姫野和樹の高校は中部大春日丘!2年連続の花園出場の成績や動画も!

ラグビー日本代表

ラグビー日本代表の姫野和樹選手は愛知・中部大春日丘高校の出身である。高校時代の姫野和樹選手はどんな選手だったのだろうか?強豪校で1年生から花園でプレーするという事は非常に期待されていたのでしょう。高校時代や大学時代の姫野和樹選手にスポットを当ててみたいと思います。





スポンサードリンク


 

姫野和樹選手のプロフィール

 

 

名前:姫野和樹 (ひめの かずき)

生年月日:1994年7月27日生まれ

出身地:愛知県名古屋市

身長:187cm

体重:112㎏

血液型:B型

出身中学:名古屋市立御田中学校

出身高校:中部大学春日丘高等学校

出身大学:帝京大学

所属:トヨタ自動車ヴェルブリッツ

スポンサードリンク


 

姫野和樹選手の高校時代

 

姫野和樹選手はプロフィール欄でもご紹介したが春日丘高校の出身である。現在は中部大学春日丘高校に校名変更している。

高校に入学した姫野和樹選手は1年生から花園でプレーし、2年生の時も花園へ出場している。

3年生の時は愛知県予選の準決勝で敗退し花園出場は出来なかった。

 

1年生の花園は1回戦で尾道高校に12-12の同点で抽選負け。

2年生の花園は1回戦で再び尾道高校に19-19の同点で今回は抽選勝ち。

続く2回戦では桐蔭学園に10-23で敗退した。

 

姫野和樹選手の当時の高校時代の動画

 

中部大春日丘高校ラグビー部は愛知県では近年負けなしで花園常連校となり、花園でもBシードを獲得するほどの強豪校となった。

昔は西陵商業が愛知県では強かったですし、花園でも優勝経験がある高校でした。

 

しかし、中部大春日丘高校の宮地真監督が、ラグビー部を1から築き上げた結果が花園出場の常連校となった。

宮地真監督は実はラグビー経験が無いんです。

詳細はこちらの記事から

 

他にも姫野和樹選手はジュニア・ジャパンIRBパシフィックラグビーカップ2013にフォワードとして選出されている。

 

高校1年生の時に日本代表に選出されたが、周りの選手の強さに挫折を味わったそうです。

やはり何事も失敗や挫折を味わったからこそ、成長するんですね。

高校時代の挫折があったからこそ、今の姫野和樹選手があるんでしょう。

スポンサードリンク


 

姫野和樹選手の大学時代

 

中部大春日丘高校を卒業し、帝京大学に進学した。

帝京大学に入学した姫野和樹選手は1年、2年生の時には怒られるといじけたり、拗ねてやる気をなくしてしまうなど、少し弱気なところもあったそうです。

しかし、試合に出られなくても愚痴を言わずにやるべきことをやっている先輩を見て、自分が恥ずかしくなり、人として格好よくなろうと気持ちを入れ替えたそうです。

 

 

帝京大学での4年間は全て優勝し、負けを知らない選手である。

大学時代1年生の夏に日本代表候補の合宿に召集されるが、なんと左足を骨折してしまい、大学3年生の頃までは思うようにプレーする事ができなかったそうだ。

ベンチスタートや途中交代も多かった。

 

怪我のお陰で、無理せずプレーできたことで、今の姫野和樹選手が活躍出来ているそうです。

第52回日本選手権では帝京大学がNECを破った試合に途中出場している。

 

帝京大学を卒業後はトヨタ自動車へ入社している。

トヨタ自動車の入社は中学校の頃からの夢だったそうですよ。

スポンサードリンク


 

姫野和樹選手のまとめ

 

ラグビー日本代表選手の姫野和樹選手の高校時代から大学時代までについて記事を更新しました。

怪我もあり挫折を繰り返してきた姫野和樹選手ですが、そういった試練があったからこそ日本代表でプレーする事が出来ているんだと思います。

やはり、諦めづにチャレンジしてきたからこそ、精神的にも肉体的にも強い選手になったんでしょう。

2019年のワールドカップでの活躍にも期待しています!

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!





スポンサードリンク