の友達と一緒に遊んでいたそうです。

 

僕が友達の家に行ったら、先に圭佑がいましたから。誰の友達やねんって(笑)。小学生の時から、僕の中学の部活に参加していましたし。気づいたら先生や他の部員に可愛がられて、入っている。僕は『またかよ』って感じです(笑)。その辺は天才的なんじゃないですかね。今にも生きているというか」

引用:http://number.bunshun.jp/articles/-/830222

 

小学生の時から兄の中学の部活に参加するとは、大した少年だったんでしょう。

それでも、兄も怒ったりしない所が、何とも言えない優しさが伝わってきます。

そんな本田圭佑選手の子供の頃は物怖じしない性格だったことが分かります。

スポンサードリンク


 

本田圭佑選手の子供の頃の画像や動画

 

現在の本田圭佑選手の頭は金髪ですが、子供の頃はどんな髪型だったのでしょうか?

今の顔がそのまま小さくなった?

もっと幼い顔をしていた?

どんな顔だったのか、非常に気になりますね。

ちなみにあだ名があったらしいのですが、小学校時代のあだ名は『ゴリ』だったそうです。

 

本田圭佑選手の子供の頃の写真ですが、面影ありますよね?

やっぱりかわいい顔をしています。

 

こちらは高校時代の写真ですね。

石川県の星稜高等学校時代の写真です。

幼い顔をしていますが、恐らくこの顔は非常にモテたと思います。高校時代からイケメンだったんですね。

因みに星稜高等学校は元メジャーリーガーの松井秀喜選手の母校でもあります。

 

そして、こちらの動画は貴重な本田圭佑選手の高校時代の動画です。

 

動画で本田圭佑選手がキャプテンとして話しているシーンがありますが、今とあまり変わっていないような気がします。

しっかりと話している本田圭佑選手はキャプテンとして、チームをまとめていたと思います。

いやー、やっぱり本田圭佑選手カッコいいわ。

スポンサードリンク


 

ビッグマウスと呼ばれた本田圭佑

 

日本代表に選ばれるようになり、ビッグマウスと呼ばれるようになった本田圭佑選手ですが、子供の頃からもビッグマウスと思わせる事がある。

それは子供の頃に書いた作文である。

この作文を読みましたが、私が子供の頃にはこんなに上手に作文は書けなかったと思いますし、考えている事事態が大人の思考になっている。

 

本田圭佑選手が書いた作文です。

 

私はこの作文を何回も読みました。

一番印象に残った言葉が、『世界一になる為には、世界一練習しないとダメだ。』

この作文をかいたのは本田圭佑選手が12歳の頃である。

正直12歳の作文なのかと思ってしまった。そしてそんな自分が情けない。

 

やっぱり何かやるにしろ、簡単に目標を達成する事はできない。

そんな簡単にできる事ならば、だれでも達成できるのである。

今の本田圭佑選手があるのは、コツコツと練習を続けてきたからである。

決して遊んで来た訳でもないことである。

 

世界一の練習をやってきたからこそ、言葉に表現することができ、行動に移す事ができると思います。

決して本田圭佑選手はビッグマウスでは無く、行動してきたからこそ言葉になっている。

 

スポンサードリンク


 

まとめ

 

ロシアワールドカップで代表選手から落選するとの見方もあった本田圭佑選手であるが、見事当選し日本代表選手に3季連続となるワールドカップ出場となった。

未だに本田圭佑不要説が囁かれているが、私はこの男がいなければ日本代表は恐らく予選敗退するだろう。

この男こそ日本代表のキーマンだと思っています。

 

恐らく最後のワールドカップとなるだろう。

子供の頃に書いた世界一になる夢を達成できるのは本田圭佑しかいない!

先程行われたコロンビア代表との試合、本田圭佑選手のフリーキックを大迫勇也選手が頭で押し込み逆転ゴールを生んだ。

やっぱり本田圭佑選手は何か持っている男である。

 

次の試合も苦戦すると思いますが、日本代表選手が一丸となれば絶対に日本に風が吹くと私しは思っています。

頑張れニッポン!頑張れ本田圭佑!!!

スポンサードリンク