春木竜一監督(丹生)の経歴や高校時代に甲子園出場は?ユニークな指導方法とは?

高校野球

第94回選抜高校野球大会が2022年3月に開幕する。

21世紀枠で選出された福井県立丹生高等学校野球部に注目しておりますが、監督である春木竜一監督とはどんな監督なんだろうか?

春木竜一監督の経歴や高校時代についても気になるところです。

丹生高校野球部の練習方法やグランド等については、どのような環境で日々練習をおこなっているのだろうか?

 

春木竜一監督のプロフィール

 

名前:春木竜一 (はるき りゅういち)

生年月日:1972年8月16日生まれ

出身地:福井県

出身高校:福井県立丹生高等学校

出身大学:金沢大学

職業:保健体育科教諭

 

春木竜一監督の経歴について

 

春木竜一監督の経歴についてですが、プロフィール欄に出身高校や出身大学を書きましたが、丹生高校野球部監督の前には2校で監督経験がある。

 

・福井県立大野東高校野球部監督(現:福井県立奥越明成高校)

・福井県立高志高校野球部監督

 

現在の丹生高校野球部監督は3校目となる。

2019年の夏には広島カープの玉村昇悟投手を率いて準優勝に輝いている。

因みに決勝戦は敦賀気比高校であった。

 

春木竜一監督の高校時代に甲子園出場は?

 

春木竜一監督の高校時代について気になるところです。

どんな高校時代だったのだろうか?

高校時代に甲子園出場経験はあるのだろうか?

 

春木竜一監督は丹生高校野球部の出身であり、1年生の秋に北信越大会でベスト4まで進出している。

しかし、高校3年間では甲子園出場経験は無いようです。

 

北信越大会でベスト4まで進出しているので、当時21世紀枠があったのならば、もしかしたら甲子園に出場していたかもしれませんね。

 

春木竜一監督の指導方法とは?

 

丹生高校野球部を21世紀枠で甲子園に導いた春木竜一監督ですが、どのような指導方法でチームを強化しているのだろうか?

県立高校ですから、グランドや練習時間も限られてくると思いますが、野球部のグランドや施設についても調べてみました。

 

ネットで春木竜一監督の指導方法を調べてみると、『ユニークな指導方法』と出てくるが、どんな指導方法なのだろうか?

楽しく練習することなのだろうか?

 

調べてみると、バドミントンやキックボクシング、リップスティック等を取り入れて練習を行なっているようです。

リップスティックって何?と思う方もいると思いますが、近所の小学生が遊んでいるスケボーみたいな乗り物のことを言います。

 

こちらがリップスティックの動画です。

 

実際に乗っている子供を見たことがある方も多いと思います。

私の子供も同じものを持っていますので、私も乗ったことがありますし、普通に乗ることができます。

 

スケボーにも乗ることができますが、スケボーとは少々乗り方が異なります。

スケボーの感覚で乗ろうとすると、多分乗れません。

 

このリップスティックを乗りこなすことで、体幹を鍛えることができるようです。

投打での体重移動に生きてくるとのことで、選手の成長に欠かせないようです。

 

しかし、このようなユニークな練習方法で選手がリフレッシュできるところもあるだろうから、良い気分転換になるのではないだろうか?

個人的には厳しい練習も必要だと思いますが、楽しい練習も取り入れることも、必要だと思いますね。

 

春木竜一監督のまとめ

 

本日は丹生高校野球部の春木竜一監督について記事を更新しました。

春木竜一監督は自身初の甲子園での采配となる。

どのような采配をするのか、非常に楽しみである。

 

21世紀枠での出場だが、どこまで勝ち進むのか楽しみであり、強豪校との対戦も楽しみな一戦。

組み合わせ抽選会が待ち遠しいですね。

 

本日は最後までお読みいただきありがとうございました。

下記にも関連記事がありますので、是非お読み下さい!