林晃汰(智弁和歌山)スタメン出場は1年生から!ドラフト1位候補の動画や画像

高校野球

智弁和歌山高校野球部のドラフト注目選手である林晃汰選手は1年生からベンチ入りしスタメン出場しているスラッガーとして注目されております。何と言っても2年生の時の夏の甲子園大会で左中間にスタンドインさせるパワーはケタ違いである。本日は智弁和歌山高校野球部の林晃汰選手について記事を作成していきます。

スポンサードリンク


 

林晃汰(智弁和歌山)のプロフィール

 

名前:林晃汰 (はやし こうた)

生年月日:2000年11月16日生まれ

出身地:和歌山県岩出市

身長:181cm

体重:88㎏

ポジション:内野手

出身中学:岩出中学校

出身ボーイズ:紀州ボーイズ

投打:右投げ左打ち

 

岩出小学校1年生から岩出ヤンキースで野球をスタート。

岩出中学校では紀州ボーイズに所属し硬式野球を始める。

紀州ボーイズ時代には2年、3年時に全国大会出場の経験がある。

智弁和歌山高校に進学し1年生の春からベンチ入りし2年夏に甲子園へ出場経験がある。沖縄興南高校戦では左中間に本塁打を放っている。

現在の高校通算本塁打数は49本と後1本で50本に到達する。

節目となる50本目は甲子園球場で見られるのでしょうか?

スポンサードリンク


 

林晃汰(智弁和歌山)は右肘疲労骨折で離脱も復活し甲子園出場

 

林晃汰選手は2年生の夏の甲子園出場後、右肘の疲労骨折で手術を行った。

手術後は約4ヵ月練習ができなかった。

新チームのメンバーからも外れ、歯がゆい思いで日々過ごしたと思います。

ようやく練習に復帰できたのは12月頃、ネットの記事を見ましたが、練習できるという喜びを非常に感じられたといいます。

やっぱり練習が満足にできなければ、バッティングの感覚も鈍ってきますし飛距離も飛ばなくなるだろう。

そして右肘ですから林晃汰選手は右投げですので、ボールを投げるのも出来なかったと思います。

恐らく練習ができなかった期間、自らを見つめ直せる時間になったと思います。

スポンサードリンク


 

林晃汰(智弁和歌山)のバッティング動画

 

1年生から強豪智弁和歌山高校野球部の主軸を任されている林晃汰選手です。

左バッターですが流し打ちで本塁打も期待できるバッターですが、もちろんプロ野球の熱い視線もあり、ドラフト候補の一人でもある。

 

そんな規格外のパワーを持つ林晃汰選手の本塁打シーンの動画をご覧ください。

3年生の選抜高校野球大会の時の本塁打ですが、右肘の疲労骨折を乗り越えての本塁打ですから、色んな思いが詰まった本塁打だと思います。

しかし、左バッターで甲子園球場の左中間スタンドに打つとは、素晴らしいバッターであります。

恐るべし林晃汰選手のパワーですね!

甲子園での活躍が非常に楽しみで、何本の本塁打が飛び出すのか?

林晃汰選手に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク


 

林晃汰(智弁和歌山)のドラフト予想

 

身長181cm、体重88㎏という恵まれた体格である林晃汰選手ですが、遠投は100m投げる強肩で中学校までは捕手としてプレーしていた経験がある。

走っても、50mを6秒7で走る。

 

プロ野球のスカウトも林晃汰選手についてこのようにコメントしている。

・林晃汰選手は超高校級の打者

・長打を打てるのが最大の持ち味。ヘッドスピードは大阪桐蔭時代の中田翔のようだ。

・近い将来プロ野球でのクリーンアップを打てますね。

・あんな打球はプロ野球でもなかなか打てない。ごまかしでは打てないし、今大会ナンバーワンのホームランである。(上記動画の本塁打)

 

このようにプロ野球のスカウトも林晃汰選手を高く評価しております。高校卒業後の進路が非常に気になる所ですが、プロの道に進むのか?大学進学なのか?この辺りの動向も気にしておきます。

個人的にはプロへ進んで欲しいと思っています。

スポンサードリンク


 

林晃汰(智弁和歌山)のまとめ

 

高校3年生の最後に夏の甲子園に出場する林晃汰選手について今回はブログを更新しました。

智弁和歌山高校は春の選抜では準優勝に輝いており、夏の甲子園も優勝候補の一つとして予想されております。

一つでも多く勝利し暑い夏を長く甲子園で過ごして欲しいと思います。

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下にも智弁和歌山高校の記事があります。是非お読みください。

スポンサードリンク